愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
魚一@名古屋市北区杉栄町
本日は名古屋市北区杉栄町にある魚一さんにお邪魔しました。
 
 



 

店構えは普通のおばあちゃんの家です。
なぜ年寄りは乱雑に盆栽を飾るのだろう!?
 
 
 


 

扉を開けるとショーケースに惣菜が並んでいます。
まあいつもの風景なのだが、違和感が!?
 
 
 


 

生!?
そうです、こちらは皿を選んでおばあちゃんに渡すと調理してくれるのです。
野菜炒め、焼きそばはもちろんのこと、味噌汁、豚汁までオーダーしてから調理してくれます。
 
 
 
 
 


 

市場の食堂みたいに細かい注文が効きます。
ご飯も大中小に一口茶碗!?味噌汁も具はもちろん各種あり、さらにちび味噌汁!?
ハムエッグが250円は驚異的な値段設定である。ノスタルジック食堂はなぜかハムエッグは高いのだ!
 
 
 


 

店内はテーブルが5つかな!?
 
 
 


 

この調味料の多さ。本当に市場食堂のようである。
当然灰皿はマストアイテムである。
 
 
 


 

本日の昼飯。
一口茶碗ごはんに豚汁、そして煮物。
料理自慢のおばあちゃんの家に紛れ込んだようだ。
 
これで450円!
 
 
 


 

煮物はすき煮と肉じゃが、甘さがほどよくご飯が進んでしまう。
すき煮は肉少なめだが、肉じゃがはたけのこやインゲンまで入っている。
 
 
 
 


 

豚汁は赤味噌か白味噌を指定できる。関東出身の私は合わせがいいのだが…、本日は白。
シャキシャキの白菜と、とろけてないほうれん草、そして何よりもあっつあつの温度がうまい!
 
 
 


 

お昼どきはひっきりなしに客が入ってくる。
こういう姿を見ると、みんな安くてうまい店はよく知っているなと感心する。
昔はタクシーが並ぶ定食屋やラーメン屋はうまいと言われていたが、もう昔の話である。
名古屋市内ならあっという間に駐禁切られてしまう。
 
今はなんでもネット検索で話がすむ。
 
しかし、こんな店はやっぱり未だにクチコミが一番大切なんだなと感慨深いものがあった。
 
店の形態も営業も客も懐かしいお店でした。
是非オススメです。
 
 
魚一食堂
052-915-1840
愛知県名古屋市北区杉栄町5-114
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック