愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天つま@かきつばた7・8番線店

JR名古屋駅には在来線、新幹線合わせてが8つプラットホームある。

そして立ち食いきしめん屋さんが10以上ある!!

プラットホームの数より立ち食いきしめん屋さんのほうが多いのだ!!



そしてこのきしめん屋さんはちょい飲みができるようになっていて、ビールに日本酒、ホッピーまで用意されていたりする。

当然おつまみ類が充実している。

その充実したおつまみの中に”天つま”なるものがある。

かき揚げにそばつゆをかけ、ネギくらい散らしたものなのだが、その天つまに私は卵を落としてもらう。

簡単に言うと、天玉蕎麦から蕎麦を抜いたものが出来上がる。

あの立ち食いそばの凶悪なメニューかき揚げ天そばからそばを抜いたダメダメなメニューの完成なのである。

これがまた軽い中毒作用があるんじゃないかと思うくらい旨い!

名古屋駅のプラットフォームに降り立つと吸い寄せられるように立ち食いきしめん屋に入ったものである。



愛知県から埼玉県に移住しはや4ヶ月。

中毒は不治の病である…。











実はこの日軽いアクシデントがあり、黒川から名駅に行き、金山に戻ることになった。(愛知県の方だけ分かっていただければ幸いです。)

待ち時間が意外とあってJR中央線のホームにいるってことは、当然かきつばたさんにお邪魔することになる。







店内を覗くと見たことあるお姉さんがいた。

これはラッキー(かきつばたさんには天つまはメニューにないため、お姉さんによって仕上がりが違うので、自分好みの天つまにありつくためには、自分好みの天つまを作るお姉さんがいなければいけないのだ!)と熱燗と天つまをお願いする。当然天つまには卵を落としてもらう。

熱燗は鬼殺し。





お久しぶりです。

かきつばたさんは特製かきあげと野菜かきあげの2種類のかき揚げがあり、どちらのかき揚げでも天つまを作ってくれる。私の好みはチープな野菜かき揚げである。





この汁の量が天つまの満足感に大きな差を生むのである。

汁が多いと終盤箸でつまめなく雰囲気が出ないし、少な目だとただの冷えたかき揚げになってしまう。

本日もお姉さんはいい仕事をしてくれて、このくらいの汁の量が私のベストである。







この凶悪なビジュアル。

中毒患者は一生中毒である…。





おでんでもつまもうかと睨んでいるうちにお酒も無くなり、もう一杯いく時間もなく、名残惜しくお店を後にします。

ご馳走様でした。

 


ジェイアール東海パッセンジャーズ



 

かきつばた7・8番線店
052-565-6835

052-565-6835

営業時間7:00~21:30

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。