愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場で刺し盛り@村上食堂(京都中央卸売市場関連5号棟)
本日(20150124土)は京都中央卸売市場関連5号棟にある村上食堂さんにお邪魔しました。
 


 

京都中央卸売市場はフェンスがなく、一般道の両端に市場がある感じです。
関連5号棟はやっちゃ場に相対する棟ですね。
 
 



デカイ冷蔵庫って感じですね。
野菜の方が活気があります。

 

 

飲食もいろいろ入っていて、喫茶店にうどん屋さん。
おもちゃ屋さんなんかもありました。
 



 

そして本日お邪魔したのが村上食堂さんです。
 



 

関西風暖簾。





一品料理がたくさんありそうなので、朝酒はこちらに決定。




 

麺類食堂のラインナップですね。
 



 

店内こんな感じ。
テーブルが4卓。
女将さんだろうと思われる女性が椅子に座っておりました。
こんな姿を見ると、昔ながらのいい店だな!なんて思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

 

定食は注文で、お惣菜はカウンターから持ってくるスタイル。
まあ注文すれば温めてくれるので、カウンターを覗きお願いするのが一番かと。



 

灰皿にスポーツ新聞に調味料たくさん。
私の求める市場のメシがすべてここに詰まっている気が…。
 



 

そして朝酒全容。
 



 

お酒をお願いすると温めて出してくれます。
このスタイルはしばらく味わっていませんでしたね。
上野公園にあったおでん屋以来です。
 



 

そして刺し盛り。
マグロにヒラメ。
ヒラメは肉厚でもっちりした食感で甘い。よく寝かせてある感じです。
マグロもそこそこです。



 

白菜と油揚げの煮びたし。
京都らしい上品な味。
20年以上前、関東の田舎から修学旅行で京都に来たとき、同級生は味がなくて食べられん!と騒いでいたのを思い出します。
次の日はホテルの裁量で、びっくりするほど濃い味のすき焼きが出ていましたが…。
20年の月日は驚くくらい物流を良くして、全国を画一化しましたね。
私等の頃は、「水に気をつけろよ!」なんて言われましたもん。今時そんな注意なんてないでしょう!?
今の修学旅行生は、京都の味が薄いなんて考えないんだろうな!
 
人気のあるお店らしく、こちらの市場の関係者は赤いジャケットを着ているのだが、最初店を覗いた時は、赤で埋め尽くされていました。
朝酒をしていると、常連さん思しき方々が、「今日はなによばれよ!」なんて入ってきます。
地方色が少なくなった日本でも、やはり市場はこうあってほしいと思う。



(目次)市場で朝ごはん


村上食堂
075-311-9478
京都府京都市下京区朱雀分木町京都中央卸売市場 (関連5号棟)
営業:4:00~13:00
定休:京都中央卸売市場に準ずる
 

 

仲卸をうろちょろします。
結構閑散としていますね。時間が遅かったのだろうか?




 

乾物が多い気がします。
そして京都といえば高級食材ですね。
 
さあ次に行きます。


スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック