愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
山王一八@名古屋市中川区西日置
本日は名古屋市中川区西日置置にある山王一八さんにお邪魔しました。
 
一八のれん会巡礼です。
 
 
 

名鉄交通ビルの中にあります。
珈琲に食事の山王一八さん。



 

サラリーマン向けの定食、セットがメインですね。
 



 

登録商標の山昇(やましょう)の暖簾。
かなり使い込んでいますね。



 

店内こんな感じ。
テーブルに座敷。
残念ながらのれん会の暖簾はありませんでした。



 

テーブルには灰皿がマストアイテムだ。
やはりノスタルジック食堂の雰囲気がある。
 



 

メニューはこんな感じ。
志の田、木の葉、天南丼まである♪



奥さんは渦潮きしめん。



 

わかめに溶き卵、湯葉まで入っていますね。
 



 

そして天南丼。



 

私汁ダクって嫌いなんですが、こちらの天南丼はかなりの汁ダクである。
さらに関東ものにはきつい青いネギである…、っが!!
これが旨い。汁の味がいい加減なのである。
お茶漬けのように流し込むので、いまいち好きではないタイプなのだが、汁加減を堪能してしまった。



そしてきしめん。



 

具は油揚げに正月菜。
麺はちょっと幅が広い感じ。口腔をくすぐる感じのゆで加減になっております。
そして汁は名古屋クリムゾン!溜り醤油に節系の出汁の伝統的なもの。
私麺類のスープは飲まないタイプなのだが、名古屋クリムゾンの汁は飲み干してしまいます。



 

一八の語源が書かれていたのですが、時間の都合により解読できませんでした。

写真を撮りながらお姉さんとお話をさせていただく。
こちらは正木一八さんの旦那さんの奥さんが経営してるとのこと。
店員さんも正木と山王を行ったり来たりするそうである。


裏口には麺処!?の看板。
こちらのラーメンも味わってみたいですね。

山王一八 052-321-8600 
名古屋市中川区西日置2丁目3
営業:11:00~14:30、17:30~21:00 
定休:土日祝
のれんなし メニュー
備考:正木一八の奥さんが経営。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック