愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
長命うどん本店@名古屋市中村区下中村町
本日は名古屋市中村区下中村町にある長命うどん本店さんにお邪魔しました。
 
 
 

愛知県内で多店舗展開する長命うどんさん。
創業大正二年だそうだ。
 



 

関西風暖簾に染め抜かれた創業大正二年。
 
 



 

平日の2時過ぎだというのにお客さんの途絶えない人気店である。
 



 

店内はカウンターにテーブルに小上り。
だだっ広い駐車場が併設されている。
 
 



 

灰皿はランチタイムはないようです。
 
 



 

やはり老舗である。物語がある。

 
 

 

メニューはそう多くありません。
 
 
 
 

麺類はなんでもありますが、トッピングは少なめである。
 
 



 

ご飯もの、お酒もちょっと寂しい感じであるが、ここは名古屋の長命うどん!
注文の仕方が素晴らしいのである。




かき揚げはエビのかき揚げ、ちくわの天ぷらもお願いした。
注文するときは別盛りか麺類に入れるか聞いてくれます。
 



 

昆布のおにぎり。
握りたてのホカホカでした。
 



 

小うどん山菜トッピング。こちらは最初からうどんに入れてもらいました。
小が普通盛りです
 


 

そしてこちらは小宇宙!間違い!小うちゅう。
うどんと中華そばの相盛りである。
ネーミングで大宇宙にすればよかったと後悔してしまう!!
 



 

こちらは庶民派のゆで上げのあたため直しなのだが、何せ大人気店なものでたいがい茹でたてをいただくことができるようである。
細いうどんであるがしっかりした麺、中華そばのゆで加減もよい。
完全にうどん出汁の汁だが、意外に中華めんにも合う。
胡椒をかけるか、七味をかけるか悩ましいところである。
 
うどん、日本蕎麦、中華そば、きしめん、ソーメン。
うそ(うどんそば)、きそ(きしめんそば)、きちゅう(きしめん中華そば)などなど組み合わせは自由自在である。
さらにトッピングを別盛り、入れるで無限に広がるメニューはまさしく大宇宙である。
さらにさらにうそちゅう(うどん日本そば中華そば)のような三種盛りも可能である。まさにカオス!麺類のビックバンである。
 
名古屋の麺類文化の完成形が一つここにあると思う。


長命うどん本店
愛知県名古屋市中村区下中村町1-3
052-482-2934
10:00~19:30
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック