愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
まるます家@東京都北区赤羽

本日は東京都北区赤羽にある鯉とうなぎのまるます家さんにお邪魔しました。
かなり盛り上がっている赤羽一番街。
http://www.1bangai.org/
名物を打ち出せば、きっと観光地になるんだろうなぁと思う次第であります。



そんな盛り上がりの中心にあるような。ます家さん。
孤独のグルメ巡礼シリーズみたいになってます。



関東風暖簾。
人気店て言うのは知っていたので、まぁ平日の17時前に入店すれば問題ないだろうと、17時ちょっと前に店の前に立ちます。
なんと待ちありです。
まぁ独り身なのでそう待たずにカウンターに席をいただきます。





店内テーブル席にUの字のカウンターが二つ!?Wの字っていうのかな!?
Wの山のピークに席を頂き、熱燗をお願いする。
「お酒ホット!」とオーダーが入ります。
Wの字のピークは右を見ても左を見てもお客さんの背中…。
いまいち落ち着きませんが…。



おすすめの前、店を取り仕切るお姉さんの前ってのは悪くありません。
あれが噂のいくらどぶ漬けか!?なんて考えながら献立を考えます。



まるます家と言えばたぬき豆腐。
私が愛して止まない天抜き、天すい、天つまに相通ずるものがありますね。
冷やしタヌキの抜きって感じです。



うなぎバラミ。
やっぱり鯉とうなぎの店ってことで、お願いしました。
いいつまみです。
一口頂いたところ、ポン酢の味がしない…。
ポン酢を机上に探したところ無い…。
オロオロしているとお姉さんが、「あれっ!?ポン酢かかってないじゃない!○○ちゃんバラミポン酢なんだからポン酢かけなきゃダメじゃない!」
っとポン酢をかけてくれました。



そしてこちらが完成系。



カウンターを仕切るお姉さんの熟練ディーラーのようなチップ裁きを見ながら頂くお酒もなかなかなもんです。



お酒は3本までのルールを守って、ごちそうさまでした。
ちなみにこちらジャン中(ジャンボチューハイ)のモヒートが有名ですが、ジャン中は一本で3本分扱いです。

まるます家
03-3901-1405
東京都北区赤羽1-7
営業:9:00~21:30
定休:月
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック