愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
山田うどん南浦和店@埼玉県さいたま市南区南浦和
本日は山田うどん南浦和店にお邪魔しました。
 
山田うどん
 
 
 
 

埼玉県は南浦和駅に当たり前のようにある立ち食いそば。
 



 

あれ!?案山子のマークがあるってことは!?
 



 

そうですこちらは山田うどんにしては珍しい、立ち食いスタイルの店舗なのです。
たぬきうどんが210円!埼玉県の県庁所在地の駅の目の前にあるうどん屋で、立ち食いにしても安すぎると思うのは私だけではないはずだ。
ちなみにここ以外の山田うどんのたぬきうどんは240円である。
 
埼玉県は天つまはないようですね。まあ関東なのであっても天抜きかな!?
天ぬき、天つま、天すい紀行
 
 



 

店内こんな感じ。
常連さんも多いようでフロントのお姉さんとお話に花が咲いております。
「昨日県民ショーで山田うどんやってたよ。昨日は埼玉の番だったからね。あの店舗のほうがきれいだね。」
「うちは立ち食いだから10円か20円安いはずだよ。」
「テレビでやったら混むね。」
「そんなことでいつもより多く仕入れてるよ!」
なんて会話を聞きながらどんぶりに向かってシャッターを押している私…。
本当に知らなかったとはいえ恥ずかしい限りである…。
 



 

そしてこちらがたぬきうどん210円。
揚げ玉にわかめ、ネギまで散らしてある。
正直うどんは給食に出てくるソフト麺なのだが、これがまあ安心する味って感じなのである。
生まれ育ちもあるのだろうが、現在の讃岐うどん至上主義にはちょっと疑問を感じてしまうお年頃なのである。
美味しいものは当然美味しいのだが、家で毎日何も考えず食べるものはこんなものでいいような気がする。
美味い不味いで言えば不味いよりなのだが、給油するような時間のない食事に関しては速さと値段と量が重要な要素であって…、っと長くなるのでやめておく。
 
しかし、わかめうどんが260円となっているが、どんだけわかめが載ってくるのだろう!?どなたかのレポートお待ちしております。
 
 
”実は冷水器の上にお持ち帰りのティッシュが置いてあったのだが、それがキャバクラだか風俗広告の入った奴で絶対公開したいと思ったのだが…、なにせ上記の会話を聞きながらカメラを振り回す度胸がなく…。”
一生後悔するような気がします…。
 
ともあれ珍しい山田うどんが満喫できました。
ごちそうさま。
 
 
 

山田うどん南浦和店
埼玉県さいたま市南区南浦和2-24-14
6:00~21:00


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック