愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
シーフードフライカレー@かつや(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)
11月22日(金)AM6:30
愛知県は名古屋市にある柳橋中央市場にきています。
普段は土曜か平日の休みに来ているのですが、本日はこれから仕事です。
なぜそんなことになったかというと…。
 
明日は勤労感謝の日で休市だからです。
しかも代休はありません。
 
やはり週1は市場に来たい私は、女房子供を振り払って、仕事の前に来てしまいました。
はっきり言って”病気”です。

そんな日”も”柳橋食品ビル1Fにある食堂かつやさん。
下図参照。
http://yanagibasi-food-bill.la.coocan.jp/floor_guide/floorguide.html




冬の装いもあっという間に見慣れた感があります。




平日の朝でも食欲をそそる揚げ物達。
また外気の寒さが食欲をソソル!




本日はカレーにフライを乗せてもらいました。




牡蠣×2、アカシャエビ、イカ。
 
ネットでみると、築地では牡蠣をラーメンに入れたり、卵でとじたり、いろいろな調理で提供しているのですが、実際に食べたことがなく、カレーに牡蠣は合わないんじゃないかと思っていたら!
 
これがうまい。揚げたての牡蠣フライよりうまいものは、やっぱり見当たらない。
そしてカレーってのも魔法のソースで、なんにでも合うんだなぁ~っと再確認した。
 
ブログを更新しながら牡蠣フライを調べていたら!!!

”また、さらに加工した料理として、カツ丼のように玉ねぎとカキフライを割下で煮て、鶏卵でとじ、ご飯の上に乗せたカキフライ丼という料理もある。カツカレーと同様にカレーのトッピングとしても食べられる。愛知県では、あんかけスパゲッティのトッピングとして食べることもある。”

そしてココイチ(愛知県発祥のカレー屋さん)では冬の限定商品として毎年牡蠣フライカレーを出しているんですね。

そしてやっぱり築地では豊ちゃんでカキフライカレーとやじ満でカキらーめん
築地に行く時参考にさせていただいている、つきじろうさんのブログから。
 
”じつは 「カキフライカレー」 というメニューは存在せず、普通のカレーとカキフライを別々に注文して 「カキフライはカレーに載っけて下さい」 と指定します。
カキフライの数は1個単位(1個220円)で指定でき、単品1人前の基準は5個とか。
ただ、この組み合わせだと全体のボリュームが大きいと思われたらしく、お店の人から 「3個でいいですか?」 と聞かれ・・・ 「5個お願いします!」 と念押しを(笑)
カキのサイズは、文句なし☆
個人的な印象として、このお店のカキは “磯っぽさ” を強めに残しているのが特徴だと思うのだけど・・・ シーズン序盤のせいもあってか、全体に 風味は軽め。
また、当店では「いつも揚げたて」とは限らないのだけど、今回は注文が入ってから揚げて アツアツ を食べさせてくれた♪
フライの衣もまた、ときに “ガリガリ系” にハードなこともある当店としてはサックリ柔らかく、“サクサク系” に近い軽やかさ。
まずは、ジョギングのように軽快な滑り出し・・・ といった印象で。
美味しくいただきました。 ごちそうさまっっっ♪”

やっぱり美味しい牡蠣フライカレー♪しばらくはまりそうです。




あと牡蠣フライ2つとビールの小さいの!って言いたいのを我慢する私であった。
何せこれから仕事ですから…。
 
平日はまた土曜と違った趣があり、楽しいです。
来週も一日くらい平日に伺おうか…。

家族のためにやめておきます。














食堂かつや
名古屋市中村区名駅四丁目14番
柳橋食品ビル1F
052-571-6127
http://yanagibasi-food-bill.la.coocan.jp/floor_guide/floorguide.html
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック