愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
松喜久@名古屋市天白区一つ山
本日は名古屋市天白区一つ山にある松喜久さんにお邪魔しました。
 
私が10年前に名古屋の地を訪れた際、やたらとカレーうどんの幟を立てているお店が多いなと思った。
カレーうどんが流行ってるのか!?っと思ったら、思いっきり流行っていた。今では名古屋の名物と言ってもいいんじゃないかと思う。
 
名古屋のカレーうどんで一番有名なのは若鯱家だと思う。東海地方にチェーン展開しており、ショッピングセンターでよく見かけるため入りやすい。
 
っが、これがまたいわくつきであって、ウキペディアにも
「なお、起源となる店舗は黒川(当時の黒川本店、現在は「本店鯱乃家」と屋号を変えて営業。」
なんて書かれている。
 
その起源は
こんな感じでレポートした。
 
話が長くなっているが、もう少々…。
 
そして起原の若鯱家にはカレーうどんを開発したと言われる方がいまして(現在はいらっしゃいません。)、こちらの亭主は同時期に若鯱家で働いていた(修行していた!?)そうです。
 
 
 
 
 

二度目の訪問となる松喜久さん。




 

暖簾が変わりましたね。
うどん!ってのも珍しいですね。



 

日曜日の2時近くだったのですが、カウンターは満席、テーブルも埋まっています。
なにせ夫婦二人で切り盛りしているので注文におっつかない感じです。
カウンターで待っていた常連さんが「また来るわ!」っと帰っていったりしています。
謝り続ける奥さんが痛ましい感じです。
 
私、本日は子連れだったので忙しい最中座敷を開けてもらいました。



 

さて本日は何にしましょうか!?
 



 

しいたけ入り味噌煮込みをお願いする。
 



 

ホントにしいたけばっかりですね。
 



 

しっかりした名古屋流味噌煮込みの麺。
具は油揚げ、かまぼこ、長ネギにしいたけ。
肉類は入っていなくて精進料理みたいです。



 

この肉厚なしいたけ。
しいたけだけでお腹が膨れます。
 



 

そしてこちらに来たからにはカレーうどん。
 



 

スパイスが効いていないわけではないんですが、まろやかなカレールー。
そして柔めのうどん。
これがまたクセになる甘さである。
 



 

うどん全てについてくる天かすをいれるとコクがさらにまして、うまいうまいものになる。
 



 

そしてご飯(大)。
麺をすすったら、残ったスープにブチ込みかき込みます。
これがまたうまい!
やっぱりここはカレーうどんかな!?
 
ごちそうさまでした。
 
訪問履歴
 
 

松喜久
052-802-8875
愛知県名古屋市天白区一つ山2丁目10
11:30~14:30、17:30~20:30
定休日:水曜日
 


 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック