愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
幸之家@埼玉県川口市芝

本日は埼玉県川口市芝にある幸之家さんにお邪魔しました。


日曜日のお昼過ぎ。5歳児と幼児を連れお出かけ中に食べログ検索で”現在地から一番近いお蕎麦屋さん”で引っかかったこちらのお店。




駐車場に車を止め、とりあえず幼児連れでもよいか店長にお伺いを立てます。

一も二もなくOKをいただき、子供用の椅子が1つしかないけどいい?なんて子連れの身にはうれしいお言葉もいただきました。




店内厨房を囲んだコの字のカウンター。

常連さんばかりのようなので邪魔にならない端っこを家族4人で占領します。

テーブルまでついた子供用の椅子を出していただきありがとうございました。




一息ついてメニューに目を通します。

そば屋の基本を押さえたメニュー構成ですね。




セットメニューも季節メニューも充実しております。




常連さん方は基本皆さん呑んでおります。

昔々のお蕎麦屋さんの雰囲気がこの店には残っていますね。

40年も前の話ですが、昼下がりのお蕎麦屋さんってのは、いい大人が昼間っからお銚子をひっくり返しているような場所で、子供にとってちょっと怖い感じがする場所でした。

親父に連れられて入ったは良いが、大人にからかわれてなんか居心地の悪い場所でした。

もっとも今時の大人は車で来たらお銚子をひっくり返す訳にゃいきません…。

ちなみに店内禁煙。外に工事現場にあるような灰皿が置いてあります。




気を取り直して5歳児のざるそばを頼んだはずですが、これはもりなんじゃないかと…。

こちらはもりとざるの目印に海苔は使っていないのかな?両方頼んで食べ比べしないといけないですね。




奥様の頼んだ親子丼セット。冷たいうどんでお願いしたんですが…。

まあこんなこともある。

親子丼の鶏肉はびっくりするくらい大振りの物。

しつこいものが苦手な奥さんもペロッと平らげていました。

うどん好きな奥様ですが、蕎麦もおいしいと言っておりました。




セットにはお味噌汁もついてきます。




そして私が頼んだおかめ蕎麦は…、タヌキに化けてしまいました。

ちょいと小ぶりな丼に、ナルトにほうれん草の入った豪華なたぬきそば。ねぎは別盛りってのもうれしいサービスです。

あったかい汁にも負けないしっかりした蕎麦。

汁もごくごく飲める雑味のないもの。

これは美味しい蕎麦だ!是非次回はもりでお願いしたい。




たまらずおかめでお代わりをしました。

出てきた瞬間に「やったぁ~!」っと叫びたくなります。

しっかり顔に見えます!やはりおかめはこうでなきゃいけません。

髪の毛はほうれん草、耳は出汁巻に麩、鼻は油揚げ、頬はかまぼこ、お口は鶏肉。

いい面構えですな!

鶏肉の大きさで親子丼の肉の大きさがわかるでしょうか!?

二杯目ですが、ささっといただきご馳走様でした。



下の娘は「抱っこしていい!?」っと奥さんに厨房に連れられて行ったり、常連さんに撫ぜてもらったり、抱っこされたり、昔の昼下がりの蕎麦屋の雰囲気が残っていますね。

蕎麦屋の店内、厨房までぐるりと回った下の娘。蕎麦アレルギーの心配は無いようである。


美味しいお蕎麦に常連さんとの会話。嗚呼!なぜこんないい蕎麦屋で飲まなかったんだろう!!一生後悔しそうである…。


幸之家
048-269-1646
埼玉県川口市芝4804

定休:火

営業:11:00~20:00

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック