愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場で中華丼@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20171111土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、浦和卸売市場にある一休さんにお邪魔しました。



いつもよりちょいと遅めの8時前といった感じでお買い物を済ませます。




浦和の市場で買い物を済ませたら、やっぱり一休さんでお食事をしたくなるのが性というもの…。




本日は中華丼をお願いしました。

ちなみに東海地区では中華飯と言います。

どんぶりに盛ってあるかつ丼は東海地区でもかつ”丼”なんですが、皿に盛ってある料理は”飯”となり、中華丼は”中華飯”になります。

同じ料理でも呼び方が変わると、何とはなしに味わいが変わる気がする私…。

やっぱり中華丼って言った方が美味しそうな気がする関東生まれの私です。




中華”丼”。

固めに炊いたご飯の上に餡をかけるって素晴らしい。

ご飯に何かかけて食べるのは好きなんですが、米に汁がしみこむのが苦手な私…。

餡のしっとり感と米の喉越しが同時に味わえる中華丼って旨いなぁ~。

今冬の課題としようかしらん!?


若いころ職場の偉い人と中華屋で食事を取った時、周りがラーメンを頼む中、私とえらい人だけが中華丼を食べたことがある。

その時えらいひとが、「中華屋の米だな。」っと言ったのが印象的だった。

確かに中華屋さん多くは、米はしっとりと粘りがあるような炊き方ではなく、ザラっと固めに炊いた米だった気がする。

今では各国の米が輸入され、各国の料理に合った炊き方が認められているが、30年も前は日本の米を日本流に炊いたのが一番とされていたんだなぁっと思いだしたりする。

パエリアのレシピを見て、米を研がずに入れるってのに大層驚いたものである。


余計なことを考えているうちに完食。

嗚呼!最後はちょいと酢を垂らして食べたかった…。




ご飯は大盛りにした方がお新香も楽しめたかもしれないですね。




相変わらず旨い味噌汁も、この米があるからかもしれません。

ご馳走様でした。



皆さんがせっせと働く中、私も職場に車を走らせることにします。


(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:6:30~13:00(l.o)
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

中華丼@一休

ワンタン@一休

みそラーメン@一休

玉子丼頭@一休

中華丼頭@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

納豆定食@一休

炒飯@一休

冷やし中華@一休

炒飯@一休

ニラ炒め@一休

ソース焼きそば@一休

ニラ炒め@一休

ニラ炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

炒飯@一休

ワンタンメン@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

府中卸売珈琲店@東京都府中市矢崎町(大東京綜合卸売センター)

本日(20171106月)は東京都府中市矢崎町、大東京綜合卸売センターにある”府中卸売珈琲店”さんにお邪魔しました。


大東京綜合卸売センター

http://www.fuchu-doc.co.jp/


府中卸売珈琲店

http://www.fuchu-doc.co.jp/kakuten/sonota/coffee.html

FB

https://www.facebook.com/Cocorotus/

twitter

https://twitter.com/cocorotus





大東京総合卸売センター、月曜の7:00。

お店もぼちぼち開きはじめたんですが…、飲食店はそこそこさんだけオープンって感じですね。




府中卸売珈琲店。

そこそこさんで食事を済ませ、市場を一回りした時にお弁当の仕込みを一生懸命やっているを見ていたのでコーヒーだけでも出してもらえないかな!?っとイケメンのお兄さんに声をかけてみます。




珈琲だけなら6:30からお出しできますよ。っと爽やかに答えてくれました。

珈琲のみ6:30~

OPEN8:30

CLOSE15:00

だそうです。

エスニック系のランチは目の前の休憩所でいただけますし、お弁当にもなるようでした。

是非一度お願いしたいものです。




スペシャリティーコーヒーも充実しておりますが、何せ時間が無いもんで、「一番早くできるものをお願いします。」っと昭和のお父さんのような注文をしてみる。




「市場にはよく来るんですか?」から始まって、しばし歓談しているとコーヒーが提供されます。

私の印象と違い大東京綜合卸売センターは、平日業者の方が多いそうです。

また来ますとご挨拶し、コーヒーをもって休憩所に向かいます。




こんな風景の中で香りの高い珈琲をいただけるってのも幸せ。




すっきりとした味わいながら、濃い感じで寝起きの頭をクリアーにさせてくれる珈琲。

ご馳走様でした。


府中卸売珈琲店

営業:8:30~15:00(珈琲のみ6:30~)

定休:日、祝

東京都府中市矢崎町4-1(大東京綜合卸売センター第5通路)



実は府中の猫に会いに来ました。

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

そこそこ@ 東京都府中市矢崎町(大東京綜合卸売センター)

本日(20171106月)は東京都府中市矢崎町、大東京綜合卸売センターにある”そこそこ”さんにお邪魔しました。

http://www.fuchu-doc.co.jp/




月曜の朝6:30。

大東京綜合卸売センター初上陸。

門番さんに車を停めていいかと伺うと「お客さんなら駐車無料です。」とのこと。




車を停め正門の看板を確認。




結構食堂がありそうですね。

喫茶店も完備されております。(ここ重要!)

っが、”府中卸売珈琲店”のオープンは8:30。




第1通路が食品街なのかな!?

ラーメンに目隠しがしてあるのがちょっと心配。(目隠しの下は来々堂。商売は止められている様子。公式HPからも名前が消えております。http://www.fuchu-doc.co.jp/list/sonota/sonota.html


なによりも現在6:30。

一番早い”そこそこ”さんが7:00オープン。

”そば敏”さんが8:00。

”のんしゃらん食堂”は9:00。

私このあと野暮用があり8:00くらいに市場を出なければならないのですが…。




とりあえず第1通路に向かいます。

食堂街っていうか、第1通路のテナントに食堂が多いって感じですね。




のんしゃらん食堂の営業時間は9:00~17:00。

現在6:30…。




そば敏さんの営業時間は8:00~14:00。

現在6:30……。

仕込みの真っ最中でした…。




そこそこさんの営業時間は7:00~14:00。

現在6:30………。




旅先なので生鮮品は買えないんですが、ちょいと市場を冷やかしたいと思います。

結構小売りに力を入れてるのかな!?と思うお店が多いですね。

業務用スーパーも入っていて、私の地元の浦和市場に雰囲気が似ております。




こんなものを見つけ購入。

一回りサイズが小さいのが欲しかったんですよね。




キッズコーナー完備の市場ってのも珍しい。




マグロ丼のお店がオープンするんですね。

本日11/6(月)の朝6:30…………。




子供に優しい市場ですね。近所の小学校とコラボした宣伝。

お店の由来はそれなりにおいしいですか!?なるほど。

おすすめはかきあげうどんですか。なんと揚げたてですか!?

なかなか素晴らしいポップですね。




7:00を狙って”そこそこ”を目指します。

提灯に灯がともっているのを確認し飛び込みます。

文字通り飛び込んでしまったのでオープンしたお店の画像なし…。




注文を済ませると「お水をもって外の休憩所でお待ちください。」と促され店外へ。




白がまぶしい休憩所。

立ち食い蕎麦って感じじゃないですね。

かき揚げを揚げる音を聞きながらしばし待ちます。




お兄さんがお盆に七味まで載せて運んできてくれます。


乱切かけそば0.5玉、かきあげ、玉子トッピング。

まあいつもの天玉そばでございます。




そこそこうまいなんて謙虚ですな。

揚げたてのかき揚げに、素直な汁。

玉子はつやつや、薬味の葱も大量。

もう一杯行こうかなって思うほど美味しいです。




乱切りそばもしっかりしたもので、大変おいしゅうございました。

器を店内に返し、ご馳走様でした。


そこそこ
080-2342-1919
東京都府中市矢崎町4-1(大東京綜合卸売センター第1通路)

営業7:00~14:00

定休:日、祝



小学生のPR広告


のんしゃらん食堂


来々堂


テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

田舎公設市場南店@沖縄県那覇市松尾

本日は沖縄県那覇市松尾にある田舎公設市場南店さんにお邪魔しました。


牧志公設市場で有名な平和通りですが、




アーケードごとに名前が変わるらしい。

国際通りから平和通りに入ったところは、市場本通り。



牧志公設市場を抜けると、市場中央通り。




更に行くと新天地市場本通り。


更に足を進めるのは時間が許してくれませんでした。

情報をお持ちの方コメントください。


奥に入れば入るほどディープな沖縄が見れるってのは、どこの観光地も同じ。

通りを一本おれる、裏路地に入る、離れるってだけで雰囲気が変わります。




市場中央通りでふと脇道を見るとソーキそば専門350円の看板が目に入ります。

この付近は飲み屋街になるのかな!?昼前から盛り上がっている方が多数いらっしゃいました。

野暮用があるのでノンアルコールな私には堪らない光景が繰り広げられていましたね…。




そんな幸せそうな方々をしり目に、田舎さんの扉を開けます。

田舎さんは、ざっと調べても公設市場南店、安謝店、農連市場店(移転!?閉店!?)とあるので、チェーン店ですね。




店内こんな感じ。

カウンターにテーブルに小上りまであります。




メニューはこんな感じ。

ソーキそば、てびちそば、沖縄そば、各大小と沖縄そば専門店とうたっているだけあるメニュー構成。




テーブルを陣取りまして、割りばしと塗り箸、コーレーグースなどを確認。




キャシュオンデリバリーで沖縄そば小をいただくことにします。




豚の皮があるのが素敵。

長寿国だった沖縄の面影を残す調理法に味付け。




ごくごく飲めるかつおだしのスープに、ぼそぼそ感が不思議においしい麺をワッシャワッシャと掻き込みます。




常連さんが「ひとつくれぇ~」っと頼んでいたのに乗っかったお稲荷さん。

タッパをのぞき込み乗っかることにしました。




至ってシンプルなお稲荷さんですね。




カウンターの上のみにある紅ショウガ。

こちらも常連さんを見習って、ほぼご馳走様時に慌てて入れました。


観光用に用意された食事もいろいろ楽しめていいんですが、やっぱり地元の方が普段食べる食事が面白いですよね。

ゆっくりビールでも飲みながら地元の作法を確認し、お作法通りに食事をいただきたいものである。



何せ時間がないもので、これにて失礼いたします。

ご馳走様でした。


田舎 公設市場南店

沖縄県那覇市松尾2-10-20
営業:11:00~19:00
定休


ホントはこの辺の店に行ってみたいと思っていたんですが、時間がなく夢かなわず…。

メモ

田舎 農連市場店
住所:沖縄県那覇市樋川2−2−6


丸安そば
沖縄県那覇市樋川2-3−7
営業:24時間

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

第一牧志公設市場(沖縄県那覇市松尾)

所要でちょいと沖縄へ。

台風で缶詰になってしまい1泊伸びて日曜日の朝。


とりあえず飛行機の時間まで沖縄観光の入り口、奇跡の1マイル国際通りを冷かします。

https://www.naha-navi.or.jp/magazine/1412/




国際通りのドン尽きにぶつかる平和通りに入ります。

http://www.odnsym.com/kau/heiwa.html




沖縄らしいブルーシールもいいんですが…。

https://www.blueseal.co.jp/




瓶牛乳のほうが沖縄らしいと感じてしまう私です。

http://miyahiranyugyo.co.jp/




ブルーシールの看板をみながら一息入れます。




平和通りにはいってすぐに那覇市第一牧志公設市場があります。

http://kousetsu-ichiba.com/




まあ沖縄らしいお魚たちや。




お約束の豚の顔。




ヤシガニを食べる経済力はないが…。




沖縄らしい!?お刺身もどうかと。




とりあえず昔ながらのお店でエーワンソースなど買ってみる。




2Fは飲食店。下の市場で買ってきたものを調理してもらえたりします。

ずいぶん観光客向けの施設だなとも思ったんですが…。



この灰皿を取り囲むように様々な店が配置されておりました。

懐かしいんだか、新しいんだか、観光客向けなのか、地元の方向けなのか、よくわからない牧志公設市場でした。


ホントは栄町市場に行きたかったんですが、日曜日のため牧志公設市場にお邪魔した次第であります…。

次回訪問の際には中央市場に栄町市場に行ってやる!!


第一牧志公設市場
070-5498-6852
沖縄県那覇市松尾2-10-1
営業:8:00~21:00
定休:第4日曜日 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ