愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
喫茶ナンテン@名古屋市西区則武新町
本日は名古屋市西区則武新町にある喫茶ナンテンさんにお邪魔しました。

実は日差しも春めいて来た為、寒い時期に美味しい名古屋ノスタルジック系味噌ラーメン調査を今シーズン最後にしようと、知多屋に向かいました。
知多屋さんの味噌中華もデフォルトで餅が入っているってのは前回訪問の際に確認していたのだ。

っが、店の戸に「しばらく休みます。」の張り紙があり、しばし呆然…。
まあノスタルジック食堂を食べ歩くとよくあることである。
体調を崩されていないか心配ではある。

気を取り直して食べログ検索。
最近の食べログアプリはかなりいい出来になっていて、行った、行きたいが登録でき、それを地図上に示せるのだから素晴らしい。

近くに行きたかった店はないかしらん!?っと検索すると1軒ヒットした。

実はこちら、以前から楽しく拝見させていただいているブログに「本場の味、みそラーメン」の張り紙が写っていたので気になって登録しておいたものである。
本場の味、みそラーメンの張り紙自体は不思議ではないのですが、それが喫茶店のメニューだったので興味を持ったのである。
ブログに掲載されたのは昨日だったか!?面白いので伺うことに決めました。









ってな訳で、やってきました喫茶ナンテン。





店内こんな感じ。
間口では想像もつかないくらい広い店内。
店に入ってすぐに厨房。奥にテーブルがいくつか、ゲーム機などもある。






こういった喫茶店には灰皿はマストですな!







そしてこちらが私のハートを射止めたメニュー。
あくまでも喫茶店です。






当然みそラーメン(580円)を注文。ご飯はどうしますか!?と喫茶店らしからぬ質問を受ける。







ゆで卵、厚切のハム、わかめ、キャベツ、玉ねぎ、人参、ネギ。
麺もスープも家庭用な感じ。
色がすでに愛知のみそラーメンって感じがしない…。

実はこのあたり住所でもわかる通りノリタケチャイナで世界的に有名なノリタケの本社がある地区なんですね。大規模な工場で働く大勢の職工さんの胃袋を満たすために、喫茶店でもいろいろな食事を出していたんでしょうね。
このあたりには昔ながらの雰囲気の良いお店が数多くあるのもうなずける話です。


こちらのみそラーメンは味よりも雰囲気を味わっていただきたい一品でした。


まだまだ先が見えない愛知県ノスタルジック系味噌ラーメンの旅。
そろそろ今冬はおしまいにしようかと考えていますが、情報お待ちしております。


番外編
みそラーメン(喫茶ナンテン@名古屋市西区則武新町)







駐車場も完備されています。
そしてここにもみそラーメンの張り紙。一押しなんでしょうか!?


ナンテン
052-561-4760
愛知県名古屋市西区則武新町2-21-18
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック