愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
徳重屋@愛知県名古屋市中区栄
平日の火曜日の19:00。
本日は愛知県名古屋市中区栄にある徳重屋さんにお邪魔しました。
 
 
 
 

半二階って言うんでしょうか?
階段を上ってお店に入ります。
 

 

関西風暖簾。
白に黒って組み合わせは渋いですね。
 
 
 


 

一期一笑!?
蛤の酒蒸しの中華そばについ惹かれてしまいます。
 
 


 

メニューはこんな感じ。
志乃田に木の葉があるってことはノスタルジック食堂決定。
さらに天南丼まである!!
 


 

店内こんな感じ。
テーブルに小上がり。
 
 


 

テーブルにつくと、「灰皿いりますか?」と声をかけてくれる。
完全なノスタルジック食堂である。
 
 


 

木の葉丼を注文。
 


 

鶏肉、かまぼこ、椎茸、麸が入り刻み海苔まで散らしてあるビジュアルの良い木の葉丼である。
コメの炊き具合汁の量味付け申し分ない木の葉丼だ。
これは天南丼も食べに来なければいけない。
 
 


 

中華そば。
名古屋ブラックというべき、溜まり醤油ベースの濃い色。
 


 

チャーシューにかまぼこ、シナチクに麸、さらに鶏肉まで入ったサービス精神旺盛な中華そば。
麺のゆで方もいい。っが、麺の味はイマイチかな!?
スープは色目からすると拍子抜けするほどさっぱりとした味。
これはきしめんを頼めば相当楽しめそうである。
 


 

天南丼、きしめんと課題を残した徳重屋だった。
近所に桔梗常もあり、この辺はまだ名古屋文化を色濃く残している土地である。


徳重屋
052-241-5230
愛知県名古屋市中区栄5-24-4
定休日、営業時間:不明

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック