愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
山田うどん赤堀店@群馬県伊勢崎市赤堀今井町
まだまだ年末(H25年)のはなし
 
本日は群馬県伊勢崎市赤堀今井町にある山田うどんにきました。
 
 
 
 
 

埼玉県付近を車で走っていると必ず見かける黄色いかかしの看板。
それが山田のかかし、山田うどんである。
埼玉県出身ですが、最近県民ショーで騒いでいるほど県民食だとは思っていません。
 
それでも幼い頃から食べているのは間違いありません。
 
 


 

店内こんな感じ。
カウンターに座敷があるのが一般的。
昔(S50年代)はテーブルの上にザルに入ったゆで卵があって、ぽそぽそ食べながらうどんを待った覚えがある。
小学生だった私は駅の立ち食いそば屋に行くイメージで食べていた気がする。
 
 


 

メニューはこんな感じ。
つけ麺とか山田うどんには合わない気がする…。
 
 
 


 

やっぱり山田うどんはセットメニュー。
 
 


 

どんだけセットメニューがあるんでしょうか!?
 
 
 



本日はパンチセット。
パンチとはもつ煮のことである。これは昔からだったと思う。
少なくともH10年くらいにはパンチだった気がする。
生卵はごはんにかけても、月見にしても良い。
以前は生卵はつかなかった気がするなぁ~。(調べたら日替わりとか、土日サービスらしい)
 


 

かかしカレーセット。
これは山田うどんが埼玉の県民食だったことを思い知らされるセットであった。
他県民はカレーとうどんを一緒に食べる習慣がないらしい。
私は大学の学食でもカレーとうどんを別注した覚えがある。
 
カレーは昔ながらの、おっさんが「ねーちゃんカレー!」と注文したカレーである。
ようは一番当たり外れのないカレーである。
 
 
 


 

そしてうどん。
まあ給食のソフト麺ですよ。
讃岐うどんが流行る前の腰のないうどんに天かすとわかめ。
さぬきうどんが絶対うまいとは思えない私は嫌いではないです。(毎日食べるものでもない気がするが…)
 
確かに懐かしいんですよね。
幼い頃はおじさんに連れて行かれ、ガテン系の方々のちょっと怖い雰囲気を味わったり、中高生の頃はとにかく安かったので土曜(その頃は学校は土曜昼まで)学校帰りに言ってみたり、免許を取ってからは、駐車場が広いので結構行きました。
うどんは昔より格段に美味しくなっています。
昔はカレーのスープがわりにうどんを食っていた気がします。
 
讃岐うどん全盛期のこの世の中では経営も難しいでしょうが、頑張っていただきたいお店である。
 
そう思うのは、やっぱり埼玉県民なのでしょうか!?
 
 

山田うどん 赤堀店
0270-62-3884
群馬県伊勢崎市赤堀今井町1-277-5
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック