愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
キリンラーメン
前回ネットサーフィン中にぶつかるマイブーム!?というか、私の好みのブロガーによる祭りでキリンカップラーメンがあった。
 
当然こんなレポートをしてみたのだが、やはり袋麺を未食というのは愛知県民として失格だろうと思い、食べることにしてみた。
 
さて軽くキリンラーメンのおさらい。
 
パッケージに書いてあるが、首が長く、親しまれやすいキリンにちなんで、商品が末永く、親しまれるように名付けられた。
愛知県の西三河地方で販売され、1970年代には地域シェアを独占していたようである。だが1980年代から、大手との競争に負け1995年に生産中止となった。
ところが、復帰を望む声が多数寄せられるようになったため、2002年に限定で販売、予約だけで完売。
何度か限定販売、完売を繰り返し、2010年に復活。
ご当地ブームもあって、現在はキリンラーメン(しょうゆ、みそ、しお)、ペンギンラーメン(シーフード):サンシャインシティーとコラボ、カピバララーメン(ゆず風味醤油味):埼玉こども自然動物公園とコラボ、さらに水族館シリーズとかたくさんあるらしいです。
そして、キリンラーメンの生産地は愛知県碧南市。これまた関東では馴染みのない白醤油の生産地なのである。
愛知県はたまり醤油(大豆の醤油)、白醤油(小麦の醤油)ってのがあって、古いお店では、きしめんやうどんの汁も醤油を使い分けることもあるのだ。
愛知県で志乃田うどん(志乃田うどんが一般的かどうかはまた疑わしい話だが)を頼むと透明感のある白だしに油揚げや、かまぼこが入ったうどんが出てくる。
きしめんも元祖は白だしだったとか!?

余談であるが、私は常々大豆を加工する技術って日本にどのくらいあるのか知りたいと思っていた。
豆腐と揚げのみそ汁なんか飲むと、結局全部大豆じゃねぇ~か!っと思ったりする。
っが、白醤油ってのがあるってことは、うどんに天かす振りまいて、白醤油をかけて食べた日には、小麦粉しか食ってねぇじゃね~か!ってことになる…。
健康のためには1日に30品目食べなさいって言われるけど、この調子だと…。
朝ラーメンで小麦と大豆か!?出汁は何品目だ!?10種類くらい野菜とか鶏がらとか入ってないか!?昼はうどん食べたから小麦と大豆か!?七味ふったから+7品目だよなぁ~、あと10品目くらいかな!?コンビニで野菜ジュースでも買うかぁ~!?なんてむなしく考えたりする…。

話がそれました。
 
 
 

まずベーシックな醤油味。




調理時間が2分ってのも面白い。
 
 


 

これは白醤油ベースですね。意外と塩味がきついです。ノンフライ麺が多い中、思いっきり揚げた麺。いかにもインスタントの味でした。
 
 


 

しお味。






しおといったらごまなんですね。
なにせ醤油が塩見が強かったので、そう変わった感じがありません。
 


 

みそ味。
 
 


 

当然といえば当然なのだが、赤味噌ベースだと思う。
私は一番好みである。
 
どうも私はインスタントラーメンは味噌か醤油か分からないような味付けが好きみたいだ。
 
ぜひペンギンもカピバラも食べてみたいものである。
 
 
実食履歴
 
 
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック