愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でナメタカレイ煮付&アジ酢@かとう(築地場内市場)
本日(2014.12.26金)は東京都中央区築地魚河岸横丁(築地市場8号館)にあるかとうさんにお邪魔しました。
 
 

 

朝5時前、暖簾が上がっていたので伺うと「ごめんなさい。開店まだなんです。」といわれてしまった。
開店時間は5:30ということでした。
 


 

とりあえず本日のお勧めをパチリと撮って愛養さんに向かったのが前レポートである。
 



 

5:30に伺うと看板がついていますね。
これが開店の証なんでしょうね。
 



 

店内の一品料理を眺めながら熱燗を注文。



 

アジ酢とナメタカレイをお願いする。
 
 
 



ちょっと時間がかかるってことで、週刊新潮を出された。
スポーツ新聞はよくあるが、週刊誌を出されたのは初めてだ。
これは時間がかかるって暗示なのかしらん!?
 

 
 
 

熱燗をちびりちびりやりながら週刊誌をめくります。
本日の小鉢はひじきです。
 




程なくしてアジ酢が提供されました。
前回訪問の際、次回は必ず注文しようと心に誓っていたのですが…。
アジはどうやら旬よりも天候が問題らしく、本日は先日ほどではなかった…。
こればっかりは仕方がないですね。
レベルが高いのは間違いないのですが…。
まあ限界効用ってこともあるんでしょうしね。
 
 



 

そしてメインは”豆腐”である。
ナメタカレイのプルプルのゼラチン質はもちろんうまいのだが、魚のうまみをすった豆腐って旨い!
豆腐だけお代わり!ご飯に乗せて!!って言いたい気持ちを抑えるのに必死でした。
 
次の予定があったのでさっと食べて立ち上がると、「ごめんなさい。間に合わなかった?お茶はいいですか?」っと声をかけてくれる。
客の食事のペースを見ながらお茶を出すタイミングを計っているんですね。
料理もそうですが、接客も大満足なお店です。



 

いまいち人手の少ない築地市場を後に、富士額のねずみに会いに行きます。



(目次)築地市場


かとう
03-3547-6703
東京都中央区築地5-2-1 (築地市場8号館)
営業時間:04:30~13:30
休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる 


 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック