愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
弥冨一八@愛知県弥富市鯏浦町南前新田
本日は愛知県弥富市鯏浦町南前新田にある弥冨一八さんにお邪魔しました。
 
一八のれん会巡礼シリーズである。
 
 
 

一八のれん会の中では比較的新しいほうだと思いますが、それでも老舗の貫録を感じさせる店構えである。
 

 

ショーケースも清潔に保たれています。
すでによい店の香りがします。
 



 

そして登録商標の暖簾。
関西風暖簾。白地に黒文字ってのがまたいい感じです。



 

店内こんな感じ。
老舗の雰囲気はありますが清潔に保たれています。
 



 

テーブルの上はこんな感じ。
灰皿もマストアイテムですが、こちらのテーブルにはありませんでした。
 



 

志の田丼に木の葉丼、中華そばまであって私の求めるものがすべてあります。



 

奥さんの鍋焼きうどん。



 

かなり美味しいと言っておりました。
太いネギが上質の材料を使用している証ですね。
 



 

そして私はきしめん。
ネギが別皿で出されるのも気が利いています。もっとも私は薬味はみんな入れるタイプなのだが…。
 


 

ピッカピカの麺。この麺は喉越し、歯触りがいい!きしめん独特のおいしさがあります。
汁も名古屋クリムゾンというには色目が薄いが、溜り醤油と節系の出汁のバランスがよくごくごく飲める汁である。
ここのきしめんも旨い!本店に似ている感じかな!?



 

そして天南丼。
大根の浅漬けが旨い。
漬物や小鉢が美味しいとその店のセンスの良さを感じますね。
 



 

さて天南丼である。
天南丼用に揚げた天ぷらですね。こちらも技が必要そうです。
天南丼にしては高級感あふれるエビ天です。
長ネギに玉ねぎってのは初めてだったろうか!?
玉ねぎが甘みがまたよく合って旨い。
ツユダクじゃないのもいいっ!どんぶりはこうでなきゃいけません。
3歳児が食べること食べること。子供は正直である。


 

暖簾を撮らせてもらいお会計。
いろいろお話をしたかったのですが、客足が途絶えない人気店なので断念。
再訪しなければと心に強く誓う。
 
 


 

駐車場完備の弥冨一八さんでした。



 
弥冨一八 
0567-65-2491
愛知県弥富市鯏浦町南前新田35-3
営業時間11:00~14:30、17:00~21:00
定休日:水曜、第三火曜
備考:創業昭和50年


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック