愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でマナガツオ西京焼き@かとう(築地場内市場)
本日(2014.3.7)は東京都中央区築地魚河岸横丁(築地市場8号館)にあるかとうさんにお邪魔しました。
 
 
 
 

寿司大さんからなだれ込みます。すぐはいれるって素敵♪
当然タイミングが良かったからなんですが。

 
 
 

私の中では築地にきたらかとうさんになっております。
白い暖簾が美しいです。
 


 

 

ナメタカレイの煮付けがある!桜ますも春の香りでいいですね。
って、狙いは決まっているんですけどね。


 



とりあえず熱燗。
朝から3合目…。
お通しはひじきですね。さっぱりと炊かれております。
 



 

やはり塩辛などお願いする。
柚の香りが美味しい。塩味は軽く、浸かりも浅い、飲みたくなるような塩辛です。

 

 
 

朝の7時にすでに出来上がっています。
店内でトラブルがあったようでお姉さんがあまり相手にしてくれません。
お刺身のおすすめでもう一杯行きたいところなんですが…。
 
 



 

気を取り直して本日のメインディッシュ!マナガツオの西京漬け(1,400円)である。
こちらでも
こちらの記事でも
 


 

刺身だと薄ぼんやりした、クラスでも目立たない子なのに、”あくまでも軽く”西京漬けにすると、つまりナチュラルメイクをすると…、ワオ!あれ誰!?こんな可愛い子クラスにいたの!!って感じの決してしつこくない芳醇な味わいになります。
味噌が上品なすっきりとした脂を引き立てて旨い!!
ちょっと旬は外したのですかね!?油の乗り具合は薄いかな!?本気を出したらもっと美味しい気がする。
やはりこのお店はお姉さんのおすすめを聞いたほうがいい。
 
ともあれ豪勢な朝酒、私の中のザ・築地を満喫いたしました。美味しかったぁ~♪
熱燗、塩辛、マナガツオ単品、しめて2,270円の幸せでした。
 
 

 

腹ごなしにこちら、場内唯一の本屋さんです。下記URL参照。
http://blog.livedoor.jp/tsukijigo/archives/34268188.html
写真撮影NGなので遠目でパチリ。思いっきり地べたに写真撮影禁止の張り紙が!!苦労されたのでしょうね。

実は私、お刺身の盛り付けを勉強したいんですよね。
ブログに載せるには…、ってな仕上がりが多いもので…。

何冊かぺらぺらとめくっていると、店主が声をかけてくれる。
店「お刺身関係だったらこのへんかな?」
私「えっと、素人がちょっとカッコつけて盛りつけられるような本ありますか?」
店「う~ん、家は基本プロ用の本だからなぁ~、この本ならDVDもついてるし、値段もそう高くないよ。」






っと、進めていただいたのがこの本。
実は私料理の本を買うのが初めてでございます。
今までネットで全て補っていたので、目から鱗がたくさんあります。
リビングで、「へ~、ほ~」っと現在勉強中でございます。

ピチットシートも購入したし、私のブログも少しはきれいになるかなぁ~!?

かとう
03-3547-6703
東京都中央区築地5-2-1 (築地市場8号館)
営業時間:04:30~13:30
休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック