愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うしお@長野県伊那市荒井
本日は長野県伊那市荒井にあるうしおさんにお邪魔しました。

世間ではゴールデンウイークとの事で、我が家も愛知県に帰省しています。
中央道はそう混雑もなくそろそろお昼の時間に伊那市付近を通りかかっているってことは!




当然ローメンしかありません。
以前ローメンの元祖と言われる萬里本店は伺ったことがあるので、本日は炒ローメンの元祖うしおさんにお邪魔しました。





あれ!?炒ローメンじゃないのかな!?
長野県は関東風暖簾。






店内カウンターに座敷。
雰囲気出てますね。







テーブルの上には醤油、ソース、塩、胡椒にごま油、七味、酢にマヨネーズ、さらにはカレーパウダーまであります。






なるほど!
オススメの食べ方がいっぱいあるから、調味料はたくさんないといけないんですね。





よくばりセット大盛。
大盛の炒ローメンに豆腐汁、うしお煮、ご飯に漬物、小鉢がつきます。





うしお煮は、まあモツ煮なんだが独特の香りがします。
豆腐汁は中華スープに豆腐、お麩が入ったもの。
野沢菜は長野の名物ですね。






今日の小鉢はおでんでした。







そしてこちらが炒ローメン大盛。
マトンの香りがしますね。
ザク切りに切ったキャベツがいい感じです。

まずはそのまま、酢をちょっとかけて、一味を振って、マヨネーズをかけて!なんてやっていたらあっという間になくなりました…。





たまらず中華そばを追加。
丼といい、素敵なビジュアルです。





中太麺にチャーシュー、シナチク、小松菜、ナルト。
私の求めるノスタルジックラーメンって感じです。
微妙に違うのが、小松菜とスープ。
仕上げに香味油をかけまわしているのか、独特の香りがします。

炒ローメンにしても、このラーメンにしても、寒いお土地柄の工夫された食事って感じですね。
店員さんも寡黙で優しく、いいお店でした。






うしお煮って言うと漁師料理が出てきそうでしたが、随分違いましたね。





雪の日に一杯引っ掛けて、締めに炒ローメンでも行ったら最高な感じですね。





まあ観光客はこちらを選んでしまうんですが…、っと思ったら意外とローメン単品のお客さんが多かったです。
私は観光客ではなく、お上りさんなんでしょうか!?





王道に邪道の食べ方。
通わなければいけませんね。






ローメン!?のうしおさんでした。

御馳走様!!


うしお
0265-72-4595
長野県伊那市荒井3460-1
営業:11:30~13:00、17:00~21:30
定休:日
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。