愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場で炒飯@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20160726火)は浦和卸売市場にある、一休さんにお邪魔しました。


先日大相撲の横綱審議委員会が開催されたってことで、ついスポーツ新聞を求めに市場にやってきてしまいました。


稀勢の里は横綱にしちゃったほうが活躍できるんじゃないかと密かに思っている私。

優勝するのが一番わかりやすいんでしょうけど…。性格的に…。

おそらく現在の力士の中では美意識が高い力士だと思っているので、ぜひ横綱を張っていただきたいとは思っている。


前置きが長くなりましたが…、浦和卸売市場は地方卸売市場浦和総合流通センター内にあります。


埼玉県卸売市場一覧

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0902/shijyo/sijyou-ichiran.html



浦和中央青果市場

http://www.urawaseikashijo.co.jp/

埼玉県中央市場


浦和卸売市場

http://urawa-ichiba.com/




地方卸売市場浦和総合流通センターの正面入り口から、左に浦和中央青果市場、右に埼玉県中央市場を見ながらずんずん進みます。

もっとも埼玉県中央市場の仲卸を冷やかしながらのほうがトラックが通っていない分安全ですけどね。




そして本日の朝ごはんは、中華料理一休さん。

麺類・定食・一品を看板に掲げているんですね。

いずれ一品で一杯やりにこよう。




スポーツ新聞は出張中だったので、やっちゃばの親方に声をかけ貸してもらう。

稀勢の里ぉ~!!

基本調味料がたくさんあるのは良い中華屋さんの証。

灰皿はマストアイテムである。




さて本日は何にしよう!?なんて考えず、最近ハマっている市場の炒飯。

こちらは炒飯にバリエーションが少ないのがちょいとさみしいですね。

もっとも言えば作ってくれるんでしょうがね。


炒飯をオーダーすると、味噌汁にするかスープにするか尋ねられます。

一も二もなく味噌汁でお願いする。




どうですかこのビジュアル。ちなみに量は少なめにしてもらっている。

高校時代に通っていた喫茶店はピラスパゲッティーにも味噌汁がついたっけなぁ~、なんて懐かしい話を思い出したりする。




パラパラ炒飯もいいですが、やっぱり日本の炒飯はしっとりでしょ!!

食物に水分が少ないって、日本ではあまりいいイメージがないですよね。














チャーハンはしっとりかパラパラかは白熱した会議があったようなのでそちらにお任せする。





そしてお味噌汁。

豆腐に油揚げにしめじが入っていました。


味噌に豆腐に油揚げ。大豆を加工させたら日本人は世界一!!




ついでに発酵食品も世界一!!

食用できる酵素の数って日本が一番多いって聞いたことがあります。


漬物が何種類かあって和食って完成されると思う。もっとも今日は中華なんだが、日本食よりの中華ってことで、味噌汁と漬物は必需品ってことにする。




せめて普通盛にすればよかったと激しく後悔。

ちなみに小にすると50円引いてくれる。

炒飯500円で炒飯小450円。これもなんか悪いことをしているようである…。




セルフサービスのお茶を飲んで締めとします。

ごちそうさまでした。



ちなみにこちらはテラス席もあります。

市場の喧騒を味わうならこちらがおすすめである。


訪問履歴

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

















(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック