愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙龍@埼玉県さいたま市浦和区領家

本日は埼玉県さいたま市浦和区領家にある仙龍さんにお邪魔しました。



埼玉県には県立浦和高校ってのがありまして、埼玉県を、いや日本を、いやいや世界を支える人材を育成している、地元の誉れ高い学校がありまして。


その浦校のほど近くにある仙龍さんと言えば埼玉県民ならすぐ分かると思われるお店です。











コーヒー中華の仙龍さん。

まあ私はこの看板に惹かれて入ってしまったんですが…。









関東風暖簾に定食、ラーメンの文字。

ショーケースも素敵だったんですが、画像がなぜか見当たりません。













店内こんな感じ。

土曜の昼ですが、杯というか…、一升瓶を傾けております。



テーブルに小上り、2階にも席があるようです。











本日は小上りに席をいただきました。

基本調味料がたくさん。灰皿は未確認。









ピンクの公衆電話が懐かしいですね。













メニューは一般的な中華料理屋さんですね。

大商宴会・御商談・忘年会・新年会まで受け入れてるってのが凄いですね。









セットメニューも充実しております。











とりあえず先輩方を見習ってビール。

切干大根の量も味も大満足です。









ニラレバ炒め。

ニラレバって結構ハードなイメージですが、こちらの味付けは実にマイルドでした。

ビールによく合います。











チャーハンラーメン。

結構な迫力ですね。











こちらも家庭的なチャーハン。

ラーメンスープとよく合います。









ラーメン。

このスープの味わいも麺の具合も、すべてが懐かしい。

ちなみに私浦校出身者ではありません…。



昔々親父に連れてこられたラーメン屋のラーメンです。

美味しい不味いは超越してしまってますね。











コーヒー中華の看板に偽りなし。子供にジュースのサービス。

何味って言われても、ジュースなんです。

昔は子供にジュースってのは決まりで、この色の液体が出てきたもんです。











奥さんにアイスコーヒー。



実はメニューにコーヒーがなく、ちょっとがっかりしていた私でしたが、定食にはコーヒーがつくらしいですね。











壁にかけられた感謝状を拝見させていただく。

浦校の生徒のみ味わうことのできる浦校ラーメンってのがあるらしい。









記事にある若田光一さんの色紙。

浦校出身で、母校に講演に来たとき接待は仙龍でお願いしたらしい。









そして浦和高校生徒会長からの感謝状。











ベビーブーマーの私は、結構学歴コンプレックスがありまして…。

いろんな意味であこがれてしまう仙龍さんでした。

私たちが帰る頃には浦高生が数名入っていき、野球部の子は顧問のお弁当箱を返しに来たり、ホント憧れてしまうお店でした。




仙竜
048-886-7060
埼玉県さいたま市浦和区領家5-5-1
営業:11:00~15:00、17:00~22:00
定休:水

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。