愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
日の出寿し@愛知県一宮市本町

本日は愛知県一宮市本町にある日の出寿司さんにお邪魔しました。





尾張一宮。

モーニング(飲み物のお代だけでトーストなどが無料サービスされる。)の発祥地。

ひっさしぶりの訪問である。




一宮駅前と言ったらすっぽん道楽。




名前の通りすっぽんが入っているラーメンである。

値段によって、エキスだったり、そのものずばりのすっぽんが入ってたりした。

常連の方に連れられて行ったときには、天然すっぽんの鍋をいただいたこともある。

天然だから釣り針に気をつけてね!って言葉が印象的だった。




少し進むと尾張第一旭。

ラーメン専門店でライスすらないお店である。




啜ろうかなって伺ったんですが、連休中。

訪問時と掲載日がものすごく違うブログですので、訪問の際はご確認ください…。




そして尾張一宮、真清田神社。




実は私7年前にここで結婚式を挙げたりしている。

7月に結婚式を挙げようとしたら、7月は七夕で忙しいと言われ、幸か不幸かジューンブラインドになったことも、今ではいい思い出である。




門前町はシャッターが下ろされっぱなしの店が多いですが、ちょいちょい昔ながらの店・アンテナ高い系のお店がオープンしております。




私がお世話になったのはこちらのお店。




ニューヨーク。

249種類あるお茶漬け専門店である。

確か老舗料亭で修業されたかたが亭主なのだが、私が伺った頃その老舗料亭はリサイクル問題でもめていた…。




メニューは開かれているが、店は開いてない…。




真清田神社を覗くアーケード街。

七夕の時はにぎやかですよ!

突然アーケードが無くなる所がありますが、裏話は機会がある時に…。




こちらは別の商店街。




大衆食堂日の出寿しがあります。



この店構えを見て入らない訳にはいきません。

尾張一宮と言ったら喫茶店文化。朝は喫茶店でモーニング。昼は喫茶店でランチ。って方は少なくない。

一宮の喫茶店はランチと称し、日替わりの箱弁を用意しているところがほとんどです。

そんな流れを汲み、ほとんどの飲食店がランチを提供しております。

寿司屋のランチなんて、寿司一人前に赤だし・茶碗蒸し・フルーツがついて1000円以下だったりします。

こちら日の出寿しさんは刺身に小鉢にニラ玉でしたが…。





お店に入ると右手にショーケース。

好きなものを選んで温めてもらいます。




相席一枚板のテーブルには灰皿が鎮座しております。

昼酒を嗜む先輩に挨拶し、席をいただきます。


あついあつい日だったのでとりあえずビール!

漬物と盛り合わせチョーだい!っと声をかけると、そこにあるのは大概盛り合わせだよ。どれがいい?なんてお姉さんに返されます。




とりあえず喉を潤しほっとした頃出てくる盛り合わせ。




小学生の弁当のような盛り合わせ。

彩にピーマンが載っているのが大人のつまみの証拠。


女子供が食うようなつまみで、昼から一杯やれるって、嗚呼幸せ。




お新香には化学調味料。

これが旨いんですよ!三昔くらい前は食卓には必ず味の素があったもんです。




いやぁ~いい店だなっと思う頃にはビールは空。

つまみも少々。

食品陳列棚を眺めます。




二回戦に入りました。





盛り合わせその2。

食品陳列棚を眺めながら、お姉さんに「これ何?これ何?」っとお話を伺い。

結局ダツイモをお願いする。

「最近ダツイモも食べる人少なくなたねぇ。」なんて言われると、希少価値を感じて余計に旨くなってしまいますね。

嗚呼うめぃ。っと思った頃にはお銚子が転がり…。




三回戦目突入です。




これ何?っとお姉さんに伺うと、「モロコ。川魚。」っと分かりやすいお答えをいただきました。

つまみながらネット検索。

琵琶湖特産の川魚。最近では埼玉でも養殖している…。

なんか埼玉から来ている我が身に似ているような…、愛着を感じながらいただきます。

佃煮に近いので味が濃くて酒が進みますが…。




お店はすでに夜の営業に備えている様子。

まかないも始まりましたので、私はお暇したいと思います。

ご馳走様でした。また来ます。



いやぁ~。いい店でした。


日の出寿司

0586-24-5047

愛知県一宮市本町3-4-1

営業10:30~14:00、15:30~20:30

定休:水

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック