愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でモーニング@喫茶一陽(名古屋市北部市場内)
本日は名古屋市北部市場にお邪魔しました。
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-18-9-0-0-0-0-0-0-0.html

名古屋市には中央卸売市場が3つあり、本場(熱田区)、北部市場(豊山町)、南部市場(港区)と分かれており、鮮魚は本場にあり、北部市場は青果、南部は食肉と分かれています。
ただ北部もメインが青果ってだけで、鮮魚も扱っています。
 
って、前述のブログの完コピです。

 

そして本日も関連商品棟。
案内板には沢山の飲食店の名前があるのですが。



やはりシャッター商店街。
名古屋だからなのだろうか?
駅がないからなのだろうか?
 
ちなみに市バスは市場まで来ています。



本日は喫茶一陽さん。



モーニングサービス300円ってのがすばらしい。



意外と新しい建物なんですが、ノスタルジックな雰囲気ですね。

 

店内こんな感じ。
この店はスポーツ新聞を読みながらモーニングを食べるのが流儀らしい。
特にメニューはなさそうだ。



ゲーム機のテーブルってのもノスタルジックな感じである。
席に着くと、「コーヒーでいい?」っと奥さんに聞かれ、そのまま注文する。



テーブルの上には調味料とマーマレード。
ライターまであるのがノスタルジックな喫茶店である。



そしてこれがモーニング。
正直愛知県のモーニングに慣れてしまうと、これではさみしいのだが、300円という値段を考えると、すばらしい仕上がりなのだが…、慣れって怖い。
濃い目のコーヒー、カリッと焼いたパンにバター、そしてゆで卵。
言うことはありません。完璧なモーニングだった。


喫茶一陽
052-903-5360
愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字八反107番地(名古屋市北部市場 関連商品棟2F)
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック