愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でカキフライ、カレー@市場食堂(浦和総合流通センター場外、埼玉県さいたま市桜区桜田)

本日(20170408土)は埼玉県さいたま市桜区桜田にある市場食堂さんにお邪魔しました。




さか本さんで一杯やって向かうは浦和卸売り市場。

さか本三品定食@さか本

すでに昼の1時半でございます。

市場は軒並みシャッターが下りていました。



きっと間に合わないだろうなぁ、とは思いながら、シャッターの下りていない通路から一休さんを目指します。



あらラストオーダーは1時でしたか…。






そんな訳で場外に移動し、市場食堂にお世話になることにします。

こちらの市場食堂は昼からはカラオケ営業をする、かなり異色な営業形態なので、市場にしてはかなり深い時間でも安心してお邪魔することができます。

定食メニューの基本は揚げ物。なんたってエコフライヤーの販売もしているってのが、また不思議なところである。




食券制なので店外に張り巡らされたメニューを見て本日のおつまみを決めてから入店します。


ご飯はいらないなぁっと食券機の前で戸惑っていると、バーのマスターって感じのナイスミドルがカウンターから出てきて手助けしてくれます。

「ご飯いらないんだけど、おかずだけもらえますか?」

「定食の200円引きになりますので、300円の食券と100円の食券を二枚購入してください。お腹は減られてないんですか?」

「いやビールが飲みたくって。」

「そうゆうことでしたか。お好きな席へどうぞ。」

なんて市場の食堂らしからぬやり取りがありまして着席します。




土曜の昼に市場でビール。

スポーツ新聞に灰皿はマストアイテムである。

机上にはウォーターサーバーにソースに醤油。

焼酎を頼んだらこの水で割るのかしらん!?なんて考えているうちに…。




カキフライ単品。

お盆の上に載ってくるってのがお店の接待を表している気がします。




一年中揚げたてのカキフライが食べられる現代の技術ってのは素晴らしいですね。

こんな技術者の英知の塊のようなものをつまみに真昼間っから酒を飲んでちゃ罰が当たって目がつぶれそうですが、辞められませんな!

ビールもつまみもあっという間になくなります。




名残惜しいですが、罰当たりな昼酒もお開きとするため、締めにカレーをあつらえる私。

ご飯は少なめにしていただいています。




漬物が4種類ついて500円。




さらに味噌汁までついて500円。




カレーはハヤシライスに近い味わい。

しつこいようだが、これでワンコイン。




さらに現在定食を頼むと一品サービス期間中。

コーヒーやコーラ、トッピングの揚げ物から選べます。

ついお値段の張る揚げ餅をチョイス。

こちらのお店は何かとサービスが付き、以前夫婦で食事をしたら太い大根を2本もらったことがある。


軽く絞めるためのご飯少な目カレーだったんですが、揚げ餅でかなりお腹パンパンになってしまいました。

ご馳走様でした。



人気のない青果市場を横目で見ながら家路を急ぎます。


(目次)市場で朝ごはん


市場食堂(舟歌)

048-864-7011

埼玉県さいたま市桜区桜田3-10-21

営業:7:00~15:00(食堂)、15:00~19:00(カラオケ)

定休:日


訪問履歴

カキフライ、カレー@市場食堂

日本の朝ご飯(卵かけごはん)

アジ・コロ定食@市場食堂

生姜焼き定食、カキフライトッピング、アジフライ定食@市場食堂

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック