愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市場で甘鯛西京焼き、ホタルイカ、菜の花@かとう(築地場内市場)

本日(20160423土)は東京都中央区築地、築地場内市場魚河岸横丁8号館にあるかとうさんにお邪魔しました。


電車の乗り継ぎもうまくいき、6:00ちょっと前に場内突入。

今日の築地場内バス停はごった返していますね。

ヤバイと思い小走りでかとうさんに向かいます。

おっさんの小走りはみっともないと言いますが…、しょうがないです。

おっさんでもスキップ踏んじゃう時はあるんです。



かとうさんの前には待が数名。

人の流れは解らない向かいますんですね。

先週は好きな席に座れるほど空いていたのに!!



団体さんが出ていつもの席をいただきます。

新聞を読みながら献立を考える座れるほど至極の時間。



本日の前菜はこんな感じ。



菜の花の胡麻和え。

軽い苦味が春を感じさせますね。

苦味は大人の味。

経験を積まなければ味わえないそうです。

これを味わえるだけで年を取るのも悪くないと思ってしまいます。



さらに春の味覚ホタルイカ。

肝と酢味噌が合いまみれて、旨めいなぁ~。

辛子がまたいい口直しになって、かなり大量のホタルイカが瞬く間になくなります。

築地で食べることをおすすめしたい食材の代表格!ってのは頷ける話です。



付け出しのイカの塩辛はもう何もいうことはないですな。

酒飲みの親友でございます。


そんな幸せを感じていると、「○○の彼氏ここどうぞ。」っとお姉さんが私の隣の席に案内が入ります。

こちらのお姉さん常連さんを「○○の社長」、「○○の旦那」、「○○の彼氏」っと厨房に声をかけます。

常連さんの好みに応じて調理やいつものを提供するためなんでしょうね。

そして本日私のお隣にいらっしゃったのは、「春は築地で朝ごはん」で「監督様」と紹介されている方でした。

朝酒を楽しむ「○○の彼氏(監督様)」に不躾ながらお声がけして、しばし談笑させていただきました。

これもお姉さんのサービスなのかしらん!?なんて勘ぐり、楽しい朝酒となりました。



そんなところにメインディッシュの甘鯛西京焼き登場。



写真を撮るのももどかしいく、ふわっと湯気の上がる西京焼きを口に放り込みます。

ああうんめいなぁ~。

ボーっとしてしまいます。

脂の多い銀鱈はご飯のベストパートナーですが、甘鯛は、特にカマはお酒に合いそうですね。




甘鯛がなくなる頃に出されるお茶。

なんて訳もないお茶なんですが、タイミングによってものすごいおもてなしに感じちゃうんですよね。

毎回お姉さんの接待には感動させられます。

ありがとうございました。ご馳走様でした。



実は「○○の彼氏(監督様)」に声をかけさせていただいたのは、こちらの写真をかとうさんに寄贈された方なんで覚えていたんです。

お姉さんが「○○の彼氏が持ってきてくれたんだ。」っと言っていたのが印象的だったんですよね。

先日100年食堂でも使われていた写真ですが、こちらがもとネタじゃないかと踏んでおります。

「半年くらい探して、見つけたときは震えましたよ。」っと言う監督様。

私も初めて拝見させていただいた時はびっくりしました。

ホント60年後かとうさんに飾られるために撮られたような写真ですよね。

監督様ありがとうございました。

またご相席させていただければ幸いです。


いやぁ~築地の朝酒最高です。


(目次)築地市場

(目次)市場で朝ごはん



かとう

03-3547-6703

東京都中央区築地5-2-1 (築地市場8号館)

営業時間:05:30~13:30

定休:日、築地市場に準ずる

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。