愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卵かけごはんPart.2
さて卵かけごはんPart.2である。
また目に止まってしまった方にはお悔やみ申し上げます。




あまり関東では馴染みのないなか卯である。
初めて出会ったのは大阪だったと思う。
上品な味付けで、ジャンクな雰囲気がなかったのを覚えている。
その後東海に移り住み何度か伺っていたのであるが、牛丼屋という認識ではなくうどん屋という認識であった。







こちらでは「こだわり卵朝定食230円」である。









ご飯の量もちょっと多いかな!?っと思ったくらいで、美味しくいただけた。
味噌汁も一般的な牛丼屋の味噌汁より高級感があり、朝食として良くできていると思う。
もう何枚か海苔が欲しいのと漬物があれば最高なのに!っと贅沢は言いたいところであるが、この値段の朝食としてはかなり良い出来だと思う。卵かけごはん括りで言うと一番好きである。



やはりなか卯って三代チェーンとは方向性が違うと思う。








ごちそうさまでした。










お次はゆで太郎。
実は今回が初めての訪問。
かなりいい蕎麦を出すとは聞いていたのだが、近所になかったのと場末の蕎麦屋のラーメンや冷やしたぬきにはまっていたせいで手が回らなかったのだ。







納豆360円。
表記は納豆であるがごはん、卵、納豆にたぬき蕎麦まで付いてくるので卵かけごはん成立。
この自分で作ったルール、卵かけごはん縛りがなかったら間違いなく朝蕎麦を頼んでいたと思う。










白いネギが付いてきてご機嫌さん。
もっとも月見蕎麦にして納豆ご飯ってのが王道っぽいんだが、食べ方は自由である。
注文してから鍋に蕎麦をにゅるっと出す茹で上げ。蕎麦を味合うならやっぱりざるですね。具が多いとそちらに気が回ってしまいますね。
もっとも冷やしたぬきにはまっている理由はそれなんだが…。



それでもやっぱり卵用と納豆用の二膳ほしいところである。何が何でも納豆と卵は混ぜたくないタイプである…。














ごちそうさまでした。













最後はやまだうどん。

埼玉県人が愛やまないソウルフードというが…。私は未だに”だうどん”の呼称には賛同できない。私の世代では”やまだのかかし”と呼んでいた。

もっとも給食のソフト麺が地域限定の一品なら、ソフト麺を作っていた山田うどんがソウルフードというのはやぶさかではない。



ちなみに看板にうどん”そば”って書いてあるとは画像を確認するまで知らなかった…。


山田うどんを名乗るくらいならうどん&"パンチ"って書いた方がピンと来るんじゃないかと…。







そして山田うどんの朝食。
最近山田うどんに列んでいる方を良く見かけますが…、山田うどんは列んでまで食べるものではありません。車でサッと入り、サクッと食べ、スっと帰るもんである。
ちなみにこの日はパンチで朝酒をしている方が結構いた。
羨ましい限りであった。







このラインナップを玉子かけごはんって言っていいのか?
玉子かけごはん260円。



 



1日に 30品目とれば健康的な食事になるんだっけ!?
今回は米、玉子、うどんは小麦か?、柴漬けはきゅうりと紫蘇で2品目でいいかな!?ワカメにネギに七味。おっと七味は 「とん、とん、とん、とん、とんがらし、ぴりりと辛いは山椒の粉、すいすい辛いは胡椒の粉、芥子の粉、陳皮の粉」なんて言うから7種類か?
まあ10種類以上朝食だけで取ってれば悪くないだろう。
山田うどんはもともと学校給食のソフト麺なんだから体に悪いはずないでしょ!?


このわずかながらの漬物が私の琴線を震わせます。

















ごちそうさまでした。



ちなみに卵かけごはんを食べ歩いて、一番満足度が高かったのはこちらである。

もともと埼玉県民なもので…、しょうがないと思ってください。

ちなみにパンチセットに生卵をつけるのが私の山田うどんにおける最高のメニューである。
山田うどん赤堀店@群馬県伊勢崎市赤堀今井町



2回目にしてすでに飽きて来たってのと、この時間はすでに酔いが回っているってことで、こんな感じになりました。
もしかしたら明日書き換えるかもしれません…。ご指導、ご指摘は甘んじて受けさせていただきます。遠慮なくコメントください。
ホントお付き合い頂いた方にお悔やみ申し上げます。

ちなみにPart.3で最後になる!っと思う…。





































































スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。