愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
信濃屋@岐阜県多治見市上野町
本日は岐阜県多治見市上野町にある麺類食堂信濃屋にお邪魔しました。
 
基本私はコレクター気質があるので、あまり同じ店にはいかない。
さらに同じ店で同じものは頼まない。
さらにさらにブログに同じレポートを書かない。
 
っが、この店だけは既に3回目で3回ともさほど変わらないレポートになっています。
 
 
 
 

土曜の12時、待は私の前の1組の家族だけ。
まあたかがうどんだ、あっという間だなと高をくくっていた。
前の家族が入りそのまま30分待たされた…。
 
 
 
 
 
 

店先で30粉末と普段見えないものが見えてくる。
そうか週4日営業かぁ~。
並んでるうちに麺がなくなったらどうするんだろう!?
 
 
 


 

あんかけや志乃田も昔はあったようですね。
 
 


 

天ぷらやおかめの文字もありますね。
 


 
 


っが、現在は温かいうどんと冷たいうどんと中華そばのみ。
 
 
 
 

 

混んでいても丁寧な接客のため、待はながくなりますなぁ~。
 
 
 


 

相変わらずテーブルの上はシンプル。
 
 
 
 
 

うどん(温かい)
モッチリとしたうどんが口の中をくすぐります。
色は濃いが雑味のない汁。
ごくごく飲める汁である。
ここで汁を残す奴の気持ちはわからない。
 
 
 


 

ころうどん。
温かいうどんより芯がしっかりしているが、一般よりは柔め。
生姜が結構キツく感じるくらい汁はまろやかである。
 
 
 


 
 



 そして中華そば。
オンリーワンの中華そば。
具に頼らない麺とスープの一本槍。
何度食べてもうまい。
 
近くに住んでいる限りは通いたいお店である。
 

信濃屋
0572-22-1984
岐阜県多治見市上野町3-46
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック