FC2ブログ
愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場でタンメン@中国飯店(浦安魚市場、 千葉県浦安市北栄)

本日(20180120土)は千葉県浦安市北栄、浦安魚市場にある中国飯店にお邪魔しました。


浦安魚市場

http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/


浦安中国飯店

http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/storeinfo/chuugokuhanten


浦安魚市場は食堂が3店。

よっちゃん食堂。

中国飯店。

味館食堂。

となっております。


よっちゃん食堂を後にしまして、〆の炭水化物をどちらのお店にしようかな!?っと両店の前にあるメニューを眺める。

両方行きたいんですが、胃袋の隙間も、女房子供が起きるまでの時間も少ないもので、残り一店が限界である。


味館食堂さんの前には海鮮丼のテイクアウトが並び、日替わりメニューに目鯛があったり、市場に来たらやっぱり!っとは思うんですが…。




店内を覗くと本職の方々がビールを飲んでいる姿を見てしまったので中国飯店さんにお邪魔することにします。




店外のメニューを熟読します。

まあ初めてのお店だし、一番安いラーメンかな!?

市場の中華屋さんのチャーハンってのも旨いんですよね。




本日定食に日替わりまであるのか!?

揚げたてのカキフライより旨いものってのもそうみつからないよなぁ~。

なんて、結局何を注文するか決まらないまま入店します。




店内の短冊を見ながら、豚足で一杯やってからラーメンかな!?なんて考えていると、「おはよ!今日はタンメン二つ!」っと本職の方が出前の注文をしていきました。

つい「こっちもタンメン!」っと乗っかってしまいます。

幼いころお袋に「人が食べてるものを欲しがるんじゃありません。」っと言われたのを思ひだしてしまいます。




店内カウンターにテーブル。

着席するとお水が提供され、スポーツ新聞に灰皿、基本調味料がたくさんあることを確認し、間違いない店と判断する。

清潔な店内も気持ちがいいです。




常連の方に乗っかったタンメン。

人参に技がしてありました。




優しい味わいのスープにちょいと柔めの麺、しっかり煮込まれた野菜達が、しばれる朝の市場をほっこりと温めてくれます。

机上に酢が無かったので、酢をもらいかけまわしてフィニッシュ。

チャーハンも行っちゃおうかな!?って思うくらいあっという間に完食。


ご馳走様でした。




かなり私が求める市場の雰囲気が残っている浦安魚市場を後にします。


(目次)市場で朝ごはん


中国飯店

http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/storeinfo/chuugokuhanten

047-351-5834

千葉県浦安市北栄(浦安魚市場)

営業:5:00~12:30

定休:浦安魚市場に準ずる


スポンサーサイト



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で江戸前天麩羅@よっちゃん食堂(浦安魚市場、 千葉県浦安市北栄)

本日(20180120土)は千葉県浦安市北栄、浦安魚市場にあるよっちゃん食堂にお邪魔しました。


浦安魚市場

http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/


よっちゃん食堂

http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/storeinfo/yocchansyokudou




プライベートイブニングパーティーの次の日。

女房子供はホテルで熟睡中です。

そうなればお父さんは市場に直行です。

浦安魚市場初上陸。





とりあえず駐車場に併設されている喫煙所に行ってみると本職の方々が荷物を積み込んでいます。





営業時間も朝の4時~12時までっていうとかなり素人は入りにくい感じ…。




っと思ったら、MAPまである一般客も受け入れる感じ。






市場を覗くと小売りも充実していて、かなり一般に開かれた市場でした。





浦安名物の浅蜊の佃煮も量り売りで購入。





漬物関係も小分けで売っております。

市場を一回りし、鮪に佃煮、漬物、なまこなどを購入し。





よっちゃん食堂にお邪魔することにします。





店に入るや否や、こんな樽を見た日にゃぁ~。



飲まずにいられません。

冬場のキンキンに冷えたビールで朝の渇いた喉を潤します。






ちょいと落ち着いたところでメニューを眺める。

ハの時のカウンターの調理場側には値段が違う焼き魚がショーケースに鎮座しておりました。




ビールを飲んじゃったんで、つまみもビールに合うようにと…。

「天ぷら盛り合わせってのは何だね!?」っと伺うと、「江戸前は魚がメインですね。大体1.5人前。今日は穴子にキスに目ごちと野菜。量が多いなら単品でもできますよ。」ってなことなので、「目ごちとキスをお願いします。」っとお姉さんに言ってみる。




江戸前天麩羅単品(キス1、目ごち2)。




揚げたての天ぷらってのは旨い。

写真を撮るのもモドカシク、サクッとビールで流し込みます。



ちょいとつまみが足りないので、常連さんの頼んだ”サラダ(ポテトサラダ)”に乗っかることにした。

当然の理で常連さんは味も見ずソースをかけまわしておりました。

「年明けは一般の人がいないから静かだね!」なんて会話を聞きながらご馳走様でした。



番付表を見ると谷町ではなさそうなよっちゃん食堂さんでした。


(目次)市場で朝ごはん


よっちゃん食堂

http://www.urayasu-uoichiba.ne.jp/storeinfo/yocchansyokudou

047-351-5751

千葉県浦安市北栄1-10-20


4:30~11:00

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

中村家@埼玉県さいたま市浦和区高砂

本日は埼玉県さいたま市浦和区高砂にある中村家さんにお邪魔しました。


浦和と言ったらうなぎ!

やなせたかし氏が書いているのでユルキャラ!?っとは言いにくいが、マスコット『浦和うなこちゃん』まで用意したくらい鰻が有名です。




そんなうなぎ屋さんが多い浦和で老舗の一つに数えられる中村家さん。

建物がすでに老舗ってかんじです。




なんとなくかねよを思い出してしまう私。


実は我が家にしては珍しく予約を入れております。

焼きあがるのに40分くらいかかるとのことで、子連れの身としては鰻の注文を済ませたのですが、「お食事の前にお酒は召し上がりますか?」と、結構厳密に時間を聞かれました。




なので入店後名前を伝えると個室に通され、とりあえず熱燗とおつまみは何ができるかね?と聞き、お願いしたものでメニュー写真なし。

袴をはいてる熱燗ってのも久しぶりだ。




一品料理のメニューは骨せん、うざく、肝煮、胡麻和え、うな煮、甘酢漬け、燻製、お新香。

うな煮とは何かね!?と聞いたらに凝りだと言うのでお願いすることに。




うな煮(に凝り)。

寒い時期なので歯触りも良いですが、ヌク飯に乗っけて溶かしながら食べても旨そうですね。

いいつまみです。




甘酢漬け。

鰻の南蛮漬けですね。こちらも酢加減がよろしく、子供と奥さんに取られてしまいました。




お新香。

マウンテンと叫びたくなるくらいの白菜。

食べきれるかなとも思ったんですが、初旬は白菜、中旬はキュウリ、最後は大根がおいしく感じてお代わりしたくなるくらいの塩梅でした。




呑み始めて15分きっかりで配膳されるうなぎ。

この蓋はなきゃいけないですよね。

最近蓋をしないお店が多くてさみしいですな。




蓋をあけた瞬間に香りのご馳走。

肝吸いの出汁の香りも素敵です。




色目にたがわぬ辛口のうなぎ。

これだけ甘みを抑えたタレってのも珍しい。




肝吸いはそう塩辛い訳ではないんですがね。




当然のごとくお新香もついてきました。




熱燗を追加したら徳利が変わっておりました。

器にもこだわりがありそうな中村家さんですね。



ご馳走様でした。


中村家
048-822-4993
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-2-12
営業:11:30~14:00,17:30~20:30
定休:日,祝

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

つくば本店@埼玉県さいたま市大宮区大門町

本日は埼玉県さいたま市大宮区大門町にあるつくば本店さんにお邪魔しました。




埼玉県は大宮駅。

埼玉で大きな町と言えば、大宮と浦和であるが、大宮と浦和の間には深くて暗い川がある…。




とりあえず大宮はアルディージャの街。




アルディージャを応援するすずらん通りの関所のような場所につくば本店はあります。




おにぎりを購入し駅に向かう人も多いですね。




私はゆっくり店内でいただこうと思います。




メニューはこんな感じ。

立ち食い蕎麦の基本を押さえた感じですが。




私はもっぱら天玉そば。



かき揚げをしたし蕎麦からいただきます。

モソモソの蕎麦を出汁と共に口中に放り込みマリアージュ。

出汁を吸いまくった衣がまた旨い。

半分ほど頂いたら卵を崩し味変を楽しみます。

ゆっくり頂こうと思ったんですが、立ち食い蕎麦の神髄に触れるには時間も重要な要素になります。

ザザッと啜りこみご馳走様でした。





熱いものはしっかり熱く!小生も激しく同感である。



営業時間がだいぶ変わりましたな。

街も亭主も年を取ったって感じでしょうか?

末永く続いてほしいお店である。


訪問履歴

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-2537.html


つくば本店
048-641-9022
埼玉県さいたま市大宮区大門町1-17
営業時間:5:00~23:00
定休:無

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で中華@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20170113土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、浦和卸売市場にある一休さんにお邪魔しました。


http://urawa-ichiba.com/




私のホーム浦和の市場で馴染みの一休さん。




注文を済ませ、スポーツ新聞でご機嫌。




本日は中華丼にしました。

なんたって寒い日だったので汁物にしようかとは考えたのですが、餡かけのほうがあったまるかな!?って算段です。




あっつあつの中華丼。

味付けは折り紙付き。さらにこちらは具だくさん。

体も心も温まる一品。




年が明けても二種類の漬物は健在。




そして何よりのご馳走味噌汁。

なによりこちらは中華スープか味噌汁か選べるのに、私が座れば味噌汁が出てくる優越感…。


ササっと頂き、ご馳走様でした。



一見さんをないがしろにするって思われたって、常連にならなければ味わえない店の味もあるって考えながら浦和卸売市場を後にします。



(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:6:30~13:00(l.o)
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

炒飯@一休

中華丼@一休

ワンタン@一休

みそラーメン@一休

玉子丼頭@一休

中華丼頭@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

納豆定食@一休

炒飯@一休

冷やし中華@一休

炒飯@一休

ニラ炒め@一休

ソース焼きそば@一休

ニラ炒め@一休

ニラ炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

炒飯@一休

ワンタンメン@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でミックスフライ@さか本(埼玉県中央市場、埼玉県さいたま市桜区桜田)

本日(20170113土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、埼玉県中央市場内にあるさか本さんにお邪魔しました。


明日から1月場所。

土俵祭りやらふれ太鼓やら、両国界隈では私の好みのイベントがあり、去年は朝は築地で一杯やって、そのまま国技館に行って土俵祭りを拝見させていただいたのが夢のようですな。


築地場内高はしさんも再開されたって言うのに…、今年はなぜか足が向きません…。

http://masaru0923.hatenablog.com/

もっとも私、高はしさんに伺うのは平日の遅い時間が多いのですが…。

きんき煮付、小鉢、胡瓜味噌漬@高はし



そんな私が初場所前に伺ったのはホームである埼玉中央市場。

いやぁ~、さぶい。

ちょいと遅めの7時につきましたが道路が凍っておりました。




とりあえず幸せの階段を登ります。




メニューが平成30年から変わったさか本さんですが、メニュー写真を撮りませんでした…。

前記事参照

https://blog-imgs-118.fc2.com/h/a/l/hal9000se/fc2blog_201801061641026b1.jpg

なんたって大御所がたくさんいまして…、カメラを振り回せる状態じゃなかったんですよ!!

よって本日のお勧めもありません…、っが、さか本三品定食は今日もありませんでした。




とりあえず熱燗です。




漬物は三種類になったようですね。




本日はミックスフライのおかずだけ。

アジフライに醤油ってのがマイブームなんですよね。

議論されつくしただろうアジフライに醤油かソースなんですが…、両方楽しんだ奴の勝ちってのが私の結論です。




なんたってここはやっちゃば(野菜市場)。野菜高騰のこの世の中でも野菜はふんだんです。


ゆっくり頂いてご馳走様でした。



年末を過ぎまったりとした市場を散策します。



(目次)市場で朝ごはん


さか本

埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

もつ煮込み、冷奴@さか本

さか本三品定食@さか本

あこうだい焼魚@さか本

さんま丸干し定食@さか本

炒飯@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグと海鮮しゅうまい@さか本

さか本三品定食、冷し山菜うどん@さか本

さか本三品定食@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

目玉焼き定食@さか本

餃子と目玉焼き@さか本

ラーメン半ライス焼肉付@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグとメンチカツ定食@さか本

さか本三品定食@さか本

さか本三品定食@さか本

目玉焼き@さか本

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で炒飯@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20180106土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、浦和卸売市場にある一休さんにお邪魔しました。


http://urawa-ichiba.com/




初荷は1月の5日。

すでに初荷の幟は片付けられております。

築地の鮪の初競りや去年の築地観光や一昨年の築地かとうさんの閉店などいろんなことが思い返されます。



現在私のホームと言えば埼玉中央市場であり、年明け最初の訪問で浦和卸売市場の一休さんに伺わない訳にはいきません。




こちら一休さんはお水、お茶はセルフサービスなんですが、本日は私のなんとなく寂しそうな姿を察してか!?奥さんがお茶を出してくれました。




一休さんと言ったらチャーハン。

中華スープか味噌汁か選ぶことができますが、何も言わずとも味噌汁が提供されます。

こんなサービスが身に染みる年明け一発目のホームである埼玉魚市場訪問である。




私の好み直球ど真ん中のチャーハン。

相変わらず旨い。




今時少なくなった漬物2種類も嬉しい。




そして和風チャーハンと言ったら味噌汁である。

寒い冬場の市場でこれほど旨いものもない。


ササっと頂きご馳走様でした。



今年は私的に変化の年。

あと何回うかがえるか…。


(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:6:30~13:00(l.o)
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

炒飯@一休

中華丼@一休

ワンタン@一休

みそラーメン@一休

玉子丼頭@一休

中華丼頭@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

納豆定食@一休

炒飯@一休

冷やし中華@一休

炒飯@一休

ニラ炒め@一休

ソース焼きそば@一休

ニラ炒め@一休

ニラ炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

炒飯@一休

ワンタンメン@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

立呑所なごみ@埼玉県さいたま市大宮区大門町

なぜこんなエントリーが…。


あけましておめでとうございます。

年末年始はRLR(食堂)、市場と共に休業中なので寂しいですな。

RLR(食堂)も市場も5日が正月明け。

築地のマグロ初セリの話題を聞いてから営業が始まり、本格的な営業が始まるのは成人式が終ってからって感じですね。


そんな訳でしばらくは”いったいいつの話やねん!?”ってエントリーが続きます。

新年を迎えブログの大掃除が始まったって感じな訳ですな。




そんな訳で立呑処なごみ。

自分でもいつ行ったか覚えていないくらいでございます…。




正直料理に季節感があるって訳でもなく。




変わった料理がある訳ではありません。

葱チャーハンは初めてみたかな!?




私の注文も変わりがありません。




大阪焼き100円。

大阪の方が見たら怒り出しそうな代物ですが、これが旨い。




ニンニク焼き。

カウンターに持っていくとレンジでチンしてから、辛味噌を添えてくれます。




お料理を追加いたしまして、鰯の味醂干しに茄子の漬物。

味醂干しってのもあんまり家で食べないもんですな。しみじみ旨し。

茄子にはからしをつけるってのが私流。これも酒を進ませます。




そんな訳で熱燗追加。

更にセロリをお願い致します。マヨネーズをつけますか?の声にアーもウーもなくお願いします。




しっかりと七味を振っていただきます。

ご馳走様でした。



大宮駅前にはスタンディングバーがそこそこあるんですが、ここが私の隠れ家な訳です。

またよろしくお願い致します。


訪問履歴

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-2536.html

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-1216.html

立呑所なごみ

埼玉県さいたま市大宮区大門町1-72
営業:10:30~23:00
定休:第1、3日

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でラーメン・野菜ととりから入り@さか本(埼玉県中央市場、埼玉県さいたま市桜区桜田)

本日(20170106土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、埼玉県中央市場内にあるさか本さんにお邪魔しました。




築地に行こうかと思ったんですが…、行きつけって言えるお店も無くなってしまったので、お年賀をもらうのもどうかと考え、とりあえずホームの埼玉県中央市場に来ました。




びっくりするくらい人が少ないですね。

年末のあの喧騒が嘘みたいです。




私もいまいち気持ちが盛り上がらずとぼとぼと階段を登ります。




ホームといっても3カ月ぶりのさか本さん。

前回お邪魔した時はフランクフルトに目玉焼をいただき、いろいろ感慨深いものがありましたが…。

久しぶりのさか本さんの木札メニューを眺めると目隠しがいくつかありますね。

酒のつまみがいくつかあったんですが、そちらはなくなった様子。

きびなごのから揚げは食べておけばよかったと新年一発目の後悔となりました。




本日のお勧めメニューにさか本三品定食がない!

そして何より値段がだいぶ下がった気がします。




メニューがだいぶ変わりました。

ちなみに以前のグランドメニューはこちら

お姉さんに「メニュー変わっちゃったの!?」っと伺うと、「以前のメニューも注文していただければできますよ!」との頼もしいお答え。

私の拙い経験から言うと、食堂がメニューを絞り始めるってのはあんまりいい傾向じゃないんですよね…。




スポーツ新聞の部数も減らしたのかな!?

普通の新聞がなんとか残っておりました。

灰皿と基本調味料たくさんは以前と変わらずあって安心。




とりあえず熱燗をお願いし、心を落ち着け本日のメニューを考える。




お通しの漬物は豪華になったのかしらん!?それともお正月だからですかね。




悩んで悩んで悩んだ結果、ラーメン・野菜ととりから入りをお願いしました。

ドカッと乗った野菜炒めに、胸肉のとりから。

本日はこちらで熱燗をやっつけます。

つ~か、これで430円でいいの!?って感じですな。




麺が自家製麺から外注に変わったとお詫びが記載されていましたが、けっして悪くありません。

ずずっと啜ってご馳走様でした。


美味しかったんですが、朝酒のお供にはちょいと寂しく感じてしまう私。

もっとも朝から市場で酒をあおる奴が悪いんですけどね…。



なんとなく寂しくて、空いたスポーツ新聞を確保し長居してしまう私。

なんかどんどん居場所がなくなりますなぁ~。


(目次)市場で朝ごはん


さか本

埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

もつ煮込み、冷奴@さか本

さか本三品定食@さか本

あこうだい焼魚@さか本

さんま丸干し定食@さか本

炒飯@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグと海鮮しゅうまい@さか本

さか本三品定食、冷し山菜うどん@さか本

さか本三品定食@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

目玉焼き定食@さか本

餃子と目玉焼き@さか本

ラーメン半ライス焼肉付@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグとメンチカツ定食@さか本

さか本三品定食@さか本

さか本三品定食@さか本

目玉焼き@さか本

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でコーヒー@AMA CAFE(東京都中央卸売市場葛西市場)

本日(20180105金)は東京都江戸川区臨海町、葛西市場にあるAMA CAFE(天野商店)さんにお邪魔しました。



小池寿司さんを飛び出まして、宿題店を確認しますが、やはりまだやっていない…。

そのまま帰れば家内安泰なんですが…。




もう一つの宿題店、天野商店さんにお邪魔します。

店名はAMA CAFEですかね!?




店内カウンターを挟んで煙草が並び、カウンターには菓子パン、総菜パン、おにぎりとずらっと並んでいます。

奥にはペットボトル各種。




どこでもそうですが、カップラーメンってのが幅を利かせていますね。

ゆで卵に手が伸びそうになるのを押さえて、コーヒーを注文します。

「コーヒーは淹れたて?缶コーヒー?パック?」っと至極当然な質問をされ、「淹れたてでお願いします!」

埼玉県内ではあまり見ないプルームテックのパフもお願いします。




車の中で飲めばいいのに、やっぱり店の脇にあるテーブルでいただいてしまいます。




冬のやっちゃばで淹れたてコーヒーってのがまたいいもんです。




飲料水を売っているってことは、そう古いお店じゃない気がしますね。

ご馳走様でした。



仙泉さんは仕込みが始まったところかな!?

とりあえず私はホテルに駆け戻ります。


AMA CAFE(天野商店)

03-3878-2017
東京都江戸川区臨海町3丁目4-1(葛西市場内)

営業

定休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ