愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でトースト(一力バージョン)、ミルクコーヒー@愛養(築地場内市場)

本日(20160416土)は東京都中央区築地、築地場内市場魚河岸横丁6号館にある愛養さんにお邪魔しました。





たまには魚河岸横丁の喧騒をぱちり。

寿司大ラインは相変わらず絶好調です。




そして寿司大さん、天房さんに挟まれた魚河岸横丁のオアシス、愛養さん。

看板を見るだけで癒されます。





メニューはこんな感じですが、私の注文はミルクコーヒー。






本日は狙いがあって、ミルクコーヒーを甘くないバージョンにお願いいたしました。




「こちらの本をご覧になったんですか?」っと”食パンをもっとおいしくする99の魔法”を見せられる。

「はい。今日も魔法をかけてもらいに来ました。一力バージョンでお願いします。」

「耳どうしましょう?耳落とすと食べるとこなくなっちゃうけど。」

「本人の注文に忠実な奴でお願いします。」

そんな会話をしてしばし待ちます。





甘くないミルクコーヒーにトースト(一力バージョン)。





たっぷりのバターに砂糖まぶし。

深く焼いてあるのも本人の注文なんでしょうね。

なにせこちらは焼き方の指定もできます。

焼かない、温める、普通、軽く焦がすなんて当たり前に注文が通ります。


40代以上じゃなきゃ分からないかもしれませんが、懐かしい味ですね。

今時トーストに砂糖をまぶすってのも珍しいのかもしれません。







こんな本もあるんですよと、魔法使いさんに紹介されました。

なんと1988年発行。

「B級グルメって言葉は、こんな時代からあるんですね。」なんて話を振ったら、

「お兄さんが生まれたころに私はアルバイトとしてここでトースト焼いていたんですよ。」なんて切り返されてしまいました。





こちらの本も客のわがままを聞く愛養さんが紹介されていました。


「どの本を読んでも、切り方のパターンは数えきれないって書いてありますが…。」

っと魔法使いさんに言うと、相変わらず魔法使いさんは照れておりました。


魔法をかけられたトーストをかじりながら、魔法使いさんと話す贅沢な時間。




トーストを堪能したころ出されるお茶。

「またいろいろとご迷惑をおかけすると思いますが

よろしくい願いします。」と言うと、

「忙しい時は難しいですけど、どんな風にでもできますよ!」っとちょいとしたくぎを刺され、本日の贅沢なコーヒータイム終了。


ご馳走様でした。


次回も手の空いているスキを狙って来ます。

よろしくお願いいたします。




(目次)築地市場






(目次)市場で朝ごはん

















珈琲店愛養
03-3541-2140
東京都中央区築地5-2-1(築地市場6号館)
営業時間:03:30~12:30
休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック