愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場のマナガツオ@一寿々商店
本日は柳橋中央市場の柳橋中央市場水産ビルにある一寿々商店さん




最近意識しているせいか、マナガツオが目につく。
大きさや値段、鮮度を考えると手が出なかったのだが…。





本日はこちらのビルにお邪魔します。





本日はこちら一寿々商店さん。
おそらく家族でやっているのでしょう、お父さんと、お母さんと、息子さん。
息子さんが調理から、販売までしてくれます。




お店はこんな感じ。





お値段は張りますが、ネタがいいので、旬の物を最初に買うことが多いです。





今日はこちら、マナガツオ。
刺身でもいけますか?と聞いたら、今日のは大丈夫です!っと言われたので、初めて取り扱いますが、安心して購入。
キロ2800円!




なかなかなものですな。





とぼけた顔が素敵。





骨が軟らかいですね。
形もこれだし、捌きにくい感じです。




当然刺身でいきます。




 

味って味はないかな!?
イカの柔らかくなったというか、なんか顔と同様とぼけた味です。
わさび醤油より、酢味噌とか辛子味噌が合いそうですね。
以前マンボウを食べたことがありますが、雰囲気は似た感じでした。
まあなんとなく姿形も似てますしね。





 

左が西京漬け、右が塩焼。
見た目にそう違いがあるわけではないですがっ!

西京漬けがめちゃくちゃ旨い!
塩焼は皮目の旨さがあり、悪くはないのですが、やっぱり味がぼんやりしているというか、わざわざマナガツオを食べる理由になるほどの味ではない気がしました。
っが、西京漬けの旨さったら!?!?!?!?。
もともと油に癖がなく、歯ごたえの柔らかい白身魚が、西京みその甘みと風味を吸収し、油の甘さを更にコクのあるものにします。油の切れがいいのでしつこく感じることがなく味噌の風味がよく、がつがつと頬張ってしまいます。
これはマナガツオを食べる理由になる。
大好物になりました。
しかも浅漬けってのが柔らかい身に良く合う!是非自作することをお勧めします。





卵を抱いていたので煮つけて見ました。
皮はとろんと美味しいし、エラやほほ肉も旨いですが、肝や卵はそう旨いもんじゃない気がします。

やっぱり西京漬けが一番かな!好物がまた一つ出来てしまった!!



刺身で食べることはもうないので、もうちょっとお値打ちな奴を次は狙うかな!?




一寿々商店
052-583-3903
名古屋市中村区名駅4丁目11-3
柳橋中央市場水産ビル

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック