愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でかつ丼@やしろ食堂(大江戸魚河岸城北市場)

本日は東京都練馬区高野台にある大江戸河岸、城北食品センターにあるやしろ食堂さんにお邪魔しました。







七福神が目出度いってあんまり言わなくなりましたね。







一般の方も広く受け入れている大江戸魚河岸城北市場。







そして唯一のお食事処やしろ食堂さん。







なぜか関西風暖簾ですね。









店内こんな感じ。

スポーツ新聞に灰皿はマストアイテムである。

雑誌や漫画もあって、男の好きなものって変わらないんだなぁ~、なんて考えてしまう。









メニューは厨房上に張り出された短冊のみ。







今日は麦茶が出てきました。

このテーブルには灰皿がありませんね。







本日はかつ丼。

味噌汁にお新香がついてきました。







しっかりした味付けが、働く男の為のかつ丼って感じで旨い!

この色!いい色してますね。

昔の関東の食卓ってこんな色してたような気がします。

昔々のコミックバンドの歌詞に「なんでも醤油をかけるのかい?」ってのが有りましたが、そんな感じだった気がしますね。











漬物がまたうまくて、しっかりした味のかつ丼を最後まで飽きさせません。





豆腐に油揚げの味噌汁。

こちらもまたさっぱりして、しっかりした味付けのかつ丼を引き立てます。



総力戦でかつ丼が旨い!って感じでした。

ご馳走様でした。







やはりこちらも手洗い場がありました。



(目次)市場で朝ごはん


やしろ食堂
03-3996-7490
東京都練馬区高野台2丁目11-15 城北食品センター内
営業:未確認~17:00
定休:未確認
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック