愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場で炒飯@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20170902土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、浦和卸売市場にある一休さんにお邪魔しました。

リアル本日はひっさしぶりでございます。




雨の浦和卸売市場。

お客さんもまばらですね。


埼玉県中央市場のいつものお肉屋さんで豚肉に鶏肉、浦和卸売市場のいつものマグロ屋さんで赤身、いつもの八百屋さんで巨峰にシャインマスカットなど、サクッとお買い物を済ませました。


今日はまったりしているので、ゆっくりさか本さんで一杯と行きたいところなんですが、雨に負けて本日運転手。ノンアルコールデーです。




しかも炒飯二つ出前している奥さんを見かけてしまったので、一休さんを避けられない状況になりました。





ブロガーとしては毎回同じもの食ってるのもいかがと思いながら、メニューを眺める。



しかしこちらの炒飯味噌汁の吸引力には勝てず…、そうだ!今日は食後にコーヒーでも頂こう!ちょいと新しい画像が挿入できる!!っと思い毎度の炒飯をお願いする。


ちょうど混雑の狭間だったか、私一人の店内。

スポーツ新聞をゆっくり眺めます。

旭大星関婚約おめでとう!





本日の朝ご飯。

こちらのお店は味噌汁かスープか選べますが、言わずもがな味噌汁が出てきます。

奥さんが出前していたチャーハンにはスープがついていたので、ちょっとスープでもいいかな!?なんて考えていたんですが、黙って座ればほしいものが出てくるってのも嬉しいサービスなんですよね。




魅惑の炒飯。

今日はいつもより水分が飛んでますかね。

私は本格中華のパラパラチャーハンよりも、純和系中華しっとり炒飯のほうが旨いと思う。

そして店のブレが分かって、常連面するのが嬉しい私…。




味噌汁。

カツオが香る味噌汁が和風炒飯にはしっくりきます。

具は油揚げに豆腐。




そして飯を食う時にはお新香が必要である。


炒飯を掻き込んでいると、お買い物のグループが来たり、働いてる方が来たりと、いつの間にか満席状態。

コーヒーを頼もうと思っていたんですが、まったりスポーツ新聞を読みながらコーヒーなんか啜ってる日にゃ、「いちいち噛んでんじゃねぇ!さっさと飲め!!(春は築地であさごはん参照)」って叱られそうなので、コーヒーは辞退し、相変わらず炒飯マニアな画像のみのエントリーとなりました。

ちなみに私職人の息子なので、「いつまでくちゃくちゃ噛んでんじゃねえ!口の中で○○になっちまうぞ!」っと言われたことはある…。



いろんなことを思いめぐらせるくらいまったりとした市場訪問でした。

ご馳走様でした。

相変わらず美味しかったです。



(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:6:30~13:00(l.o)
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

炒飯@一休

炒飯@一休

納豆定食@一休

炒飯@一休

冷やし中華@一休

炒飯@一休

ニラ炒め@一休

ソース焼きそば@一休

ニラ炒め@一休

ニラ炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

炒飯@一休

ワンタンメン@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック