愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
鍋田一八@愛知県弥富市稲荷
本日(201412)は愛知県弥富市稲荷にある鍋田一八さんにお邪魔しました。
 
一八のれん会巡礼です。
 
 

一八のれん会は基本的に町名or駅名+一八であり、繁華街や住宅街にあることが多い。
車でお店に行くとうっかり見過ごしたりすることが多々あります。
っが、こちらの一八さんはロードサイドにあり、すぐに見つけることが出来ます。
とにかく大きい。
いろいろなパターンのお店があり、一八のれん会の奥深さを感じますね。

ちなみにこちらのお店は五女子一八が移転し、鍋田一八になり、現在の地に移転しているので、町名とも駅名とも違うみたいです。弥冨一八さんがあったからかもしれません。
 


 

一八のれん会巡礼で、これだけ大きい看板は初めてじゃないかな!?
とにかく大きい。


 

登録商標とこの色の暖簾を見ると安心してお店に入れます。



 

そしてこの暖簾。
店内座敷にテーブル。相当数の客席があります。
そしてその席がほぼ満員。年末ってこともあるでしょうが、大人気店である。
店の規模は一八のれん会では最大のものである。



 

店内禁煙。
テーブルの上には基本調味料とふりかけ。
お茶に水がのっています。
テーブルも広く、万人に対応している感じです。
すでに人気店になる理由もわかりますね。
 



 

うどんは茹で上げなんですね。小麦粉にもこだわりがありそうです。



 

そば粉にもこだわりがありそうです。



 

定食類も充実しており、ラーメンもあります。
この他にもメニューは多数あるのでこちらをご覧ください(メニュー
 
っが、きしめんがない…。一八のれん会ではきしめんを基本にたべ歩いているので…、まあラーメンでもよいかな!?っと思いましたが、とりあえず店員さんに伺ってみたところ、メニューには載せてないが提供できるとのこと。
それはありがたいときしめんを注文。
 
この時の若い店員さんのスマートな態度、言葉遣いがかなり印象的でした。
師走で大混雑する店内におひとり様で特別メニューを頼む嫌な客を丁重な態度と言葉使いで対応してくれました。ありがとうございました。
 




そしてわがままを言ったきしめん。
ネギは別盛りですね。



 

具はほうれん草に油揚げ、花かつお、そして新年を感じさせるかまぼこ。
こんな気遣いもうれしい。
汁は色が薄く甘目。ノスタルジックなきしめんとは言えないが美味しいものだった。
そして麺。手打ちの茹でたて。これは旨い!しっかりと弾力のある歯ごたえに、麺自体の旨みがいい!
これも美味しいきしめんである。



 

待ちまで出来る大人気店であったので、お話はできないかな!?と思いながらも暖簾の写真だけは撮ろうとお願いしたら、奥さんが「父の代の暖簾だから古いんですよ。」と教えてくれた。
若い店員さんといい、奥さんといい、この店の接客は素晴らしいものがあると思う。
もちろん料理も美味しいし、人気店なのはうなずけるお店でした。

 
鍋田一八 0567-68-2978 
愛知県弥富市稲荷3-47
営業:11:00~14:30、17:00~20:00 
定休:火曜
備考:五女子→鍋田→現在地に移転(桑名一八にて確認)


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック