愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
浅ひろ本店@名古屋市中区大須
本日は名古屋市中区大須にある浅ひろ本店さんにお邪魔しました。





大須商店街の端にある浅ひろさん。






関西風暖簾。






店内テーブルに小上り。
日曜のお昼は満席で待ちまであったので、写真は控えました。

灰皿は頼めば出てくるようです。
なぜかこのテーブルの上だけ刻みネギの入った器がありました。





メニューはこんな感じ。
うどん屋さんですね。






そして中華そばに。





志の田、木の葉丼があるので、ノスタルジック食堂認定。






鍋焼きうどん。






結構塩味が強いですね。





中華そば。





スープの色のインパクトに反して醤油はまろやかです。溜り醤油のうどん出汁進化系って感じですね。
麺のゆで加減もよく、麺自体を楽しめる感じ。






悩んだ結果、木の葉丼。
刻みのりがたくさんかけてあるのが昭和テイストですな。
具は鶏肉、かまぼこ、椎茸。
汁は汁ダクにならない昔ながらのもの。
味付けもよくペロッと完食。

さてこちらにはこんな本が置いてあります。

地元の歴史研究家が書いている本ですね。

うどん屋さんに触れられてるページもいくつかありました。





名古屋には夏目漱石ゆかりの地があるんですね。
ゆっくり読めば、また名古屋の食べ歩きが楽しくなりそうな感じだったのですが、お店も忙しそうでしたし、子供連れなので、涙を呑んでお店を後にしました。



浅ひろ本店
052-241-5678
愛知県名古屋市中区大須3-20-21
営業:11:30~20:00
定休:月



さて大須の浅ひろ本店さんの隣はコンパル本店である。
食後のコーヒーは当然ながら…。

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック