愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場で貝づくし@岩佐寿し(築地場内市場)
本日(2014.3.8)は東京都中央区築地魚河岸横丁(築地市場1号館)にある岩佐寿しさんにお邪魔しました。
 
岩佐寿し
 
 
 
 

築地市場1号館は吉野家1号店が入っている建物です。
同じ棟にある岩佐寿しさんがオレンジ色の暖簾、おや隣のふぢのさんは白地にオレンジ抜き!?の暖簾。
 
 
 


 

当たり前っちゃ、当たり前ですが、関東風の暖簾。
こちらも築地場内を代表する有名寿司店の一つですね。

 
 
 

 

こちらの有名メニューは貝づくし、うに丼。
 
 
 


 

店内こんな感じ。カウンターのみ。
席に着くと笹の葉が置かれ、ガリが乗せられます。
 
(入店したときは常連さんが2名ってところでしょうか、かなりタイミングよく入れた感じです。威勢のいい女将さんが常連さんと談笑中でした。)
 
ちっちゃいビールと貝づくし(3,300円)をお願いします。

 
 

 

奥さんから「ホタルイカ出してあげて!」との声がかかり、出てきたサービス!?お通し!?
もう春ですね。もっとも春だから貝づくしをお願いしたのであるが…。
 
 (この時外人さんが入店され、並びの席を空けるため一つ席をずれました。)
 


 


貝づくしは旬の貝にぎり7貫、巻物1本、お椀で構成されています。
上の写真に巻物プラスお椀ですね。
 
 
 
 
 
 

 

なかなかスピーディーに並べられます。
新鮮なネタなので貝独特の臭みがありません。
心地よい歯触りの違いと風味の違いが楽しめます。
 
(またこの時には既に満席状態で1名入店、端っこを開けていたため座りづらそうだったので、席を一つずれる。)
「度々すいません。」と女将さんが声をかけてくれる。
 
 


 

市場なので当たり前なんでしょうが、トントントンっと7貫並びます。
既になにを食べてるのかわからなくなってしまいまいました…。
言えることは「美味い!」だけです。
 
ちなみに私わさびが好きで、酒のつまみにするくらいですが、こちらのお寿司は結構利いてると思います。
貝なので気をきかせているのでしょうか!?それともこの店のスタイルなのでしょうか!?他にも何貫か注文すればよかったと激しく後悔いたしました。
 
 
 


 

巻物も貝ひもですね。
 

 

 

お椀も貝ですね。
 
貝好き、わさび好き、(ビール好き)にしかわからない、3,780円の幸せ。
 
 


 

何回もずれていただいて、ありがとうございましたと頂いた巌のり。
ごちそうさまでした。

 
 
 
03-3544-1755 
東京都中央区築地5-2-1(築地市場1号館)
営業時間:05:30~14:30
休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック