愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でコーヒー@ナダヤ(横浜市中央卸売市場)
本日は神奈川県横浜市神奈川区山内、横浜市中央卸売市場水産物関連棟にあるナダヤさんにお邪魔しました。
横浜市中央卸売市場
横浜市経済局
所用で横浜中華街近くに家族泊まった為、当然の如くお父さんは近くの市場に出かけます。
「わざと市場の近くに宿を取ったでしょ!」という奥さんの思い過ごしはほっておくことにする。

朝の5:30。
初の横浜市中央卸売市場。
やっちゃ場に魚河岸が併設されているんですね。
いかにも本場って感じで活気があふれております。
仲卸に行くにはちょっと早いかな!?と関連棟に参ります。
しかしGoogle様は本当にすごいですね。
市場内の棟の名前も出ているので、初めて訪れた市場でも迷うことがありません。

そんな訳で関連棟に直行です。
関連棟に来るにもちょっと時間が早かったかな!?

関連棟1階は飲食街に食品関連の雑貨ですね。
小売もしてくれそうです。

とりあえず市場でも一番早くオープンする喫茶店に行きます。
下調べでは私の大好物ミルクコーヒーがあるはずなのです。

http://tabelog.com/imgview/original?id=r056822646872


店内テーブルにカウンター。
カウンター内にマスターとマミー。
先客は長靴の親方が二人。
新顔に気を止めること無くスポーツ新聞に目を通しております。

メニューを見ると!!!
下調べと異なるフォント!!コルクボードの向きも、短冊も違います。
それは置いといて、ミルクコーヒーがない!!!
カフェオレがあるのにわざわざミルクコーヒーくださいとも言えず…。

こんな感じになりました…。
それでもコーヒーにスポーツ新聞、灰皿完備で気を取り直す私。
砂糖はコーヒーと共に提供されます。

コーヒーミルの年季を見るだけで、コーヒーを美味しく感じてしまう雰囲気に左右されやすい私。
この雰囲気の中で、このコーヒーミルで挽いた豆で、このメンバーに混ざって飲むコーヒーがうまくない訳がありません。
常連の親方が店を出て行く時にマスターが「〇〇ちゃん薬飲んだの?」なんて声をかけていたのが、このお店の接待をよく表していました。
ごちそうさまでした。
嗚呼!これでミルクコーヒーだったらなぁ~。っと未練がましく思ってみる。

この手洗いがあるってのも昭和を感じさせるんですよね。
昔はみんな手を汚して働いていたんですよね。もっとも魚河岸では未だにみんな手を汚して働いてくれるから生魚が安心して食べられる訳ですが。
横浜市中央卸売市場の観光はまだまだ続きます。

(目次)市場で朝ごはん

ナダヤ
045-453-3607
営業:
定休:
横浜市中央卸売市場本場水産物部関連棟
神奈川県横浜市神奈川区山内町1番地
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック