愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
正ちゃん@東京都台東区浅草

本日は東京都台東区浅草にある正ちゃんにお邪魔しました。



我が家は奥さんが靴が欲しいといったら浅草に来る。

お江戸では様々な職人、専門街があったらしく、道具なら河童橋、木場なら深川みたいに、これが必要ならあの町ってのがあったらしい。

もっとも知識の乏しい私はその程度しか知らないので、どなたかご指導ください。



とりあえず、浅草ははきもの街として知られているようで、未だに履物問屋が数多くあり、格安で靴が買えるのだ。


正直私にはブランド品と問屋棚卸品との差がわからなく、「なんならどっかでブランドのタグくらい調達してくるから、その棚卸の安い靴を買いなさい」と言っているので、本日は浅草に来たわけである。













浅草といえば靴の奥さんに、浅草といえば煮込みの私。

本日は煮込み発祥の地と言われる正ちゃんへ。









メニューはシンプルである。

牛煮込みが有名だが、魚の煮物も美味しいらしい。









飲み物も基本を押さえた感じですね。









もっともメニューなんてほとんど見ないんですけどね。

タッパに並ぶお惣菜を選んでお姉さんに伝えます。







やはりこちらに来たら煮込みにホッピーで行きたいものである。







この牛筋煮がいいんですよね。

豆腐はサッと煮られたもの。

牛筋が甘辛く煮込まれているので、サッと煮られた豆腐がいい箸休めになっていいんですよね。







そしてこちらの唐辛子をこれでもかっ!っと振り掛けていただくのがこの店のスタイル。

みなさんどかどか振り掛けております。

まあそのためにボトルが多きいんでしょうね。







枝豆。

まだちょっと凍っております。

やはり初秋には枝豆のカチ割がいいね。

なんて言ってみるが、これが旨いんですよね。旬を瞬間冷凍してある感じである。





吉田類さんも、なぎらさんも訪れている有名店ですね。

気持ちは非常によくわかります。



ごちそうさまでした。


しっかしホッピー通り、煮込み通りと言われて久しいが、すごい人である。









それでも一つ道をはさむとこんな感じ。

昼間は屋台も出てもっと雰囲気ありますよ。






正ちゃん
03-3841-3673
東京都台東区浅草2-7-13
営業:お昼~22:00、土日:9:00~20:00
定休:月、火
 

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック