愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
大助うどん(満寿屋)@東京都練馬区西大泉
本日は東京都練馬区西大泉にある満寿屋さんにお邪魔しました。
屋号は満寿屋さんですが"大助うどん"で通っております。
食の軍師3巻でうどんの名城として取り上げられました。



こんな本を読んでいると近くを通れば寄らないわけにいきません。



めちゃめちゃ民家な佇まい。



暖簾が50年の歴史をうかがわせます。



暖簾をくぐると食券機があります。
大体のメニューが千円くらいな為か二千円札が使えます。



メニューはこんな感じ。
一万円札と五千円札しか持っていなかったので、お店の中へ入って両替してもらいました。



店内丸木のテーブルのみ。
デカイと言う噂の七味の瓢箪は驚くほどではなかったかな!?3合くらいはありそうですが…。
食券をお姉さんに見せスポーツ新聞でもと立ち上がる瞬間に出てきました。



肉のもり麺少なめ。
軍師の失敗を活かして熱盛りでお願いしました。
熱いつけ汁に、茹で上げのうどんですね。
食券を渡す時に熱か冷か聞かれます。



大きめなお椀に肉、小松菜、ネギ。
ナルトも一枚入っていました。



そしてうどん。
麺少なめでお願いしたはずなんですが...。
二郎系を彷彿させる量ですなぁ。



軍師の兵法に則っていただきます。
熱いつけ汁につけて食すと、ファーストインプレッションは薄味って感じですが、食べ進める毎に豚肉が美味しく感じ、小松菜がいい箸休めになり、ナルトに面白さを感じます
無化調の良さはこれのことか!?と感じてしまいます。
麺が終わるくらいには汁をゴクゴクと飲み干してしまうほどです。
うどんは茹で直しで、たまにきしめんみたいなものも入っている、ツルシコとは無縁なもの。
平らげた感想は豚汁定食のようでした。
ものすごく後味の良い豚汁定食でした。
おいしいうどんを食べにきたと思うと???となるが、熱盛りという食べ物を食べに来ると美味しいお店でした。
ごちそうさまでした。



しかしなぜ大助うどんなんだろう?満寿屋って屋号は書いてあるのに。



ちなみに駐車場がふんだんにあります。
座席数より多いくらいですね。


大助うどん(満寿屋)
03-3922-3028
東京都練馬区西大泉3-27-23
営業:10:30~16:00
定休:日
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
高いと思いましたが、その量と美味しさなら、納得ですね♪

あっ、今日は、ここに行ってきます。
http://hayatonosora.com/archives/4395
2016/03/12(土) 15:02:15 | URL | とむ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
とむさん、こんにちは。

地方市場とは羨ましい。
レポート楽しみにしております。

本日私上野界隈をふらふらしていたんですが、子連れで立ち飲みは厳しく、後ろ髪をひかれながら帰ってきました。

コメントありがとうございます。
2016/03/12(土) 16:50:53 | URL | hal9000se #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック