愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場で炒飯@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

とりあえずメモ代わり。
現在(20170828月)。

3カ月仕事や私用で東京、埼玉、愛知を行ったり来たり…。

精神的にも肉体的にも負担が多くブログなんて書いてる暇がなかったなぁ~、っと思い返しております。

来年の今頃はどこで何をしているやら…。

忙しくても腹は減るし、生活はしていかなければならない。って訳で食事に買い出し。市場通いは続けておりました。

そんな訳で…。


本日(20170818金)は埼玉県さいたま市桜区桜田、浦和卸売市場にある一休さんにお邪魔しました。




出張前に家で飯でも食おうかな!?なんて思ったのが1時。

家から車で10分もかからない市場にやってきてしまいました。




流石に平日の13時の市場ってのは閑散としています。

帳面をつける方がちらほら、明日の仕込みをする方もちらほら。




確か一休さんは1時がラストオーダーだったよな!?っと飛び込みます。




「まだいける!?」、「大丈夫ですよ。」、「じゃ炒飯お願いします。」、「味噌汁でよかったよね。」っと着席し一息つく。




「今日はお仕事なんですか?土曜よくいらっしゃる方ですよね。」なんてお姉さんに言われると、照れながらも優越感を感じて嬉しくなってしまう下世話な私…。

まあ、覚えてもらうってことは嬉しいもんですよね。




サクッと出てくる炒飯。

味噌汁に漬物が二種類つけば、こんな贅沢は並のお大臣様じゃできませんよ!ってな思いが湧いてきます。




米の喉越しなんだろうか!?味付けなんだろうか!?具なんだろうか!?

私の好みど真ん中のストライク!!って感じの炒飯。

久しぶりなので感動も一入です。




かつおだしの味噌汁がまたうめぇ~なぁ~。

具は油揚げに豆腐にシメジ。


サクッと食べてご馳走様でした。

店に入ってから出るまでに20分とかかっておりません。



満足して市場を後にしますが、やっぱり市場は朝だよなぁ~っと思う昼飯でした。


(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:6:30~13:00(l.o)
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

炒飯@一休

納豆定食@一休

炒飯@一休

冷やし中華@一休

炒飯@一休

ニラ炒め@一休

ソース焼きそば@一休

ニラ炒め@一休

ニラ炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

炒飯@一休

ワンタンメン@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

市場で納豆定食@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

とりあえずメモ代わり。
現在(20170828月)。

3カ月仕事や私用で東京、埼玉、愛知を行ったり来たり…。

精神的にも肉体的にも負担が多くブログなんて書いてる暇がなかったなぁ~、っと思い返しております。

来年の今頃はどこで何をしているやら…。

忙しくても腹は減るし、生活はしていかなければならない。って訳で食事に買い出し。市場通いは続けておりました。

そんな訳で…。


本日(20170701土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、浦和卸売市場にある一休さんにお邪魔しました。




忙しい忙しいと毎週来ていたらしい市場。




この日はなぜか裏口の画像をパチリ。

恐らく場外の市場食堂を覗いたんでしょうね。

カキフライ、カレー@市場食堂




市場食堂さんは開店時間が遅いので一休さんに行ったんじゃないかと…。

なにせ2カ月前のうろ覚え…。

裏口から入っているので、いつもと違う位置から取った一休さん。




スポーツ新聞にセルフサービスの水。

暑かったようですね。




この日は以前からの懸案事項をお願いしております。



納豆定食500円。

どんぶり飯に納豆、生卵、海苔までついてますね。

味噌汁お新香がつけば豪華絢爛な朝のひと時が過ごせます。

だからなんだって訳じゃない朝食なんですが、市場で働く男たちの雰囲気をちょいと味わえるこんな食事が、観光客にとっちゃ何よりうれしい食事なんですよね。

納豆に生卵を入れてかき回しご飯にかけて、さらに味噌汁までぶっこんで、ザザッと掻き込むには、まだまだ修行が足りないようで、お上品にご飯を二つに分け、納豆で1開戦、卵で1開戦といただきまして、ご馳走様でした。


(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:6:30~13:00(l.o)
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

納豆定食@一休

チャーハン@一休

冷やし中華@一休

炒飯@一休

ニラ炒め@一休

ソース焼きそば@一休

ニラ炒め@一休

ニラ炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

もやし炒め、炒飯@一休

炒飯@一休

ワンタンメン@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でかけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本(埼玉県中央市場、埼玉県さいたま市桜区桜田)

とりあえずメモ代わり。
現在(20170827日)。

3カ月仕事や私用で東京、埼玉、愛知を行ったり来たり…。

精神的にも肉体的にも負担が多くブログなんて書いてる暇がなかったなぁ~、っと思い返しております。

来年の今頃はどこで何をしているやら…。

忙しくても腹は減るし、生活はしていかなければならない。って訳で食事に買い出し。市場通いは続けておりました。

そんな訳で…。


本日(20170819土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、埼玉県中央市場内にあるさか本さんにお邪魔しました。




さんまが初荷ですね。

何も考えず購入。

市場者としては、旬を先駆けていただかねばならない。と食の軍師風に言ってみる。





お買い物を済ませてから来たためいつもとは違うアングルの一枚。





埼玉県中央市場大食堂のさか本さんにお邪魔しました。




この日はプレートのついた帽子をかぶった親方衆の宴会に遭遇。

さか本さんは収容人数が多い店ということもあり、スポーツ新聞は種類も部数も多いんですが、すべて親方衆の手元にありました。

市場にしては深い時間、仕事あがりの親方衆の軽快な会話をBGMに、市場で市場関係者が日常食べる食事をいただく。

スポーツ新聞なんかいらない!なんて思いながらも手持無沙汰で雑誌を漁る私…。




珍しくグランドメニュー面に本日のおすすめがつけられていたので、メニューの裏面をパチリ。





本日のごはんはかけそば、ミニまぐろなかおち丼にしてみました。





お買い物のラインナップの中には進められたマグロの中落ちがあるというのに…。





こちらのマグロ中落ち丼にはわさびとたれがつきます。

「お醤油より甘いので、お好みでお使いください。」っとお姉さんが丁寧に案内してくれます。




家ではあんまりしないですが、こちらのお店ではお姉さんに従います。

どんぶり飯を朝からかっ込みます。

たまにマグロの鱗が発見されるので、かなりまっとうな一品だと思う。




汁の濃い色と白い刻み葱が食欲をそそる関東者。

ワカメはどうかと思ってしまう年齢です。

四半世紀前はきっとほうれん草だったんだろうな。おそらく味噌汁替わりなので天かすが入らないんだろうな。

こんな所にも常連の年齢層が表れます。




今日のお新香はきゅうり。

これがあるかないかで食事の満足感が変わるんですが、最近そんなことを言う人も少なくなったんですかね!?




食事に満足し、夕飯を楽しみに市場を後にします。

ご馳走様でした。



さか本

埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

もつ煮込み、冷奴@さか本

さか本三品定食@さか本

あこうだい焼魚@さか本

さんま丸干し定食@さか本

炒飯@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグと海鮮しゅうまい@さか本

さか本三品定食、冷し山菜うどん@さか本

さか本三品定食@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

目玉焼き定食@さか本

餃子と目玉焼き@さか本

ラーメン半ライス焼肉付@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグとメンチカツ定食@さか本

さか本三品定食@さか本

さか本三品定食@さか本

目玉焼き@さか本

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でもつ煮込み、冷奴@さか本(埼玉県さいたま市桜区桜田、埼玉県中央市場)

とりあえずメモ代わり。

現在(20170827日)。3カ月仕事や私用で東京、埼玉、愛知を行ったり来たり…。

精神的にも肉体的にも負担が多くブログなんて書いてる暇がなかったなぁ~、っと思い返しております。

来年の今頃はどこで何をしているやら…。

忙しくても腹は減るし、生活はしていかなければならない。って訳で食事に買い出し。市場通いは続けておりました。

そんな訳で…。


本日(20170617土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、埼玉県中央市場内にあるさか本さんにお邪魔しました。




デジャブのような日常。

いつもの市場に。




いつもの店。




もっとも今日は入り口を変えてみた。

さか本さんはオオバコなので入り口が二つあります。




定位置に座り。




日替わりメニューを眺める。




スポーツ新聞に灰皿は働く男のマストアイテムである。




何も考えず、日替わりの中からもつ煮と冷奴定食のご飯味噌汁抜きをお願いして熱燗を啜る。




特筆することは何もなく。




何も考えず、座れば出てきて、腹を満たし仕事に戻る。



常連にならないとわからないお店の味もある訳です。


とりあえずメモ代わりに…。



(目次)市場で朝ごはん

さか本

埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

もつ煮込み、冷奴@さか本

さか本三品定食@さか本

あこうだい焼魚@さか本

さんま丸干し定食@さか本

炒飯@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグと海鮮しゅうまい@さか本

さか本三品定食、冷し山菜うどん@さか本

さか本三品定食@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

目玉焼き定食@さか本

餃子と目玉焼き@さか本

ラーメン半ライス焼肉付@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグとメンチカツ定食@さか本

さか本三品定食@さか本

さか本三品定食@さか本

目玉焼き@さか本

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でカツ煮、シラスおろし@さか本(埼玉県中央市場、埼玉県さいたま市桜区桜田)

とりあえずメモ代わり。

現在(20170827日)。3カ月仕事や私用で東京、埼玉、愛知を行ったり来たり…。

精神的にも肉体的にも負担が多くブログなんて書いてる暇がなかったなぁ~、っと思い返しております。

来年の今頃はどこで何をしているやら…。

忙しくても腹は減るし、生活はしていかなければならない。って訳で食事に買い出し。市場通いは続けておりました。

そんな訳で…。


本日(20170610土)は埼玉県さいたま市桜区桜田、埼玉県中央市場内にあるさか本さんにお邪魔しました。




既に3カ月前なのでうろ覚えですが、何を食べたか覚えておくために…。




この日も幸せの階段を登ることを選択した模様。




スポーツ新聞、灰皿。そしてこちらはお冷におしぼりが出てきます。




本日のお勧めにピンとこなかった場合はグランドメニューから選択します。

こちらはあまりおつまみメニューがあるわけではないんですが、なにせ市場の食堂。我儘は変幻自在でいくらでも聞いてくれます。




この日はカツ煮にシラスおろしを選択した模様。




やっちゃ場のシラスおろしがまずい訳ないですね。




結構な勢いで醤油をかけていただきます。




そしてカツ煮。




こちらもお化粧を施していただいております。

イメージほどキツくない味付けはいいつまみになりました。



ちょっとだけでも口休めのお新香があるってのも嬉しい。


メモなのでこんなものでキーボードをたたくのをやめておく…。




(目次)市場で朝ごはん

さか本

埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

訪問履歴

さか本三品定食@さか本

目玉焼き@さか本

さか本三品定食@さか本

もつ煮込み、冷奴@さか本

さか本三品定食@さか本

あこうだい焼魚@さか本

さんま丸干し定食@さか本

炒飯@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグと海鮮しゅうまい@さか本

さか本三品定食、冷し山菜うどん@さか本

さか本三品定食@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

目玉焼き定食@さか本

餃子と目玉焼き@さか本

ラーメン半ライス焼肉付@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

かけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本

ハムエッグとメンチカツ定食@さか本

さか本三品定食@さか本

さか本三品定食@さか本

目玉焼き@さか本

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で平目刺し、鯵の南蛮漬け、ピーマン炒め、ダツイモ、茹でイカ@魚源食堂(愛知県名古屋市中村区名駅、柳橋中央市場)

本日(20170812土)は名古屋市中村区名駅、名古屋綜合市場ビルにある食堂魚源さんにお邪魔しました。




二週連続でお邪魔するのはいつ以来だろう!?

実は先週

「来週(2017.8.12土)も来ますと伝えると、祝日お盆に挟まれた土曜日なんでどうしようか迷ってるんですよ。なんてお姉さんに言われてしまう。うええぇ~!っと大騒ぎしていると、ご主人が出てきてたぶん大丈夫だよ!とのお答え。」

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-2657.html

なんて会話があったもので心配していたんですが、ご主人のいう通り、心配なかったようです。


ちなみに前日は第二回目の国民の祝日山の日。うちの娘の1歳の誕生日。両家集まって一生餅のお祝いをしたため、埼玉の両親を愛知に連れてきているのです。


それでも先週の約束があるため、一家総出で市場に来ましたが、親父は挫折し車の中で待機。私とお袋だけで市場めぐりをします。

お土産のマグロにカニにイカなどを購入するのだが、段ボール箱入り娘のお袋は見るものすべてが新しく、威勢の良さに気圧され、年甲斐もなく興奮しておりました。




興奮冷めやらぬお袋を連れ魚源さんへ。

ちょうど出てきたお姉さんにお袋を紹介し、カウンターを覗きます。

「今日はあんまりおかずないんですけど。」っと言われましたが、そんな心配はない模様。

せっかくだから愛知県らしいものをと思ったんですが、先週頂いた十六ささげはなかったですね。残念。




4人掛けテーブルにお袋と並ぶ…。

平静を装うためにスポーツ新聞などをチラ見し、お刺身を訪ねる。




本日の朝ご飯はこんな感じになりました。




平目。

また写真がないんですが、溜り醤油は生まれも育ちも埼玉県のお袋は「これはお醤油?」っとびっくりしておりました。




味の南蛮漬け。

私のチョイスにはないお袋の選択。

これも旨いですね。夏にはぴったりの”おかず”です。




魚源といったらピーマンの炒め物。

「あなたは小さいころからピーマンが好きだったわね。」というお袋のセリフに我を顧みたりします。




そして愛知県と言ったらダツイモ。

お袋も家で試してみると言うくらい気に入ってくれた模様。




名古屋と言ったらやっぱりマヨネーズ。




そして市場と言ったら朝ごはん…。

「ご飯と味噌汁ください。」っと声をかけたら、「えぇ~、飲まないの!?」っとご主人に言われてしまった。私としても「えぇ~!?飲まないんですぅ~。」って感じなのだが、これから老夫婦と嫁と子供二人連れて埼玉に帰る身としては…、人間にはガソリン入れられないんです…。




ご飯はご飯で美味しいんですが、一味足りないと思ってしまう飲兵衛さんの私…。



「また来ます。」っと伝え帰ろうとすると、「次回来る時はちょっと開店が遅くなるから気を付けてください。」っと言われてしまう。

築地も朝早くからやる店が少なくなったように、柳橋もザ・市場の朝ご飯ってお店が少なくなりましたね。

店を支える常連にはとってもなれない観光客が勝手に地方市場の心配したってしょうが無いんですがね…。

どうなっていくんでしょうね。もう少しこの味を味わいたいのは間違いないないんですが…。

「またよろしくお願いします。」っとお袋と柳橋を後にします。



(目次)柳橋中央市場


(目次)市場で朝ごはん


食堂魚源

名古屋市中村区名駅四丁目15番15号 名古屋綜合市場ビル内

http://sougou-shijou.co.jp/

052-541-5415

7:00頃~10:00(201709より)

営業日:名古屋総合市場に準ずる。

12月31日は休業


訪問履歴

平目刺し、鯵の南蛮漬け、ピーマン炒め、ダツイモ、茹でイカ@魚源食堂

鰹刺し、ダツイモ、鰯煮、一六ささげ@魚原食堂

サラダ、ウインナー、刺盛、玉ねぎの天ぷら、鯖塩焼き@魚原食堂

メバル煮付け、ハンペイ煮物、フキ煮物@魚原食堂

トン焼き、しらたき、ナス@魚原食堂

サバの塩焼き、ピーマン、塩辛@魚源食堂

甘エビ、揚げだし豆腐@魚源食堂

イワシの塩焼き、ダツイモ@魚源食堂

鰹刺し、ピーマン炒め@魚源食堂

鰹刺、イカゲソ、きゅうり@食堂魚源

青柳@魚源食堂

朝酒@食堂魚源

カワハギ煮付け@魚源食堂

ホタルイカ@魚源食堂

煮穴子2@魚源食堂

ブリの塩焼き@魚源食堂

さし盛@魚源食堂

キンキ@魚源食堂

揚げ出し豆腐@魚源食堂

ソーセージ@魚源食堂

戻り鰹@魚源食堂

塩辛@魚源食堂

角麩@魚源食堂

一味鯛@魚源食堂

ポテトサラダ@魚源食堂

アカシャエビの天ぷら@魚源食堂

ハモの湯引き&イサキ刺し@魚源食堂

茹でイカ@魚源食堂

焼きナス@魚源食堂

アカイカ@魚源食堂

煮穴子@魚源食堂

シャコ@魚源食堂

ダツイモ@魚源食堂

赤魚煮付け@魚源食堂

鰯&鮪@食堂魚源

鳥貝@魚源食堂

石カレイ@魚源食

カツオ@食堂魚源

カレイ@食堂魚源

牡蠣フライ@魚源食堂

茶碗蒸し@魚源食堂

〆サバ@魚源食堂

汐っ子(しおっこ)@魚源食堂

鰆@魚源食堂

ひらめ@魚源食堂

刺盛@魚源食堂

甘海老@魚源食堂

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で和風スパゲッティー、オレンジジュース@フォーシーズン(築地場外市場、東京都中央区築地)

本日(20170810木)は東京都中央区築地、築地場外市場にあるフォーシーズンさんにお邪魔しました。




愛養さんで気持ちを落ち着け、場外へ出ます。

波除神社に近況報告をしがてら参拝いたします。




もんぜき通りに確かめたいことが二つ。




佃權さんの廃業。

ここ数年我が家の練り物と言えば佃權だったので、廃業ではなく、店売りの中止か休止であってほしいと思っていたんですが…。




廃業らしいですね。

佃權HP


築地の老舗「佃權」、練り物製造から撤退へ 作り手不足
朝日新聞デジタル


本当に残念なことですが、お疲れ様でしたとしか言いようがありません。




そして8月3日のお騒々しいことで…。

keep out になっておりました。




ぷらっと築地に戻って、小遣い銭程度ですが義援金を。

すでに営業を再開されている店舗もあるそうです。

詳細は春は築地で朝ごはんのつきじろうさんにお任せします。
伊藤ウロコ@グッドデザイン有楽町イベント、ほか




ふらふらしていたのでお腹が減った!?

4SEASONさんに向かいます。

築地に頻繁に来れなくなると、自分の好みの店が分かります。




12時前だったせいか、TJ効果も薄れたせいか、並びもなく店内へ。

着席し、灰皿とスポーツ新聞を手に取るころには相席をお願いされました。

今日は運がいいらしい。




オレンジジュース。

茶菓子がついてくるってのは老舗喫茶店の証。




すぱあげっティーについてくるサラダ。

酸味がマイルドで美味しい。



そして和風スパゲッティ―軽め。

やっぱり唯一無二の味。これを食べるために築地に来るのも悪くないと思ってしまいます。

築地を満喫いたしました。ご馳走様でした。


帰り際マスターに「量は足りた!?最初に声をかけてもらってよかったよ。」なんて言われる。

市場の喫茶店ですからそれなりにボリューミーです。胃袋に自信がない方は必ず注文時に量を確認しましょう。


訪問履歴

和風スパゲッティー、オレンジジュース@フォーシーズン

ミート&ナポリタンハーフ、和風スパゲッティー、クリームソーダ@フォーシーズン

コーヒー@フォーシーズン

ナポリタン、オレンジスカッシュ@フォーシーズン


(目次)築地市場


(目次)市場で朝ごはん


フォーシーズン

03-3545-9494

東京都中央区築地4-14-18 2F

営業:

定休:日、祝

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でトースト(耳二つ落とし、シュガージャムハーフ)、アイスミルクコーヒー@愛養(築地場内市場、東京都中央区築地)

本日(2017.08.10木)は東京都中央区築地、築地場内市場魚河岸横丁6号館にある愛養さんにお邪魔しました。




高はしさんで日本人に生まれたことを感謝し、興奮を冷ますために、築地のオアシス愛養さんにお邪魔することにします。


お久しぶりの挨拶を済ませ上座を陣取ります。


半年ぶりの四方山話。過去に未来に話は尽きません。




マーブル模様を写そうとスマホを構えてアイスミルクコーヒーを待ちます。

「あれっ!?グラスが変わりましたね!」っと言うと「半年経つといろいろ変わりますよ。」なんて返され、場内・場外・政治の変化に話が変わります。




本日のデザートはこんな感じ。

「ハーフの耳二つ落とし、半分白いシュガーで!」っと半年ぶりの注文も、ややこしいのをお願いしてしまう私…。




っが!?

こちら愛養さんでハーフと言えばバターとジャムなんだから当たり前なんですが、ジャムとシュガーのハーフが提供されます。




そして私こちらのお店で教えていただいたパンの上の耳にこだわりがあったのですが…。

本日は上の耳と下の耳が落とされてしまったようです。デフォルトの耳二つ落としは上下を落とすんですよね。

以前ちょこちょこ顔を出していた時、「こんなトーストは初めて作ったよ!」と言われたのは本当のことだったらしいです。


ちなみに私の愛養一押しトーストはこちら。

市場でトースト(耳二つ落とし、シュガーバターハーフ)、マッチ@愛養(築地場内市場)


もともと私こちらに伺うのは、多くて週1くらいのペースだったので、自分なりのカスタマイズなんて必要なかったのですが、こちらのトーストの変幻自在さ、嫌な顔一つせず楽しむように訳の分からない注文を聞いてくれるマスターに、つい我儘を言い続けてしまったんですよね。

黙って座ればぴたりと当たる!みたいに、黙って座れば好みのメニューが出てくる常連さんにはなれないですが、店のブレが楽しめるくらいは通いたいなぁ、なんて考えながらいただきました。




半年も経つと季節も変わり、上りのお茶が麦茶になっていました。

ご馳走様でした。




由緒正しき灰皿は変わってなかったのが嬉しい私。

もっとも今時こんな灰皿を使う人も少ないんでしょうけど…。

「また来ます!」っと自分に言い聞かせるように挨拶をしてお店を出ます。



人が変われば時代も変わる。客のほしいものを売る市場は変化が激しいのは当たり前なんですが…。

もう少しこんな雰囲気を味わっていたいなぁ~。なんて半年ぶりに訪問した観光客が勝手なことを言ってみる…。


(目次)築地市場


(目次)市場で朝ごはん


珈琲店愛養

03-3541-2140

東京都中央区築地5-2-1(築地市場6号館)

営業時間:03:30~12:30

休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる


訪問履歴

トースト(耳二つ落とし、シュガージャムハーフ)、アイスミルクコーヒー@愛養

トースト(耳二つ落とし、シュガーバターハーフ)、マッチ@愛養

トースト(耳二つ落とし、シュガーバターハーフ)@愛養

トースト(耳一つ落とし、シュガーバターハーフ)@愛養

トースト(耳二つ落とし、シュガージャムハーフ)@愛養

トースト(シュガーサンド)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(耳二つ落としハーフ)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(耳二つ落としハーフ)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(耳なし付け合わせ斜め切り)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(耳二つ落とし、ジャム真ん中にちょい乗せ)@愛養

トースト(耳二つ落としハーフ)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(ハーフ)、ミルクコーヒー@愛養

オープンサンド(トースト耳なし八つ切り、ゆで卵)、ミルクコーヒー@愛養

トースト (耳なしダブルバター)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(耳二つ落としハーフ)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(耳二つ落としジャムちょい乗せ)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(耳二つ落とし)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(耳三つ落とし)、ミルクコーヒー@愛養

コーヒー@愛養

トースト(ハーフ耳なし)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(ハーフ耳二つ落とし)、ミルクコーヒー、ゆで卵@愛養

トースト(ハーフ)、アイスミルクコーヒー@愛養

トースト(よく焼きハーフ)、アイスミルクコーヒー@愛養

トースト(標準)、アイスミルクコーヒー@愛養

トースト(大岩バージョンpart.2)、ミルクコーヒー@愛養

ゆで卵、アイスミルクコーヒー@愛養

トースト (大岩バージョン)、アイスミルクセーキ、アイスミルクコーヒー@愛養

トースト (岡田バージョン)、アイスミルクコーヒー@愛養

トースト(いつものバージョン)、アイスミルクコーヒー@愛養

トースト(いつもと違うバージョン)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(一力バージョン)、ミルクコーヒー@愛養

トースト(大岩バージョン)、ミルクコーヒー@愛養

トースト、ミルクコーヒー@愛養

トースト、ミルクコーヒー@愛養

ミルクコーヒー@愛養

ミルクコーヒー@愛養

ミルクコーヒー@愛養

トースト、ミルクコーヒー@愛養

ミルクコーヒー@愛養

茹で卵、トースト、ミルクコーヒー@愛養

ミルクコーヒー@愛養

アイスミルクコーヒー@愛養

コーヒー@愛養
ミルクコーヒー@愛養

ミルクコーヒー@愛養

アイスミルクコーヒー@愛養

アイスミルクコーヒー@愛養

アイスミルクコーヒー@愛養

アイスミルクコーヒー@愛養

アイスコーヒー@愛養

ミルクコーヒー@愛養

ゆで卵@愛養

ミルクコーヒー@愛養

珈琲@愛養

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場できんき煮付、小鉢、胡瓜味噌漬@高はし(築地市場場内、東京都中央区築地)

本日(2017.8.10木)は東京都中央区築地、築地場内市場魚河岸横丁8号館にある高はしさんにお邪魔しました。




天房さんで喉を潤し、もう一度高はしさんの前へ。

平日の9時。平和な8号館前なんですが、やはり高はしさんの前には並びがありました。




並ばずに入るなんて夢は諦め、ゆっくり本日のメニュー構成をすることにします。

20分ほど待つと、お姉さんから声がかかり、一番奥の席をいただきます。

厨房が一望できる一等席ですね。




高はしさんは煮物、焼き物はオーダーが入ってから調理し始めるので15分~20分待つことになります。

もっとも朝酒に来ている私はこの待ち時間が嬉しかったりするんですが…。




相変わらず旨い切干大根。里芋は旬にまた食べに来よう。

野菜煮盛合わせをお願いしたいところなんですが、野菜煮以外を頼まなくなる恐れがあるので小鉢だけお願いする。




胡瓜味噌漬。

味噌できゅうりの青臭さを抜いているって感じの味噌漬けですね。




熱燗をもう一本頼もうかしらん!?ってタイミングできんき煮付が登場。

写真を撮る時間ももどかしく一箸口に運ぶと「これなんだよなぁ~。」っと改めて始発に乗る、並ぶ価値のある築地の魅力を感じます。




よく味合わないと勿体ないと思いながらも、あっという間に骨と煮汁だけになってしまいます。

骨と皮にするとよく言いますが、魚は皮がうまいんですよねぇ~。




ご飯のちっちゃいのをお願いして。



fc2blog_20170814210902612.jpg

煮汁をかけまわして、漬物でご飯を頂きます。

お行儀の悪い。貧乏臭い。っとは知っているんですが…。

日本人に生まれて良かったぁ~。なんて思ったりする。




茶椀が空になったタイミングでお茶が提供されます。

こんな心遣いがまた嬉しい。

お腹も心もいっぱいになります。



築地界隈で和定食が食べられる店はほとんどなくなってしまった今。

こちら高はしさんはホントにホントの貴重なお店ですね。


(目次)築地市場


(目次)市場で朝ごはん


訪問履歴

きんき煮付、小鉢、胡瓜味噌漬@高はし

赤目春煮付、刺身盛合、小鉢、胡瓜かつお節醤油あえ@高はし

穴子煮こごり、小鉢、キンキ煮つけ、胡瓜味噌漬け@高はし

あなごの煮凝り、鰯塩焼@高はし

刺し盛り&赤メバルの煮付け@高はし


高はし
03-3541-1189
東京都中央区築地5-2-1 築地市場 8号館
8:00~13:00
定休日:日曜・祝日(築地市場に準ずる)

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でメゴチ、稚アユ天、きゅうりのぬかづけ@天房(築地場内市場、東京都中央区築地)

本日(20170810木)は東京都中央区築地、築地場内市場6号館にある天房さんにお邪魔しました。




朝の9時に正門を抜けるってことも初めてな気がしますが…。

半年ぶりの築地訪問。平日ならこんなもんでしょ!って感じで正門をくぐります。

お買い物は10時からですよ!って看板を見ながら場内に入ります。


1号館前は平和な感じ。

新豊ちゃんは「勢」って屋号のお寿司屋さんになってますね。




寿司大ラインはかなり短め。参戦しようか迷うところであるが、本日は決め打ち。

高はしさんを目掛け小走りします。っが、平和な6号館前に並びあり…。高はしさんの前には5,6人並んでおりました。

並ぼうかな!?ってちょいと考え…。




天房さんの暖簾をくぐります…。




半年たっても変わらないグランドメニューを確認し。




本日の天丼をじっくり眺めます。




トゥデイズスペシャルを確認し。




以前は短冊が下げてあったフックや黒板を切なく眺めます。


過去画像

http://blog-imgs-87.fc2.com/h/a/l/hal9000se/blog_import_56a1d3ca54cd8.jpeg

http://blog-imgs-87.fc2.com/h/a/l/hal9000se/blog_import_56a1d3c8b28e0.jpeg





暖簾を上げる右手を下し、スポーツ新聞を拾い、客を確認するとお茶を入れて出そうとするお姉さんを制止し「とりあえずビールと胡瓜お願いします!」っと叫びます。


これだけですでにごきげんさんな私。


銀宝の有無、時期の確認をし、本日の天丼の天種からてんぷらをお願いします。




本日のメインディッシュ。



メゴチ天。

これは旨い!歯ざわり、味ともに好きだ。

もともと好きでおいしいものですが、観光客の私にとっては+αの美味しさがあります。
明日は築地だ♪何を食べようかな!?なんてネット検索していると、つきじろうさんの「春は築地で朝ごはん」の最新エントリーの「伊藤ウロコ@グッドデザイン有楽町イベント、ほか」で「夏には稚アユ!ってのもいいけど、江戸前らしい味わいを楽しめるキスやギンポと共に、このメゴチもぜひ食べておきたいもの♪」なんて紹介されていたのを知っていれば、旨いものが余計に旨く感じます。


嗚呼うめぃ。



稚アユ。

はらわたの苦さが肝ですよね。

ビールで流し込み夏を感じます。




メゴチの枕はニガウリ天。

こちらも盛夏の味わい。

ゴーヤの種を食べたのは初めてかな!?


メゴチをもう一皿頼もうか悩んでいるうちにビールも空になり、食事というより喉を潤した感じで1件目終了。

ごちそうさまでした。




ほんとにホントに名残惜しくお店を後にします。



訪問履歴

メゴチ、稚アユ天、きゅうりのぬかづけ@天房

ホタテ、キス天、きゅうりの糠漬け@天房

天ぷら盛り合わせ、銀宝天、マグロブツ、きゅうりの糠漬け@天房

メヒカリ天、キス天、キュウリのぬか漬け@天房

まぐろブツ、きゅうりぬかづけ、キス天@天房

きゅうりぬかずけ、まぐろブツ、天ぷら盛り@天房

まぐろブツ、きゅうりぬかづけ、天ぷら盛り@天房

まぐろブツ、稚鮎、芝エビ、ヤリイカ天@天房

銀宝、キス、稚鮎天@天房

銀宝天@天房

天丼@天房


(目次)築地市場

(目次)市場で朝ごはん


天ぷら和食 天房
03-3547-6766
東京都中央区築地5-2-1 (6号館)
営業時間:07:00~14:00
休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ