FC2ブログ
愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
えびすや猫洞店@愛知県名古屋市千種区猫洞通

本日(201807)は愛知県名古屋市千種区猫洞通にあるえびすや猫洞店さんにお邪魔しました。

えびすや猫洞店(愛知県めんるい組合HPより)


きしめんだけではなく、カレーうどんも味わわなければと訪問。




関東風暖簾の白が目にささるような日。

(平成30年の名古屋は酷暑でございます。)




カレーうどんをお願いしてスポーツ新聞を開きます。

相変わらずえびすやのろロゴが入った食器が素敵ですなぁ。




そしてカレーうどん。

お水とエプロンが提供されます。




暑い熱い名古屋の夏ですが、スパイシーな香りで食欲が戻ります。




具は牛肉に青ネギのみ。


汁はこれぞ名古屋のカレーうどんっといった粘度。ちょいとスパイシーな大人の味。

カレーうどんを食べるときあまり麺の味ってのは気にならないものだが、喉越しに歯ざわりがいいのか、やたらとうどんが美味しく感じる。

カレーうどんにはもったいないうどんかな!?なんて思っているうちにご馳走様。

満足な一杯でした。


次は蕎麦かうどんでえびすやシリーズかな…。


ご馳走様でした。


(目次)えびすやグループメモ


訪問履歴

きしめん@えびすや猫洞店


えびすや猫洞店

052-782-4187
愛知県名古屋市千種区猫洞通三丁目29
アーバン北本山1F
営業:11:30~14:30,17:00~20:30
定休:水

スポンサーサイト



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でちょい飲みコース@わだ泉柳橋店(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)

本日(20180721土)は愛知県名古屋市中村区名駅、マルナカ食品センター本館にあるわだ泉柳橋店さんにお邪魔しました



飲食店が充実しているので、朝来ても、昼来ても、夜来ても楽しい市場マルナカ食品センター。

もっとも多くの飲食店は昼からの営業なので、買い出し客にはちょいと寂しい感じもありますが…。




わだ泉柳橋店さんが早朝営業を始めたってのに気付いたのは2、3週間前。

それでも名古屋場所が…、朝稽古見学が…、っと思って早朝も早く帰ってしまっていた。




土曜日限定で朝定食を始めたのも知っていたので、おかずだけお願いしてビールかな!?っとも思っていた。




っが、本日ちょい飲みコースを発見してしまい入店を決意。




暖簾をくぐる前から「いらっしゃい。」っとお茶屋さんのお姉さんの声。

「ちょい飲みはお願いできるかね?」っとカウンター内に声をかけると「もちろんです。」と笑顔で返されます。




落ち着いて店内メニューを眺めます。




飲み物はビール、ハイボール、酎ハイからチョイス。

前菜は枝豆、ポテサラ、マカロニサラダ、胡瓜の漬物から選びます。




揚物が出てくるので口直しのキャベツも提供されます。




本日のちょい飲みコース全容はこんな感じになりました。

ソースはかけるタイプですね。




店長お勧めの串3本は、手前から豚ロース、ナス、帆立。

豚ロースは豚一さん(マルナカ食品センター内のお肉屋さん)、ナスは名促さん(マルナカ食品センター内の八百屋さん)なんて書いてあるのも味わいが深くなりますね。

豚一さんの豚は折り紙付きの旨さ。帆立もプリプリの旨みジュワジュワでした。

ご馳走様でした。



お代は千円に消費税。

素敵な笑顔で「またお願いします。」っと見送られ、お店を後にします。

かつやさんが無くなってしまった今、柳橋中央市場で朝から揚げたての揚げ物が食べられる唯一無二の店わだ泉さん。

接待の素晴らしさが光ります。

またお願いします。


訪問履歴

醤油カツ丼@わだ泉柳橋店


わだ泉柳橋店

https://www.wadasen.net/blank-1

052-526-8915

愛知県名古屋市中村区名駅4-15-2マルナカ食品センター内

営業:10:00〜14:00、17:30〜22:30
 定休:日・祝

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でアイスコーヒー@IMARI(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)

本日(20180721土)は名古屋市中村区名駅、柳橋中央市場にあるIMARIさんにお邪魔しました。




久しぶりにこんなショットを。

名古屋の街ってのは新旧併せ持っているから楽しいですね。

近代的なビル群の間にぽつんと佇む柳橋中央市場。


IMARIさんにお邪魔するんですが、IMARIさんの外観写真を撮っている方がいらっしゃったので、私は遠慮した。




名古屋場所も終了ですな。




これだけ豪華な休場力士人で横綱土俵入りもない場所ってどうよ!?

っとは思いながらも御嶽海には楽しませてもらいました。




アイスコーヒーをお願いすると「フレッシュいらなかったんですよね。」っとお姉さんに声をかけられ、常連面が出来て嬉しい私。




こちらIMARIさんは名古屋にしては珍しくモーニングがありませんが、お茶請けはついてきます。

なんてことはない珈琲ですが、この場所で、この雰囲気で、この気遣いの中いただけるのがいいんですよねぇ~。




名古屋の喫茶店といえば本間製パン。

トーストを別注した時の画像は下記訪問履歴からお願いします。


ご馳走様でした。



名古屋場所と言えば、「名古屋の白鷺の姉御」。

https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RimFGp_FRbBHcAURaU3uV7;_ylu=X3oDMTBiZGdzYWtnBHZ0aWQDanBjMDAz?p=%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%80%80%E7%99%BD%E9%B7%BA%E3%80%80%E5%A7%89%E5%BE%A1&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

本日も朝から着物で看板娘をやっておりました。


また来年が楽しみですね。


(目次)柳橋中央市場

(目次)市場で朝ごはん


訪問履歴

アイスコーヒー@IMARI

アイスコーヒー@IMARI

アイスコーヒー@IMARI

アイスコーヒー@IMARI

アイスコーヒー@IMARI

コーヒー@IMARI

コーヒー@IMARI

コーヒー@IMARI

コーヒー@IMARI

コーヒー@IMARI

コーヒー@IMARI

アイスコーヒー@IMARI

カフェオーレ@IMARI

バレンタイン@IMARI

トースト@IMARI

珈琲@IMARI

珈琲@IMARI


テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で平目刺、ナスインゲン、鯖焼、糸コン@魚源食堂(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)

本日(20180721土)は名古屋市中村区名駅、名古屋綜合市場ビルにある食堂魚源さんにお邪魔しました。


名古屋綜合市場HP

http://sougou-shijou.co.jp/#section01

(久しぶりに魚源さんの紹介ページを見たら、炭火で魚を焼いているのが売りっぽいですね。実際魚源さんの焼き魚は旨い。)




いつもながらの柳橋中央市場。

愛知県には本場が二つ、公設市場も多数あるのに、アクセスの良さと慣れがあってつい来てしまいますね。




名古屋場所中なので、6:30には魚源さんのカウンターにつきます。

魚源さんは6時くらいには開店しているようですが、準備が完了するのが7時前くらいかな?

常連さんは「なんでもいいから早くできるもん!」とか、「ささげはあるかい?」、「熱燗おねがいしま~す。(私)」とか準備に追われるお姉さん達に声をかけ、各々好みの食事を済ませていきまので、カウンターに料理が並ぶのは開店してからしばらく時間が必要です。




平目刺し。

最近の魚源さんのお刺身は「マグロとヒラメ」。

時たま珍しい魚も出ますが、デフォルトは赤身と白身って感じですね。




名古屋の刺身は溜りしょうゆで。




茄子といんげんを湯がいたもの。

お気に入りのシーズニングは酢みそと生姜。

赤みその酢味噌に生姜を混ぜると旨いんですよ。




刺身で一杯やっていればカウンターに並ぶお惣菜。

亭主側に焼き物、お姉さん側にお惣菜って感じで、本日はお姉さん側に座っております。




2回戦突入。




魚源さんの魚は炭火焼。

シーズニングは三杯酢。

以前から申し上げている通り、”焼き魚には三杯酢をかる法整備を進めるべきだ!”っと思うくらい旨い。



糸コンの煮物。

これがまた妙に旨いんですよね。

酒が進んでしまいます。


長っ尻なもんで客が一回転も二回展もするのを見送り、手の空いたお姉さん達と名古屋場所の話で盛り上がる。さらにご亭主まで加わり40年も50年も前の話が出てくる。


今日も気分のいい朝が始まりました。

ご馳走様でした。

来週は所用の為お休みしますと告げお店を後にします。


(目次)柳橋中央市場


(目次)市場で朝ごはん


食堂魚源

名古屋市中村区名駅四丁目15番15号 名古屋綜合市場ビル内

http://sougou-shijou.co.jp/

052-541-5415


201801より

6:30頃~11:00(最後の常連さんが食事を終えるまで)

営業日:名古屋総合市場に準ずる。

年末営業は12月27日!?28日!?まで。


訪問履歴

平目刺、ナスインゲン、鯖焼、糸コン@魚源食堂

カツオ刺し、ダツイモ、十六ささげ、焼き茄子@魚源食堂

平目刺し、糸こん、イカげそ、鰯焼き@魚源食堂

鱧の湯引き、穴子煮、キンキ煮、鰯煮、漬物@魚源食堂

平目&鯵刺、十六ささげ、ダツイモ、漬物@魚源食堂

鱧、バイ貝、マカロニサラダ、蝦蛄、トリ貝、スペシャルカレー@魚源食堂

赤魚煮付け、イカげそ、こんにゃく、ウインナー@魚源食堂

鰯煮、トリガイ、ウインナー、ナス・いんげん、はんぺい@魚源食堂

平目刺し、トリガイ、胡瓜、サバの塩焼き、揚げ出し豆腐@魚源食堂

市場で鰹刺し、穴子煮、ワカメ、ピーマン、イカげそ@魚源食堂

鰹刺し、穴子煮、ブリの卵の煮付け、穴子煮、蝦蛄@魚源食堂

平目刺し、トリガイ、ワカメ@魚源食堂

引っ越し祝い@魚源食堂

塩鯖、ポテトサラダ、若芽@魚源食堂

トン焼き、ハゼの甘露煮、ピーマン@魚源食堂

鯖塩焼き、鳥肝煮、ポテトサラダ、茶碗蒸し@魚源食堂

いわし煮、ピーマン、カキフライ、茹でイカ、ウインナー@魚源食堂

平目刺し、鯵の南蛮漬け、ピーマン炒め、ダツイモ、茹でイカ@魚源食堂

鰹刺し、ダツイモ、鰯煮、一六ささげ@魚原食堂

サラダ、ウインナー、刺盛、玉ねぎの天ぷら、鯖塩焼き@魚原食堂

メバル煮付け、ハンペイ煮物、フキ煮物@魚原食堂

トン焼き、しらたき、ナス@魚原食堂

サバの塩焼き、ピーマン、塩辛@魚源食堂

甘エビ、揚げだし豆腐@魚源食堂

イワシの塩焼き、ダツイモ@魚源食堂

鰹刺し、ピーマン炒め@魚源食堂

鰹刺、イカゲソ、きゅうり@食堂魚源

青柳@魚源食堂

朝酒@食堂魚源

カワハギ煮付け@魚源食堂

ホタルイカ@魚源食堂

煮穴子2@魚源食堂

ブリの塩焼き@魚源食堂

さし盛@魚源食堂

キンキ@魚源食堂

揚げ出し豆腐@魚源食堂

ソーセージ@魚源食堂

戻り鰹@魚源食堂

塩辛@魚源

角麩@魚源食堂

一味鯛@魚源食堂

ポテトサラダ@魚源食堂

アカシャエビの天ぷら@魚源食堂

ハモの湯引き&イサキ刺し@魚源食堂

茹でイカ@魚源食堂

焼きナス@魚源食堂

アカイカ@魚源食堂

煮穴子@魚源食堂

シャコ@魚源食堂

ダツイモ@魚源食堂

赤魚煮付け@魚源食堂

鰯&鮪@食堂魚源

鳥貝@魚源食堂

石カレイ@魚源食

カツオ@食堂魚源

カレイ@食堂魚源

牡蠣フライ@魚源食堂

茶碗蒸し@魚源食堂

〆サバ@魚源食堂

汐っ子(しおっこ)@魚源食堂

鰆@魚源食堂

ひらめ@魚源食堂

刺盛@魚源食堂

甘海老@魚源食堂

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

えびすや名東店@愛知県名古屋市名東区名東本通

本日は愛知県名古屋市名東区名東本通にあるえびすや名東店さんにお邪魔しました。


えびすやグループ巡礼シリーズである。

(目次)えびすやグループメモ




名古屋のおハイソな場所星が丘からちょいと車を走らせると見える手打ちそばの看板。

駐車場は豊富に用意されている。




えびすや名東店さんである。

白抜きの関西風暖簾。

同じグループ・暖簾分け店でも、暖簾が関西風だったり、関東風だったりする名古屋って面白いですね。




店内こんな感じ。

テーブルに囲炉裏を囲んだカウンターに座敷。

かなりの大箱である。




囲炉裏の前を陣取りましてえびすやグッズに囲まれる幸せ。




さてなんにしましょうか?




丼物に志の田も木の葉もないのは寂しいですなぁ。




今回えびすやきしめん巡礼シリーズなので、ベーシックにきしめんをお願いしました。

えびすや名東店の特徴としてあげられるのは、配膳がとにかく早い。

お客さんにビジネスマンが多いのはそのせいかもしれません。




具は油揚げに三つ葉。

幅広なきしめんにうまみのある汁。

えびすやグループ内だったら勝川店の仕様に似てるかな?

ビラビラっと啜ってご馳走様でした。




伝票をふと見ると「有限会社岐阜えびすや」の判子。

えびすやグループは岐阜にもあったのかな?




マッチは配っていますが店内禁煙のえびすや名東店さんでした。

えびすやグループ巡礼も残すところあと3店。今年は特に暑い名古屋の夏に負けそうですが、夏中に全店回りたいなぁ~っと考えてはいる。




ちなみに2周目はカレーうどんで行こうと思っていたのですが、1周する前から始めていたりします…。

えびすや名東店のカレーうどん。

やはり夏バテで食欲が落ちたは漢方薬(スパイス)。



具は青いネギと牛肉。

私のイメージの名古屋カレーうどんといえば、具は青いネギに豚肉に油揚げ。

カレーの肉は豚か牛か問題は目を背けても、油揚げは入っていてほしいと思う私…。

名古屋の麺類文化は深淵である。どうやらカレーうどんも系統、系列分けし分類していかなければいけないようだ…。

とりあえず見て見ぬふりをすることに…。


とにかく具は青いネギと牛肉。名東店さんは配膳が早いためか、ネギはしゃっきりしたものもちらほら残っている。

麺は名古屋カレーうどんにしてはやや細めで、名古屋カレーうどんにしては堅め(一般的なうどんの堅さ)。

汁は名古屋カレーうどんらしいスープとルーの間くらい。うどん汁の味がたっている感じ。

おいしかったぁ~。やっぱり美味しい名古屋カレーうどん。

追いメシでもしようかと考えているうちに汁まですっかり完食、完飲。

ごちそうさまでした。


えびすや名東店   
052-703-7855
愛知県名古屋市名東区名東本通3-26
営業11:00〜15:00,17:00〜21:00
定休:月

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

えびすや猫洞店@愛知県名古屋市千種区猫洞通

本日(201807)は愛知県名古屋市千種区猫洞通にあるえびすや猫洞店さんにお邪魔しました。

えびすや猫洞店(愛知県めんるい組合HPより)




こちらのえびすやさんもこぎれいなビルの1階にあります。

なんだか不思議な感じの関東風暖簾。

白が美しいですね。




店内テーブルに小上り。

机上には、えびすやグループの七味入れや爪楊枝淹れに箸袋。

スポーツ新聞があるのはうれしいが、全面禁煙。




メニューはこんな感じ。

あれっ!?きしめんがない…。




こちらはつまみですなぁ。

嗚呼一杯やりてぇ~。




こちらはドリンクメニュー。

嗚呼一杯やりてぇ~、が車で人と合う仕事…。

涙を呑んでお姉さんに「普通のきしめんはあるかね?」っと伺うと、「ありますよ!」っとこともなく承諾された。




きしめん。




具は油揚げに三つ葉。

三つ葉ってのは珍しいですな。私かなりありだと思いますが、好き嫌いが分かれそうですね。

汁はちょいと塩味が強く感じますが、旨みがあり美味しい。

麺ピラピラツルツル。

あっという間に胃の腑へ落ちていきました。

もう一杯なにか食べようかなっと思ったんですが、結構な人気店で開店時間から並びができるほどの盛況っぷり。

また来ることを誓って、本日これまで。




近頃屋号が入った器や箸袋を使う店が少なくなりましたが、こちらのえびすやさんはこの通り気持ちいいの良いそろえっぷり。

箸袋には手打ちそばの文字。

こちらは蕎麦がメインかな!?



屋号の入ったマッチは配っているが店内禁煙のえびすやさんでした。

ご馳走様でした。


(目次)えびすやグループメモ


えびすや猫洞店

052-782-4187
愛知県名古屋市千種区猫洞通三丁目29
アーバン北本山1F
営業:11:30~14:30,17:00~20:30
定休:水

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

えびすや日進通店@愛知県名古屋市千種区日進通

本日(201807)は愛知県名古屋市千種区日進通にあるえびすや日進通店さんにお邪魔しました。


えびすや巡礼シリーズである。

えびすや日進通店@愛知県めんるい組合




住宅街に突然現れるえびすや日進通店さん。




関東風暖簾の白が美しい。

えびすやのロゴは、一八さんみたいに商標登録しているのかな!?




店内テーブル席のみ。

スポーツ新聞が2種類もあるのが素晴らしい。

恐らく灰皿もあるのでしょうが、ランチタイムだったものでお願いしなかった。




メニューはこんな感じ。

花しんじょうがこちらの看板。




本日の昼ご飯全容。

天南丼ときしめん。

常連の年齢層もあるのか、お母さんに注文をしたら、「きしめんは普通の量でいい?ミニもありますよ。」っと心配されてしまったが、やはりここはデフォルトの物が食べたくて普通でお願いした。




天南丼。

海老天と長ネギを醤油ベースの汁で煮込んだものですが、これも絶滅危惧メニューで愛知県の麺類食堂でも出す店は少なく、過去の記事を見返すとかなりのお店が閉店している。

(目次)志乃田丼、木の葉丼、天南丼

まさにレッドリスト入りメニューである。




天南丼の海老天は特殊で、コロモ天と言っていいくらいの海老天でなくてはならない。

こちらもよく分かっていらっしゃるといった佇い。

もっともこの揚げたての海老天は天南丼には高級すぎるんですけどね。もっとモッタリしたコロモで冷えたやつを葱と煮込むのがいいんじゃないかと私は思っている。

貧乏人の食事は塩と油と小麦粉ってのは万国共通。日本の高度成長を支えた男たちの食べ物である。

嗚呼ぁ~、うめぇ。




きしめん。

具は表面を焼いたかまぼこに小松菜。油揚げが入ってないのも珍しいかな。




幅のそろった美しい麺だが、厚みがありビラビラっと啜る。

唇でスパスパ切れるような麺である。

汁は旨みがあり上品な味付け。

味噌汁がわりにはちょうどいい感じでした。


ボリュームも結構なものでしたがすんなりと胃袋に収まりました。

ご馳走様でした。




お会計時に大入り額をパチリ。

えびすや巡礼で初めてみたかな!?

こんなのを見つけるのも巡礼を楽しむ重要な要素。



えびすやグループ9店中4件制覇。

次はどこで何を食べましょうかね。

もっとも今回はきしめんをベースに食べ歩いているんですがね。

2週目はカレーうどんってのも決まってますし…。


(目次)えびすやメモ


えびすや日進通店
052-763-4300
愛知県名古屋市千種区日進通1-17-3
営業:11:00~21:00
定休:月


以下メニューとなります。

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

えびすや山手通店@愛知県名古屋市昭和区山手通

本日(201807)は愛知県名古屋市昭和区山手通にあるえびすや山手通店にお邪魔しました。


えびすや巡礼シリーズである。




昔ながらのきしめん屋さんと言うか、麺類食堂を回っているつもりなので、こんな建物が現れるとかなりビビってしまいます。

えびすや山手通てんさんはシンシアと言う商用ビルに入っております。

山手と言えば愛知県ではかなりおハイソなお土地柄。きしめん屋さんもこんなことになるんですなぁ。

シンシア

http://www.sinsia-yamate.com/floor/2-2ebesu/index.html




サンダル履きでは入り辛い雰囲気であるが、こちらは正真正銘のえびすや山手通店。




店内もワインが似合いそうな雰囲気であるが、手洗いがある所が昔ながらの麺類食堂って感じである。




七味入れはえびすやそのものであるが、湯飲みは銘が入っておりませんでした。




定食の小鉢は選択制。




冷たい麺ってのは味気ないですな。

やはり愛知県の麺類食堂はコロって言ってほしいものである。




きしめん。




汁は上品な薄味。

麺は心地よいツルツルピラピラ。


なんですが…、実は大雨で岐阜県の山が崩れ長良川に流れ込んだタイミングとぶつかりまして…。

長良川木曽川水系(20180717訂正)を使っている名古屋の水が悪かったんですよね…。

美味しいんですが、???っと感じてしまいました。

https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RCxBMyDE1bni8AMu.JBtF7?p=%E6%84%9B%E7%9F%A5+%E6%B0%B4+%E7%95%B0%E8%87%AD&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=%E6%84%9B%E7%9F%A5+%E6%B0%B4+&at=s&aa=&ai=TSJ81i8NQS6j_r9wuDxLvA&ts=8016




カレーうどん定食。




実に名古屋カレーうどんらしいカレーうどん。

カレースープの奥の深さを感じさせます。っが、???っと感じてしまう木曽川水系の恐ろしさ。




お子様セット(蕎麦)。




蕎麦がメインかな!?っと思うくらい色つやのいいそばなんですが、木曽川水系がぁ~。


水が落ち着いてからまた来ます!!



水が戻るのを気長に待ちましょう。


(目次)えびすやメモ


えびすや山手通店
愛知県名古屋市昭和区山手通3-24(シンシア2-4)
052-833-9906
営業:11:00~21:00
定休:

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

えびすや大治店@愛知県海部郡大治町長牧前田

本日(2018.07)は愛知県海部郡大治町長牧前田にあるえびすや大治店さんにお邪魔しました。




えびすやシリーズが始まってしまいました。


名古屋メシの一つにカレーうどんがある。

私が20年ほど前に愛知県に初めて足を踏み入れたとき、「カレーうどん」の幟がやたら多い街だなって印象を持った。

だいたいカレーうどんなんてもんはカレー風味の餡かけうどんって感じで、寒い日の出前で食うものってイメージがあり、夏場にカレーうどんを食べる奴なんざいるのか!?って暑い名古屋の街をふらついたものである。

っが、名古屋のカレーうどんってのが結構な代物で、旨いんである。肝心のスープは、夏場でも飲んだ〆にも非常によろしいビシッとしたスパイスが利いており、鶏がらの旨みに魚節の旨みまで入っている、まさにサービス過剰の名古屋を体現したようなスープ!?ルーであり、さらに讃岐うどん全盛期の昨今では考えられない太く柔めの麺はしっかりとそのスープを纏い、香りに、物理的に鼻腔をくすぐり、官能的な旨さを実感させる。

具に定義はなさそうだが、かまぼこと油揚げが入っている店が多い。この油揚げがまたカレースープによく合うのである。

名古屋カレーうどんwikipedia


そんな名古屋カレーうどんの発祥は若鯱家(現本店鯱乃家)。平成の初期名古屋で大ブレークしたらしい。

もともと名古屋の麺類文化は深淵である。麺と一言に言っても、うどん、そば、中華そば、きしめんに味噌煮込み(味噌煮込みのうどんは塩分が入っていない特殊な麺である。)と選択肢がある。つゆは醤油2種類、味噌2種類。出汁もきしめんにはこれってものがある。そこにカレーが加わり、新たな名物店、繁盛店が生まれ、名古屋の麺類食堂は栄枯盛衰を繰り返しさらに深いものになっていく。


関東に引っ越す前は一八暖簾会巡りをしていたんですが、たった3年東海を離れていたら結構な数の一八さんが暖簾を下ろしていました。餡かけパスタに混ぜそばおい飯と名古屋の麺類文化は進化しその深みをさらに増していっているのは素晴らしいですが、もう少しだけ流通網が、情報網がこれほど発達しておらず、名古屋”独自”の文化を保っていた頃の名古屋らしい名古屋を感じたいものである。

一八(いっぱち)のれん会メモ(2016/1/3)


話をカレーうどんにもどしまして、名古屋カレーうどんの御三家と呼ばれたかは知りませんが…、えびすやは有名だったらしい。

チェーン展開と言うか暖簾分け店が多数あり、現在も各店独自の歩みを続けている。

平成30年7月現在、えびすやさんの箸袋の裏には

栄店

日進通店

大治店

名東店

勝川店(平成30年6月)

猫洞店

山手通店

西尾店

[住吉]桑名店

の暖簾分け店があると書いてあり、やはり待ったなしで伺わなければと思ってしまった次第である。




そんな訳でえびすや大治店にお邪魔しました。




大箱の店内。カウンターにテーブル席に座敷がありまして、灰皿にスポーツ新聞がデフォルトであるノスタルジック食堂である。




えびすやは各店独自の進化をしているので、こちらのお店はえびおろしが名物となっております。




メニューはこんな感じ。

名古屋で昼時飲食店にはいると、何も考えず「ランチ」といえばて定食が出てくるものですが、えびすやさんはランチや定食がないお店が多いですね。




数は少ないですが、定食メニューもあり、気になったのがこちら「亭主おすすめ!しのだうどん定食」。

私の拙い経験で言うと”しのだうどん”も結構レッドリスト入りしそうなメニューなんですが、数少ない定食メニューにしのだうどんをいれる亭主のセンスってすごい。




カレーうどんの名店を訪れながら、きしめんをお願いする私。

現在訪問したことのあるえびすやさんは勝川店にこの大治店のみ。最初に伺った勝川店さんできしめんをいただいているので致し方がありません。えびすやシリーズは2週することにいたします…。




旨みのある汁にビラビラのきしめん。

具は小松菜に油揚げ。

かなりレベルの高いきしめんである。




奥さんのとりなんばうどん。

青いネギが名古屋って感じである。

葱を焼いてあるのが良いですね。麺の量もかなりの物。

つゆもやっぱり美味しかったです。




子供はお子様セット。




重箱ってのもなかなか見なくなりましたな。




汁も麺も美味しいえびすや大治店さんでした。

ご馳走様でした。



(目次)えびすやメモ


えびすや大治店
052-441-6588
愛知県海部郡大治町長牧前田3
営業:11:00~14:30,17:00~21:00
定休:木



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

えびすやグループメモ(201808)

名古屋メシの一つにカレーうどんがある。

私が20年ほど前に愛知県に初めて足を踏み入れたとき、「カレーうどん」の幟がやたら多い街だなって印象を持った。

だいたいカレーうどんなんてもんはカレー風味の餡かけうどんって感じで、寒い日の出前で食うものってイメージがあり、夏場にカレーうどんを食べる奴なんざいるのか!?って暑い名古屋の街をふらついたものである。

っが、名古屋のカレーうどんってのが結構な代物で、旨いんである。肝心のスープは、夏場でも飲んだ〆にも非常によろしいビシッとしたスパイスが利いており、鶏がらの旨みに魚節の旨みまで入っている、まさにサービス過剰の名古屋を体現したようなスープ!?ルーであり、さらに讃岐うどん全盛期の昨今では考えられない太く柔めの麺はしっかりとそのスープを纏い、香りに、物理的に鼻腔をくすぐり、官能的な旨さを実感させる。

具に定義はなさそうだが、かまぼこと油揚げが入っている店が多い。この油揚げがまたカレースープによく合うのである。

名古屋カレーうどんwikipedia


そんな名古屋カレーうどんの発祥は若鯱家(現本店鯱乃家)。平成の初期名古屋で大ブレークしたらしい。

もともと名古屋の麺類文化は深淵である。麺と一言に言っても、うどん、そば、中華そば、きしめんに味噌煮込み(味噌煮込みのうどんは塩分が入っていない特殊な麺である。)と選択肢がある。つゆは醤油2種類、味噌2種類。出汁もきしめんにはこれってものがある。そこにカレーが加わり、新たな名物店、繁盛店が生まれ、名古屋の麺類食堂は栄枯盛衰を繰り返しさらに深いものになっていっている。


話をカレーうどんにもどしまして、名古屋カレーうどんの御三家と呼ばれたかは知りませんが…、えびすやは有名だったらしい。

チェーン展開と言うか暖簾分け店が多数あり、現在も各店独自の歩みを続けている。

平成30年7月現在、えびすやさんの箸袋の裏には


栄店(総本店)(平成30年8月)

きしめん カレーうどん


日進通店(平成30年7月)

きしめん カレーうどん


大治店(平成30年7月)

きしめん かれーうどん


名東店(平成30年7月)

きしめん カレーうどん


勝川店(平成30年6月)

きしめん カレーうどん


猫洞店(平成30年7月)

きしめん カレーうどん


山手通店(平成30年7月)

きしめん カレーうどん


西尾店

きしめん カレーうどん


[住吉]桑名店

きしめん カレーうどん


と9店舗あり、お子様気質が抜けていない私は、ついコンプリートを目指してしまった…。


複数訪問はリンク先訪問履歴からお願いします。

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ