愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペヤングソースやきそば@まるか食品株式会社

伊勢崎市の隣町出身の私としては、この話題に乗らない訳にいきません。









たまたまコンビニに寄ったら山積みされてあり、再開を喜んだ。

スーパーに行ったら、おひとり様3個までというポップがあり、ペヤングが4個残っていた。

そうなるとやっぱり欲しくなるもので、つい手を伸ばしてしまいレポートしてしまった…。











そしてこちらが新ペヤング。

パッケージが変わりましたね。

以前の頼りないプラスチック容器から、発泡スチロールの一般的なものになり、それを昔のパッケージを模倣した包装でくるんだって感じです。





う~ん、昔の雰囲気を出しているってのは分かりますが…。







包装をはがすとこんな感じ。

紙の蓋ですね。

ちょっと優しい印象を受けます。





かやく、ソース、ふりかけ、スパイスは変わりがありません。





このキャベツが好きなんですよね。





湯切り口がターボになりましたね。





おかえりペヤング♪







湯切りが簡単になり、よく湯切りされていますね。

よく湯切りされているせいか、麺がしっかりした気がします。

味もマイルドに感じますが…。

嗜好品ってのは雰囲気やパッケージで味が変わるものと思っている私なので、確かなことではありません。

ともかくいつも通り美味しかったです。



っが、湯切りがしっかりされているので、最後に残る薄いソースにキャベツを絡めて啜りこむ、ペヤングのシメがなくなってしまったのは寂しい気がしますね。

せっかく簡単に湯切りできるようになったのに、「もういっちょいくぅ~」ときはちょっとお湯を残して食べることになりそうです。



復活おめでとうございます。

私の年代の関東者にとって「四角い顔」はなくてはならないものなんです。





まるか食品株式会社

ペヤングソースやきそば

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。