愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
天つま@名古屋駅1,2番ホームかきつばた
名古屋めしの一つにきしめんがあるのは周知の事実だと思う!?
 
そして何故だか「名古屋駅の新幹線のホームのきしめんが一番うまい!」ってのが定説になっている。
埼玉県も群馬よりの出身の私も多分に漏れずそう思っていた。
 
っが、老舗や手打ちの本物のきしめん!?の洗礼を受けたりすると、10年愛知に住んで、やっと観光客ではなく地元の人間になったんだなと思わないでもない。
 
ちなみにきしめんを食べる名古屋の人も少なくなってきているのは事実である。正直きしめんを好んで食べるのはもの好きと思われるような人が多いいんじゃないかと思う。
今の時代きしめんより讃岐うどん、ラーメンを食べる人の方が多いのは他の県と変わりはない。
 
まあそれでも、立ち食いってのも駅のホームってのも調味料の一つで、やっぱり旅先の駅のホームや通勤途中の駅のホームでそばをすするってのは一味違う気がする。
 
そして最近天玉そばがなんたる物かなんて考え始めたら、もうクセになってしまっている。
 コクと旨味の秘密 (著)伏木 亨なんか読んだ日には、やっぱり市場の帰り道は立ち食いそば(きしめん)で一杯引っ掛けてしまう。
ちなみに出典はこちらである。
紹介してくれたのは「春は築地で朝ごはん」のつきじろうさんである。
 
 
さらに住よしさんには天つという、かきあげを皿に盛り、ネギを載せうどん汁をたっぷりかけてくれる凶悪なつまみがあったりする。
これに卵をトッピングすれば、完璧に近いおつまみの出来上がりなのである。
 
さらに満腹備忘録のたけめんさんの情報だと、かきつばたさんでも天つまを作ってくれるってことなので伺ってみることにした。
 
 
 

2回目の1、2番線ホームかきつばたさん。
 
 


 

こちらにはホッピーがあるので、やっぱりホッピーですね。
 
 
 


 

結構がっつり焼酎が入っております。
 
 


 

特製かきあげの札が裏返っているので、特製かき揚げは売り切れっぽいですね。
 
メニューに天つまがないのは知っているので「天つまつくってもらえますか?」っと恐る恐る聞くと、「は~い!」っと元気に答えてくれる。
調子に乗って「卵入れてくれますか?」っとお願いすると、「ちょっとレンジで温めると半熟っぽくなって美味しいけど、どうしますか?」なんて言ってくれる。
「お任せします!」っとお答えしてホッピーを煽る。
 
「やっこ。なめたけ載せて!」なんて常連さんの注文を聞きながら暫し待つ。
 
 
 


 

そして出てきたものはこちら♪
 
 


 

ネギは汁に漬け込みクタっとさせる。
天かすをつついたり、黄身を絡めたり、ネギと合わせたり。
これがすっごいうまい!!
油、甘味、とろみ!!まさにコクのそろい踏み!!
 
つまみにするにはうますぎてあっという間になくなってしまった!
 
 


 

ちなみにこちらはセットメニューが充実している。
大概これを注文している。
セットのおでんはあくまでもソーセージ以外ってことなので。
 
 


 

ソーセージを注文してみる。
まあこんなもんかな!?
 
「次回は特製かきあげでお願いします!」っとお姉さんに伝えてお店を出ました。
 

 


かきつばた
052-581-1235
営業時間7:00~21:30
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック