愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。