愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でかさご煮付け、アジ酢、野菜煮@かとう(築地場内市場)

本日(20150905)は東京都中央区築地魚河岸横丁(築地市場8号館)にあるかとうさんにお邪魔しました。

しばらくブログをサボったのは香港旅行の疲れが抜けなかったのと、そのため仕事が忙しかったのと、日常生活からブログが抜けたのでやる気が出なかったからです…。
まあ久しぶりのブログを市場で飾りたかったためってのもあるんですけどね。
てなわけで、本日も介護に実家に帰る訳ですが、とりあえず香港で訳のわからない物を食べ過ぎて日常から離れてしまった舌を平常運転に戻すべく、出汁の味わいを確認しに来た訳です。


京浜東北線が人身事故で遅れ、それに伴って高崎線、宇都宮線が遅れたためか?朝6:00、門跡通りは大人しい感じです。
埼京線に感謝。
しかし、本日は介護もあるため残された時間は僅か!小走りで場内に向かいます。


(写真はお店を出てから)
やった♪かとうさんに空席あり。


それでも今日のメニューを確認しつつ入店します。
前回に引き続き一ヶ月ぶりの訪問です。
前回訪問時「しばらく開けますが、忘れないでくださいね。」っと言ったのも覚えていてくれたらしく、「まいど!あっ、覚えてちゃいけないんだっけ!?」なんて優越感を感じてしまうような一言が添えられて着席します。


本日はいつもの席と反対側の席をいただきました。
そろそろブリの時期ですね。


とりあえず熱燗。
塩辛に新聞が出てきて、もうご機嫌さん♪


野菜煮は自分でチョイスできるらしいんですが、お任せ2点盛り。
ブリは嫌だなぁ、なんて思っていた自分に反省。
ブリの皮が一番自分の好みでした。
私、芋の煮付けって苦手な部類だったんですが、かとうさんにお邪魔するようになって好物になってしまいました。
出汁の奥深さを感じ朝酒が始まります。


お刺身どうしようかな!?やっぱブリかな!?なんて思いつつ。お姉さんに伺い、アジ酢はどう?と聞くと、「アジ酢はある。」と小気味良いお答え。鯵は季節よりも天候によるような気がするので、最近の雨の状況で心配でしたが、その心配を払拭するお味。
このお銚子の底って穴空いてない!?なんていちゃもんをつけたくなるほどお酒が進みます。
そんな私の殺気を感じてか?お姉さんが「お酒つけましょうか?」の一言。一も二もなく頂きます。


メインはかさごの煮付け。
時間が取れる時は煮付けで豆腐が良いですね。
しかも食べるのに時間のかかるかさごをお願いしてしまいました。
煮汁は常に新しいのでしょうか?
魚によって豆腐の味も変わります。
かさごの豆腐はちょっとジャンクな味がしますね。
すごく不思議な感じがします。


いつも慌ただしく席を立つためか、魚が残り少なくなった時点でお茶が振る舞われます。
やっぱり期待を裏切らないかとうさんでした♪
ごちそうさまでした♪


(目次)築地市場


かとう
03-3547-6703
東京都中央区築地5-2-1 (築地市場8号館)
営業時間:05:30~13:30
休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる 

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック