愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
浅田屋@名古屋市北区新堀町
本日は、和洋食、きしめん、そば、うどんの浅田屋さんにお邪魔しました。




きしめん、和洋食の看板、そば、うどんの暖簾。
グルメ評論家が見れば酷評しそうである。





関東風の暖簾に竹の棒ってのが、美味しそうなう雰囲気を醸し出している気がするのは私だけだろうか?





季節メニューが一新されましたね。
サマー定食がないのがさみしい…。





夏はざるそば、ざるうどんがメインで、冬は鍋焼き、煮込みがメインなんですね・
カレーラーメンまで出ていますね。





相変わらず、古いが清掃の行きとどいた店内。





おや!?ふりかけが姿を消しました。
一度使ってみたかった。





本日は検案事項のみそラーメン。
注文をしてすぐに厨房からゆきひらの中の味噌を菜箸でかきまわす心地よい音が聞こえ、味噌のいい香りが漂ってくる。
間違いなく旨いものを作っているって感じである。
いつものナプキンで包まれたレンゲに感心しながらも、シンプルなビジュアルを確認する。







具は蒲鉾に海苔、ハムにもやし、写真では確認できないが豚肉が何切れか入っていた。
麺は中太麺。相変わらずここの麺のゆで加減は私の好みである。
これはまさにみそラーメン!ラーメンとの相違はスープだけである。





スープを啜ると、かなりみそが濃い。
当然ながら、出汁が利いているからみそが濃く感じられるのだ。
関東出身の私にとって、赤みそはたいてい濃く感じる。
つまりこれは純粋な名古屋のみそラーメンなのだ!

スープは八丁味噌ベースなので、問題がないのだが、具がこれではさみしい。
値段がラーメンと味噌ラーメンは同じなので、当たり前と言えば当たり前なのだが…。
私のイメージする名古屋麺類食堂系ノスタ八丁味噌ベース味噌中華!!ではない気がする。

味噌中華と味噌ラーメンは違う種類と見るべきなのだろうか?

ちなみにネーミングを比較すると、こんな感じ。
まだ調査量が少ない。

サッポロ中華(やぶ金@愛知県津島市本町)
みそラーメン(岩野屋@名古屋市北区清水)
みそ中華(稲の家@名古屋市北区水草町)
みそラーメン(浅田屋@名古屋市北区新堀町)




定食も食べたいのだが、なかなかそこまでいかない浅田屋さんでした。
いつまでも元気に営業続けてください。




訪問履歴
ラーメン@浅田屋
木の葉丼、ラーメン@浅田屋
みそラーメン@浅田屋

浅田屋
愛知県名古屋市北区新堀町7-6
052-913-0019
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック