FC2ブログ
愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でタンメン@中国飯店(浦安魚市場、 千葉県浦安市北栄)

本日(20180120土)は千葉県浦安市北栄、浦安魚市場にある中国飯店にお邪魔しました。


浦安魚市場

http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/


浦安中国飯店

http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/storeinfo/chuugokuhanten


浦安魚市場は食堂が3店。

よっちゃん食堂。

中国飯店。

味館食堂。

となっております。


よっちゃん食堂を後にしまして、〆の炭水化物をどちらのお店にしようかな!?っと両店の前にあるメニューを眺める。

両方行きたいんですが、胃袋の隙間も、女房子供が起きるまでの時間も少ないもので、残り一店が限界である。


味館食堂さんの前には海鮮丼のテイクアウトが並び、日替わりメニューに目鯛があったり、市場に来たらやっぱり!っとは思うんですが…。




店内を覗くと本職の方々がビールを飲んでいる姿を見てしまったので中国飯店さんにお邪魔することにします。




店外のメニューを熟読します。

まあ初めてのお店だし、一番安いラーメンかな!?

市場の中華屋さんのチャーハンってのも旨いんですよね。




本日定食に日替わりまであるのか!?

揚げたてのカキフライより旨いものってのもそうみつからないよなぁ~。

なんて、結局何を注文するか決まらないまま入店します。




店内の短冊を見ながら、豚足で一杯やってからラーメンかな!?なんて考えていると、「おはよ!今日はタンメン二つ!」っと本職の方が出前の注文をしていきました。

つい「こっちもタンメン!」っと乗っかってしまいます。

幼いころお袋に「人が食べてるものを欲しがるんじゃありません。」っと言われたのを思ひだしてしまいます。




店内カウンターにテーブル。

着席するとお水が提供され、スポーツ新聞に灰皿、基本調味料がたくさんあることを確認し、間違いない店と判断する。

清潔な店内も気持ちがいいです。




常連の方に乗っかったタンメン。

人参に技がしてありました。




優しい味わいのスープにちょいと柔めの麺、しっかり煮込まれた野菜達が、しばれる朝の市場をほっこりと温めてくれます。

机上に酢が無かったので、酢をもらいかけまわしてフィニッシュ。

チャーハンも行っちゃおうかな!?って思うくらいあっという間に完食。


ご馳走様でした。




かなり私が求める市場の雰囲気が残っている浦安魚市場を後にします。


(目次)市場で朝ごはん


中国飯店

http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/storeinfo/chuugokuhanten

047-351-5834

千葉県浦安市北栄(浦安魚市場)

営業:5:00~12:30

定休:浦安魚市場に準ずる


スポンサーサイト



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック