愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
鳴鳳 @埼玉県さいたま市桜区田島

本日は埼玉県さいたま市桜区田島にある鳴鳳さんにお願いしました。


定型文

現在ブログの整理をしております。

なぜか公開せずに眠っていたエントリーを呼び起こしていたりしますので、ご注意ください。

取り扱っている題材が題材だけに、もしかしたら存在しないものも…。

訪問の際はご確認ください。





さいたまのはずれ、西浦和駅にほど近い田島団地内にある鳴鳳さん。

近所にはさいたま名物トーフラーメンの幸陽さんもあります。




以前は食品サンプルだったんでしょうか!?

ショーケースは祖母の家の雰囲気が出ております。




店内こんな感じ。

テーブルに小上り。

本日は子連れなので小上りを陣取りました。




机上には基本調味料に灰皿。

昔ながらの中華料理屋さんですね。




街の中華やさんの面持ですが、メニューがかなり充実していますね。




アオマメエビってなんだろう!?




カツ丼にカレーが出てくるとちょっと安心しますね。




安心してラーメン炒飯セット。




胡麻が滅茶苦茶聞いてますね。

色味ほど濃くはない味付け。




ラーメンは純関東風、

具にチャーシュー、シナチク、ナルトに青菜!これぞ懐かしのラーメンです。

ナルトに青菜が載ってるラーメンってのもホント見なくなりましたね。



麺は柔め、スープは漆黒。こちらも色目ほど濃い味付けではなく、すっきりと頂きました。

昔々店屋物を家族で取った頃のラーメンがここにありました。


ご馳走様でした。


鳴鳳
048-862-7388
埼玉県さいたま市桜区田島6-2 
営業
定休


スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

秋月@埼玉県さいたま市南区白幡

本日は埼玉県さいたま市南区白幡にある秋月さんにお邪魔しました。


定型文

現在ブログの整理をしております。

なぜか公開せずに眠っていたエントリーを呼び起こしていたりしますので、ご注意ください。

取り扱っている題材が題材だけに、もしかしたら存在しないものも…。

訪問の際はご確認ください。




この通りを通るたびに気になっていたお蕎麦屋さんにやっと伺う機会に恵まれました。




営業時間は不明だが、どうやら通しでやっているみたいなので、昼酒を蕎麦屋で楽しむにはもってこいっぽかったんですが、なぜか入るのは初めてである。




関東風暖簾をくぐると。




昭和な雰囲気が展開されております。

店内テーブルに小上り。

小上りは使用できない感じだったので、本日はテーブルを陣取ります。

スポーツ新聞に灰皿が泣かせます。

(訪問日はスポーツ新聞の内容でご察しください…。)




最近見なくなった献立表をしみじみ眺め。




机上のメニューで昼飯の構成を考えます。

ラーメンにたぬき丼、きつね丼と私の琴線を震わせるメニューがたくさんありますねぇ~。




昼呑みがメインかと思ったら、おつまみはそう多くない模様。

常連になったらいろいろ作ってくれるのかしらん!?




とりあえずラーメン。




純和風だしの優しい味わい。麺が柔目なのもノスタルジック食堂の証。

具はチャーシューになるとシナチク海苔にさやいんげん。




そしてたぬき丼。

お新香小鉢味噌汁のついた豪勢なもんです。

刻んだナルトが入っているのも好印象です。



調子づいておかめそばもお願いしました。

ラーメンとは好対照の濃い目の味付け。





なんとなく顔に見えますかね!?




ずずっとやっつけて、あっという間にご馳走様でした。

やっぱ蕎麦前をやらないと寂しいですね。

蕎麦は一杯やってから手繰りたいものです。



あまりにも懐かしいので消すに消せない画像。

怪我をしっかり治して横綱の重責を果たしてもらいたいものである。


秋月
048-864-6123
埼玉県さいたま市南区白幡4-12-27
営業
定休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

平澤かまぼこ@東京都北区岸町

本日は東京都北区岸町にある平澤かまぼこさんにお邪魔しました。


現在ブログの整理をしております。

なぜか公開せずに眠っていたエントリーを呼び起こしていたりしますので、ご注意ください。

取り扱っている題材が題材だけに、もしかしたら存在しないものも…。

訪問の際はご確認ください。




土砂降りの雨の中、王子駅のすぐ近くにある平澤かまぼこに逃げ込みます。




戸板一枚で天国と地獄に分かれます。

もう関東のおでんと言ったらこれ!って感じの香りに包まれ、すでに幸せでございます。




店内こんな感じ。

カウンターの上には基本調味料やら、テイクフリーの漬物やら、とにかくサービス精神旺盛のお店です。




とりあえず熱燗をお願いすると、コップ酒におしぼりお通しまで出てきます。




すでに何をお願いしたか覚えていないんですが、何品かお願いして熱燗をすする。




お母さんと常連さんのお話に聞き耳を立て、お店の成り立ちや現状などを知る。



突然の電話があり、天国から地獄へ向かうことになりました。

またお邪魔します。ご馳走様でした。


捨てるには惜しエントリーだと思ったんですが…、こんなもんですわ!


平澤かまぼこ
03-5924-3773
東京都北区岸町1-1-10 NUビル 1F
10:00~22:00(L.O)
定休:日祝

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

るーぱん熊谷BP店@埼玉県熊谷市肥塚

本日は埼玉県熊谷市肥塚にあるるーぱん熊谷BP店にお邪魔しました。

http://www.ru-pan.com/index.html


掲載日と訪問日が激しく異なるブログです。訪問の際は必ずご確認ください。って良く書くんですが…。




平成29年9月23日(土)国民の祝日、秋分の日。

雨も上がって朝酒を飲もうとやってきた私が馬鹿ですね…。

ご確認ください。

http://urawa-ichiba.com/




傷心のままスポーツ新聞を求めて喫茶店に向かったりします。




スポーツ新聞に煽られてこんなところに来たりする訳でして…。

正直、誰を応援していいか分からない14日目。

とりあえず大きく育つように子供をお相撲さんに抱っこしてもらうために向かったような感じ。




気を取り直して最近埼玉県民熱愛グルメと名高いるーぱんさんにお邪魔しました。

聖地巡礼の旅シリーズですね。

もっともるーぱんは本店と銘を打っておらず、経営するゴンドラ株式会社が行田市にあるので、一番近い熊谷BP店を本店と勝手に決めてしまったんですが…、まともな情報源を目指してはいるんですが…、このブログはこんなものです。

まあ1号店は熊谷だったので、あながち間違いは…、でもこれ以上調べるのも…、こんなものです…。




私も埼玉県民だったのですが、地元のピザ屋さんくらいのイメージしかなく、県民食なんて思ったこともありませんでした。




前オーダーだったっけな!?っと思うくらい久しぶりに訪れるるーぱん。




これだけメニューがあるとレジ前で長い時間並びそうだ…。

この日もレジ前には結構な列ができておりました。

手洗い場があるってのはRLRの証かな!?




意を決してレジに行くと、ランチまであったりして、再び悩んだりします。




店内こんな感じ。

古き良きアメリカにあこがれていた頃の日本があります。

柳屋のポマードの香りを振りまいて、リーゼントのお兄ちゃんが入ってきそうだ。

カルコークやペパーミント、クリームソーダを奥さんに説明しても切ない話だ。

http://cal-coke.com/

http://www.pepjp.com/

http://www.cream-soda.jp/

ちなみに私中学時代よりペパーミントの皮ベルトをしており、先日とうとう使用に耐えきれなくなり新しくあつらえようと原宿に行ったのだが、現在ベルトは貫禄のあるサイズしか売っておらず諦めた次第であります。



ドリンクバーやスープバーはなかった気がするんですけどね。




セルフサービスのお冷はレモン入り。

レモネードが入っているようなサーバーがまた泣かせますね。

コップの積んであるとレイがまた何とも…。




レジで注文を済ませ、ドリンクバー、スープバーの器をトレイに載せて席に着きます。



テーブルにもメニューがあり、また悩んだりします。



レジでチェックし、ドリンクバーですが、配膳はウエートレスさんがやってくれます。

子供にお子様メニューのピザセット。

おにぎりがつくってのが、古き良きアメリカに憧れていた頃の日本の食生活ですなぁ~。





ランチセットのサラダ。




ランチの選べるサイドメニューはカットピザにした。

ちなみに選べるサイドメニューはカットピザ、ポテト、パン、ハーフドリア、バターライスから選べる。

ピザ屋にご飯があるってのも古き良きアメリカに…。昔はご飯食べないと飯食った気がしなかったんだよなぁ~。しみじみ。




奥さんの頼んだパスタ。




そしてるーぱんの”スパゲティ”と言えばボンゴレの赤。

既に美味い不味いではなく、昔を思い出すトリガーになる一品。


40代の友人たちとまた来たいですね。

青春時代のおもひでがぽろぽろこぼれ出るお店でした。


ご馳走様でした。



ちなみに本日の食生活である。

時代は変わり、気づかないうちに自分も変わっているようである。


(目次)聖地巡礼


るーぱん熊谷BP店

http://www.ru-pan.com/index.html
048-651-5077
埼玉県熊谷市肥塚734
営業:10:30~24:00(23:30lo)
定休:無

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

ぎんねこ@埼玉県さいたま市浦和区仲町

本日は埼玉県さいたま市浦和区仲町にあるぎんねこさんにお邪魔しました。


さいたま市になる前は浦和市と言って、県庁所在地・おハイソな方々が住むイメージがある現浦和区。

今でもその風潮は変わらず、子供の学力を上げたければ浦和に住めと言われたりする。

なにもない埼玉県のなにかある町である。




昔は華やかだったんだろうなと思われる通りに、さいたまでノスタルジック食堂をほっつき歩くには避けて通れない店があります。




それがぎんねこ。蕎麦の暖簾が下がっておりますが、創業当時はシルバーキャットという洋食!?喫茶店!?だったらしい。同じく埼玉にあるカフェから大衆食堂に変貌を遂げたカフェ・パリーを彷彿させる老舗である。

平日の昼間しかやっていないので、なかなかお邪魔する機会に恵まれませんでしたが、やっと暖簾をくぐれました。



テーブル席の店内はエリートサラリーマンで満席。ランチ戦争の真っただ中。

相席が基本で、お姉さまたちが席を指定してくれます。




周りを見渡しても杯を傾ける諸先輩方は見当たりません。

こんな雰囲気のお店でメニューに迷うのは野暮ってもんですよ!っと、座るや否やお姉さんに注文をお願いする。




冷やしタヌキ小カレーセット。

この雰囲気の中でお盆に乗ったセットを食べられるなんて、思わず昇天しそうである。




シンプルイズベストなカレー。

男性客がターゲットのパンチの利いたもの。

小カレーを頼んだつもりなんですが…、っと思うほどボリュームもあります。




そして冷やしタヌキ。

キャベツ、胡瓜の浅漬けが載っているのは初めてですね。

こちらもかなりのボリューム。

世界に類を見ない経済成長を支えた昭和の男たちの胃袋を支え続けた一品である。


テーブルを見渡してもわさびがなく、ちょっと寂しいなと思っていたら、「わさび頂戴。」っと声がかかり、お姉さんが皿に落としていってくれるシーンを目撃し、すかさず「こっちもお願い!」っと声をかけることになりました。


ボリューム満点なので、ちょいと手古摺りましたが、長居は無用。

ササっと食べて、ご馳走様でした。



次回はカツカレーの頭で一杯やりたいですね。

またお願いします。


ぎんねこ
048-822-4751 
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-13-17
営業:10:30〜14:00
定休:土日

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

天つま@かきつばた1,2番ホーム(JR名古屋駅)

ブログを整理し始めたんですが、下書きの中にこんな画像が…。

捨てるには忍びないエントリーなので、時空を超えお届けします。

掲載日と訪問日が激しく異なるブログです。訪問の際はご確認ください。



久しぶりのJR名古屋駅。

JR名古屋駅に着いたってことは、かきつばたさんの天つまを啜るってことになるわけです。




そして本日は確かめたいことが…。

7・8番線ホームにあったかきつばたさんは平成28年3月31日をもって閉店いたしました。

まだ開いているかな!?っていう馬鹿げた期待と、次の店はどうなったかな!?っていう期待と、複雑な感情を抱きながらかきつばたさんの跡地を確認しに行きます。

かきつばた7・8番店(平成28年3月31日閉店)




あれっ!?

こんな場所だったっけな!?




あれっ!?

建物さえ見当たらない…。

どうなってしまったんでしょう!?かきつばた情報をお持ちの方はコメントしていただけると幸いです…。




腑に落ちないんですが、1・2番線ホームのかきつばたさんに向かいます。



好きなものが、そこにある幸せ。

かきつばた1・2番線ホーム店、元気に営業中。




セットメニューも充実しているんですが。




私はお姉さんの手を煩わせて熱燗に天つま。




メニューにないものをお願いするので、厨房を覗きこみ、お姉さんのお手すきを狙い注文します。

葱を汁に浸して軽くつまんで熱燗をキュー!なんてことでかき揚げに汁がしみこむ時間を楽しみます。

ふやかしたかき揚げに卵を絡めて口に含めば、「嗚呼名古屋っていいなぁ~」っとしみじみ思ったりします。

今日も美味しかったです。ご馳走様でした。



訪問履歴

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

きしめん@かきつばた1,2番ホーム


かきつばた
052-581-1235
営業時間7:00~21:30 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で玉子丼頭@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20170909土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、浦和卸売市場にある一休さんにお邪魔しました。



さか本さんで皿をいただき、市場をふらふらします。



お買い物を済ませ一休さんで、一休みしたいと思います。




本日は狙い撃ちで来ております。

「玉子丼の頭お願いできますか?」

お姉さんの反応が一拍空いたってことは…、あまりお願いする人はいなんでしょうか?




ちょっと調子づいちゃったかな!?とドキドキする小心者の心を癒すビールにお通し。





お茶にはお茶菓子、お酒にはつまみ。

日本の食文化って素晴らしい。




ドキドキしなが待っていましたが、お姉さんが笑顔で配膳してくれて、こんな感じになりました。




玉子丼頭。

三つ葉が載ってるだけで幸せを感じますね。

出汁はキリッと聞いていますが、優しい味付け、お酒にも合うんですが…、やっぱりご飯が欲しくなりますね。

わざわざ頭を頼んだ奴が言うこっちゃないですね。

ササっと頂き、ご馳走様でした。



お料理にもサービスにも満足して市場を後にします。



(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:6:30~13:00(l.o)
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

玉子丼頭@一休

中華丼頭@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

納豆定食@一休

炒飯@一休

冷やし中華@一休

炒飯@一休

ニラ炒め@一休

ソース焼きそば@一休

ニラ炒め@一休

ニラ炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

炒飯@一休

ワンタンメン@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でさか本三品定食@さか本(埼玉県中央市場、埼玉県さいたま市桜区桜田)

本日(20170914土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、埼玉県中央市場内にあるさか本さんにお邪魔しました。




最近築地に行ってないなぁ~、とは思いつつ、本日も地元の市場へ向かいます。

築地に通っていたのは去年の12月のこと…。かとうさんが暖簾を下ろして9カ月もたつんですね。いろいろ感慨深いものがあります。




そんな感慨深い朝を癒してくれるスポーツ新聞に灰皿。




さて本日は何にしましょう?

私、普段熱燗だけ注文してゆっくり献立を考えるタイプなんですが、本日は煮物に惹かれ、さか本三品定食おかずだけをお願いしました。

写真を撮りながらカキフライにしておけばよかったと後悔する私…。




こちらはお酒をお願いするとお通しがついてきます。




市場の食堂でサラダと言ったらポテトサラダ。

しかも浦和の市場はやっちゃば(青果市場)。不味いわけありません。




熱燗を一口ポテトサラダを一口含んだころにはやってくるさか本三品定食のおかず。

本日の朝酒全容はこんな感じ。




生姜焼き。

優しい味付けでいいつまみなんですが、やっぱりご飯が欲しくなります。




煮物。厚揚げとちくわですね。

実はかとうさんを思い出し、煮物が食べたくなった訳なんですが…。昔を思い出しても切ないだけですね。




カレーコロッケ。

イメージよりカレーしてなくて美味しい。




丼物のおかずは”頭”、定食のおかずは”皿”。こんな言葉を使いこなせる日がくるんでしょうかね!?

今朝はいろんなことが頭を巡り、ゆっくり朝酒を嗜めました。

ご馳走様でした。



さんまの次は鮭が取れないって話題になりますね。


(目次)市場で朝ごはん


さか本

埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

もつ煮込み、冷奴@さか本

さか本三品定食@さか本

あこうだい焼魚@さか本

さんま丸干し定食@さか本

炒飯@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグと海鮮しゅうまい@さか本

さか本三品定食、冷し山菜うどん@さか本

さか本三品定食@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

目玉焼き定食@さか本

餃子と目玉焼き@さか本

ラーメン半ライス焼肉付@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグとメンチカツ定食@さか本

さか本三品定食@さか本

さか本三品定食@さか本

目玉焼き@さか本

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

きしめん@住よし14、15番線ホーム大阪方面(JR東海名古屋駅)
本日はJR名古屋駅14,15番線ホーム東京よりにある住よしさんにお邪魔しました。


名古屋駅にはホームの数より立ち食いきしめん屋があるのは周知!?の事実であり、新幹線のホームのきしめんが名古屋で一番旨いというのは定説!?である。


観光客であれば新幹線の待ち時間にササっと啜れ、名古屋名物が味わえるんだから、名古屋で一番旨い!というのは悪くないんだが、名古屋も11年住んで、麺類食堂を回ってたりすると…。

関東で言えば、手打ちそば屋と立ち食い蕎麦を比較して、立ち食い蕎麦が一番旨いと言っているようなものであって、物が違うので比較するものではないと気付きます。

是非ムロアジで取った出汁を溜り醤油で味付けした甘目の汁でしなやかな弾力を持ったきしめんを一度は味わってもらいたいと思う。

きしめんについてby愛知県めんるい組合


そんな訳で、麺類食堂のきしめんとホームの立ち食いきしめんは別物なのだが、私はどちらも好きだからこまってしまう。




本日は名鉄金山駅でJRに乗り換え、新幹線で帰郷するため、関所をいくつか通ってきている。


1軒目

生ビールセット、牛すじ、串カツ@かどや3・4番ホーム(名鉄金山駅ホーム)

2軒目

天つま@かきつばた1,2番ホーム(JR名古屋駅)


とりあえず久しぶりに住よしのきしめんを立ち飲みの〆としていただこうと伺いました。

相変わらず馬鹿なことをやっているものだ…。




メニューはたくさんありますが、私が頼むものは決まっております。




きしめん。

立ち食い蕎麦でかけと言えば具はネギぐらいのもんだが、ここはサービス過剰の愛知県。コーヒーを頼むとトーストに卵がデフォルトでついてくるお国柄。

きしめんと言えばネギに花かつお、油揚げまでのってきます。



この場所で、この速さで、この味を、この値段で食べられるんだからレベルは高いと思う。

ただ、名古屋で一番旨いきしめんと言われると…。


新幹線待ちの3分で食べられる名古屋名物。

最後の一口は新幹線の中で飲み下すような感じですよ。それがまたいいんですけどね。



住よし

JR名古屋駅 新幹線上りホーム

AM6:00~PM9:30(L.O.9:20)

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

天つま@かきつばた1,2番ホーム(JR名古屋駅)

さて名鉄金山駅のかどやさんで一杯やって、JRに乗り換え名古屋駅に着きました。

生ビールセット、牛すじ、串カツ@かどや3・4番ホーム(名鉄金山駅ホーム)




JR名古屋駅に着いたってことは、かきつばたさんの天つまを啜るってことになるわけです。




かきつばたさんは立ち食い蕎麦っていうか、立ち飲み屋さんの面持。

飲み物が充実しております。




あっつい日だったのでホッピーセットでお願いします。

中はコップで提供されます。


小銭を積んでおくのはキャッシュオンデリバリーの為。




グビっと喉を潤し、一息ついたところでおつまみを考えます。

つまみの充実したラインナップが素晴らしい。




さらにお勧めのメニューまでありますが…。




私が頼むのはもっぱらメニューにない天つま卵落とし。


メニューにないもので、お姉さんに「天つま作ってもらっていいですか?」っと丁重に伺います。

久しぶりだったので、出てくるころに「あっ!生卵落としてくれる?」っと追加注文をすると、「先に言ってくれたら温めたのにぃ~。」っと返してくれました。

こんなオペレーションがかきつばたの良いところなんですよね。


ゆっくり天つまで一杯やっていると、諸先輩方も私のオーダーを聞きつけ、カウンターは天つま祭りになってしまいました。


私の隣に立った紳士が、「天ぷらに汁かけて!」、「特製ですか?野菜ですか?」(かきつばたには特製かき揚げに野菜かき揚げがあるためお姉さんが気を遣ってくれました。)、「う~ん、そうじゃないんだよな。天ぷらに汁かけてくれればいいんだよ。今はないのかなぁ~。じゃあいいわ!」なんてやり取りがあり、つい天つまマニアの私は口を挟まずにいられず、「お姉さん!このお兄さんに天つま出してやって!」、「天つまって言うんだっけ!?年取るといろんなこと忘れちゃってね。」、「メニューにある訳じゃないですからね。どちらからいらっしゃったんですか?」

なんて話が進み、画像が少なくなった次第であります。



本来こちらは麺亭かきつばた。

〆の一杯も済ませたいところですが、新幹線の時間もあり、お姉さんにも紳士にもお礼を申し上げて、家路に着きました。

ごちそうさまでした。


訪問履歴

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

きしめん@かきつばた1,2番ホーム



かきつばた
052-581-1235
営業時間7:00~21:30 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ