愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市場でニラ炒め、炒飯@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20170218土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、浦和卸売市場にある一休さんにお邪魔しました。




築地かとうさんが長い歴史に幕を下ろし、未だかとうロスの私。

新制かとうさんがオープンし、広島の兄さんから情報をいただいているというのに…、築地がやけに遠く感じられ…。(広島の兄さんありがとうございました。)


そんな訳ですっかりホームになっている浦和卸売市場に伺いました。

日常生活に必要な豚肉、鶏肉、お気に入りのハンバーグ。

野菜に鮪、牡蠣に干物等買い込みまして。




向かった先はこれまたホームになっている一休さんです。

本日のお勧めは野菜煮込みラーメンに黒胡麻担々麺。

セットにするとミニカレー丼がつきます。




注文を済ませてしばらくスポーツ新聞などに目を通します。

お茶やお水に灰皿はセルフサービス。

本日はお客様に喫煙者がいらっしゃらないようだったので灰皿は控えております。




スポーツ新聞の一面に目を通している間に提供される炒飯。

「味噌汁でよろしかったんですよね。」っとマスターに確認されました。

こちらのお店は丼ものをお願いすると、味噌汁か中華スープを選ぶことができます。



相変わらず旨い炒飯である。

味付けが好きなのか、水分の飛ばし具合が好きなのか、具が好きなのか、自分でもよく分かっていないんですが、一口目はいつも「旨いなぁ~。」っと感心してしまいます。



写真を撮ったり、感心している間にニラ炒め到着。

結構な量になってしまいました。





ニラって美味しい。

生のニラからは想像もつかない甘みに心地より歯ざわり。

”大人の一品”ってなイメージがあるのは私だけだろうか!?

もっともこちらのもやし炒めにニラ炒めはこの誇大広告が蔓延した世の中で、「奥ゆかしさは日本人の美徳のはずだ」っと思いだしてしまうほど、いろいろな具材が入っております。

半分ほど食べて酢をかけまわしたんですが、ニラ炒めに酢はあまり合わないようですね。

やっぱりニラ炒めにはビールが合うようです。

次回は歩いて来ようとここに決めました。

ザクザク食べてご馳走様でした。


名前通りかとうロスの私を癒してくれる一休さん。

次回は炒飯に何をつけようかお茶をすすりながら決め、浦和卸売市場を後にします。


(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:6:30~
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

ニラ炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

炒飯@一休

ワンタンメン@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。