愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場で銀宝、キス、稚鮎天@天房 (築地場内市場)
本日(2015.4.11土)は東京都中央区築地魚河岸横丁(築地市場6号館)にある天ぷら和食天房さんにお邪魔しました。
やはり関東圏に引っ越して来たらこちらは外せません。
生活が落ち着いてきたわけではなく、生活が乱れ奥さんも子供も体調を崩し寝ているので、お父さんはゆっくり築地見学に来たというわけです…。

初めて電車で行く築地。
築地駅に向かう東京メトロには市場かごっていうんでしょうか!?魚を入れる竹籠を下げる親方がちらほら見受けられます。
とりあえず後をつける不審な私…。




そしてたどり着いた築地場内。

魚がし横丁はえらいことになっていますな!






今日は決め打ちで来ているので、3,4人並んでいる天房さんにならびました。
まだまだ愛知県は柳橋中央市場のノリがある私、市場に来ると天ぷらが食べたくなります。

寿司大ラインはもとより、八千代ラインもすごいですね。
愛養さんの店内も立ち待ちができております。






決めてきたのは銀宝天です。
こちらの張り紙を見ると見過ごせません。
ホントは岩佐寿司で貝尽くしを食べてから来ようと思ったら、並んでたので直で伺いました。





単品メニューがなかったのでお母さんに伺うと快く受けてくれました。
春冷えの日だったので熱燗かなとも思ったんですが、とりあえずビールで!





本日はこんな感じになりました。
天つゆ派の私は、こんな感じが嬉しいです。
かなりかつおが薫りますね。





単品で左から、キス、銀宝、稚鮎。
ホントはハゼをお願いしたんですが、今日は入荷がなかったようです。
ハゼとキスは悩んで悩んで注文したんですが、銀宝があるからキスの方がよかったかな!?なんて考えているときに、入荷していないとのお答え。嬉しい入荷不足となりました。
ちなみにノリもお願いしようかと思っていたらサービスでしし唐と共につけていただきました。

稚鮎のはらわたの旨さが切ないほどですな。
苦みは最後の味覚。大人になってよかったぁ~、っとビールで流し込みます。
銀宝も美味しいですね。ちっちゃい銀宝だよとのお声がかかったようにサイズは小さいですね。
それでもこちらも春の味わい。
キスは安定した味わい。


もういっちょって所でしたが、並んでいる方もいらしたので、ここでお終いにしました。
ご馳走様でした。



(目次)築地市場





天ぷら和食 天房
03-3547-6766
東京都中央区築地5-2-1 (6号館)
営業時間:06:30~14:00
休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック