愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市場でさんま干物定食@さか本(埼玉県中央市場、埼玉県さいたま市桜区桜田)

本日(20160924土)は埼玉県中央市場にある、さか本さんにお邪魔しました。


とりあえず眠い…。

市場に行く元気もないんですが、やはり食事はしなければならないと買い出しに向かいます。




雨の日の埼玉県中央市場。

なぜか雨の日の方が盛り上がっている気がするのは私だけでしょうか!?




買い出しを済ませお食事に。

一休さんと悩んだんですが、スポーツ新聞の種類の多いさか本さんへ。

灰皿にスポーツ新聞2種類。

探せば3種類あるんですが、これだけでご機嫌な私。




本日のお勧めを見ると悩ましいメニューが並んでおります。

この時期はやっぱりさんまかな!?ビーフカレーに目玉焼きのせってのも惹かれるし、寝不足のつかれた体にはタンメンってのもいいですな。




短冊を見るとまだ夏メニューがあります。

これもいつまで食べられるもんじゃないので…、悩んでしまいますね。


悩んで悩んで悩んだ結果。さんま定食をお願いしました。




っで、出てきたのがこんな感じ。

ご飯のボリューム、千切りキャベツの量。こちらの定食には必ずドレッシングがつくんですが、初めて使用しました。

美味しい味噌汁にお新香。さらに煮豆までついた立派な定食なんですが…、メインのサンマが細いですね。

まあ築地とは値段も違うのでしょうがないかな!?なんて思っていたら…。




さんまは丸干しなんですね。

この時期に市場でさんまを頼んで丸干しってのは…、観光客の私には想像もつかなかった悲しみ…。

しかも右頭…。

う~ん、なんか不祝儀でもあったんですかね。


塩加減、焼き加減申し分なく、美味しかったんですが…。

素人の私は…、”生さんまあります”の注意書きの意味が分かりませんでした…。


ご馳走様でした。次回は注意いたします。



雨が上がり曇り空を見ながら、曇り空の心持で市場を後にします。














(目次)市場で朝ごはん


さか本

埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

肉すい@吉野家

久しぶりの天ぬき、天つま、天吸い紀行である。


吉呑みって言葉を聞いた時は速やかに行った。

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-1430.html

正直イマイチって言葉が一番合うと思った。

やっぱり牛丼家のチョイ飲みは牛皿にお新香が正当なものだと感じたのだ。


私の偏見で言えば、牛丼屋の良さの一つはメニューが少ないってのがある。

そばかうどんってのだけ決めて店に入り、なんか乗っけるかな!?程度の選択しかなく、血糖値の下がった時の脳髄にとても優しい立ち食いそばに代わるものなのだ。

麺類じゃなくてご飯ものが良いなって時に入り、腹具合を考えて大盛り、栄養つけようかなって時は卵、ちょいと豪勢にってお新香つけるくらいしか選択肢がなかったのが魅力だった訳で…。

バブル花盛りのころは24時間戦えますか!?っと言われ、朝の4時に〆の一杯、もしくは朝食に牛丼一杯、牛皿で一杯、「他につまみはねーのか!」っと店員に絡み、「お酒はおひとり様三本までです。」と追い出される愛しの牛丼屋。

未だにカレーを売りにする牛丼屋さんは苦手なタイプの私の戯言です…。




それでも

こんな記事や

http://blog.livedoor.jp/tsukijigo/archives/47885096.html#more

こんな記事や

http://blog.livedoor.jp/hatatomi-nominomi/archives/5978357.html

こんな記事

http://blog.livedoor.jp/hatatomi-nominomi/archives/5978357.html

を読んでしまうとリベンジしたくなるってもんです。


ポケモン探しにつかれ、ちょいと目をスマホから放すと、赤ちょうちんの下がった牛丼屋さんがありました。




確かにメニューも増えているようですね。

私としては嬉しいんだか、悲しいんだか…。




ドリンクメニューも充実した様子。




とりあえずここでしか飲めない”ベニショー割り”に”限定煮卵”。

ベニショー割りは物足りない感じですね。

バイス(梅酢)のインスパイア系なんでしょうが、名前に偽りなしの代物でして、ちょいと甘みをつけたり、辛みを付け加えたほうがおいしい気がしますね。

狙ってる線はいい線なんですが、ホントの飲んべいさんが考えた感じじゃないんですよね…。


煮卵を限定にする意味は分かりませんが、これは美味しい。牛肉の脂がいい具合に合いますね。

紅生姜割りより紅生姜を付け合わせに食べる方が美味しいかもしれませんね。牛丼+一品にしてもいい気がしますね。




そして牛吸い。

一味がついてきましたね。

お酒も追加したんですが…、熱燗がない…。

牛すいに冷や酒は野暮ざんすよ!って思いながらも日本酒をお願いしてしまう私。

やっぱり企画に飲んべさんが関わっていない気がするのは私だけでしょうか!?




牛吸い自体は美味しいんですけどね。

サッと煮た感じの牛肉は、牛丼の肉とは異なった趣き。

ちょいと歯ごたえがあるのがおつまみに向いています。


そしてスープのおいしさ。スープが旨けりゃ豆腐も旨い!

これが350円なんだから、日本はいい国だ!


これで熱燗さえあれば…。



ちなみに牛すいと共に出された一味とデフォルトの七味。

吉野家の七味は牛丼に一番合うようにブレンドされた七味という話。

普段比較のしようがないので気にしたこともなかったのだが、牛すいにかけてみると確かに違う。

牛丼には合うのだが、肉すいには合わない。

一味が出てきた意味がよく理解できました。


飲んべさんが集まる牛丼屋ってのもどうかと思うが、𠮷飲みを唄うのであればもうちょっと飲んべさんのことを考えてもいいんじゃないかしらんと思う私…。

もっとも飲んでない時には意見が変わる酔っぱらいの戯言なんですがね。


吉呑み

https://www.yoshinoya.com/service/yoshinomi/













ちなみに昔は吉野家の七味と紅ショウガは売っていないって言ってましたが、今は購入できるようですね。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

市場で炒飯@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20160910土)は浦和卸売市場にある、一休さんにお邪魔しました。


ブログを一週間更新しなかったのはいつぶりだろう!?

その時は海外逃亡でネット環境がなかったからだったが、今回は…、眠いんです…。

まあ子供が育つなんてあっという間なので、寝不足生活も楽しんでおかないとと思う次第であります。




新鮮怒涛市場!!すごい名前がついているんですね。

こんなことを気づけるのも今の生活を送っているからですね…。

楽しみましょう。




本日休日出勤の為、買い出しはせず一休さんに走ります。




安定のスポーツ新聞に灰皿。

これだけで癒されるんだから安いもんです。

コンビニで揃う幸せって何よ!?って感じはなくはないんですが…、幸せです。




何も考えず頼んでしまう炒飯。

こちらではチャーハンの汁物はスープか味噌汁か選べるんですが…。

「味噌汁にしますか?スープにしますか?」、「味噌汁で!」、「スープですね。」、「いや、味噌汁でお願いします。」なんてやり取りをまたいたします。

滑舌教室に出も通おうかしらん!?

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-2510.html

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-2509.html




安定のおいしさ。

昔々、あいつは「チャーハン旨い、チャーハン旨い!」ばっかり言ってるな!ってバカにされてた方がいましたが、現在の私がそんな感じ。

しっとりとしたチャーハンって美味しい。

やっぱり日本のコメはしっとりしていたほうがおいしいですね。

タイ米のチャーハンならパラパラでもいいとは思いますが、その時はスープと絡めたいですね。

スープ炒飯や餡かけチャーハンがあるってことは、日本人ってのはちょいと水分を含んだコメを美味しいって思うんですよね、きっと!




そして米と言ったら漬物!



さらに味噌汁!


米、漬物、味噌汁さえあれば幸せ!


今日も美味しくいただきました。

ご馳走様でした。




(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

炒飯@一休

ワンタンメン@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休


テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

東照宮第一売店@東京都台東区上野公園

本日は東京都台東区上野公園にある東照宮第一売店にお邪魔しました。


本日は赤ちゃん返りしているお姉ちゃんと義理の母を連れて上野公園へ。

義理の母を美術館に送り出し、私は上の娘と一緒に上野動物園へ。

 



っと思ったんですが、動物園の入り口を左にパスする娘。

東照宮に参拝かな!?っと思ったら、お茶屋さんにかけていく娘。

家の教育は間違っていないらしい…。




店内こんな感じ。

テーブルに小上りもあります。




とりあえず乾杯。

ちなみに喫茶のみだと売店の前の椅子に通されます。




残暑厳しい中なのでかき氷にそそられるのですが、ビールのつまみにはなりませんね。




メニューを見ながら、「なんかつまみになるものはないかね?」っと伺うと、「おでんか焼き鳥かな。枝豆もあるよ!」っと答えてもらったのですが、「ラーメンお願いします。麺を半分にできますか?」っと素っ頓狂な注文をしてしまう私。流石に”ラーメンの抜き”はお願いできませんでした。

素っ頓狂な注文にも笑顔でできますよ!っと答えてくれたお姉さんに感謝。




ラーメン(麺半分)。

シナチクどっさり、海苔にナルトチャーシュー。抜きではないですが、いいつまみになりますね。

こんな酔狂なことをやってみると、蕎麦の抜きは種で飲むんじゃなくて出汁で飲むんだなぁっとよくわかります。

ラーメンスープじゃつまみになりませんね。

麺はほぼ娘が平らげてご馳走様でした。



ネットで調べるとこちらはカレーが有名。

カレーソーメンってので一杯やってもよかったですね。

ちなみに私は料理自慢の男性が「俺のカレーを食ってみろ!」っと言うとご辞退することが多いですね…。












正直、カレーと生姜焼きってのは誰が作っても…。

昔はホテルのカレーって美味しいって思ってたんですけど、ただの缶詰カレーが旨いって言うだけだったんですよね。

今はカレールーも美味しいし…。

まあ魔法のソースは誰が作ってもって感じですよね。

今んとこ頭一つ抜いているカレーソースは瓶詰かな!?あんま流行らないですけどね…。



東照宮第一売店
03-3823-3879
台東区上野公園9-86
定休:
営業:

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でワンタンメン@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20160903土)は浦和卸売市場にある、一休さんにお邪魔しました。


乳幼児を抱えるパパはなかなか時間が取れず、築地にいらっしゃるみなさんのことを思いながら、とりあえず買い出しって名目で市場に向かいました。




台風接近中って話もなんのその!晴天の浦和卸売市場。

築地の青空を見たかったなぁ~、なんてまだ考えております。




お買い物を済ませて向かうはこちらの通り。




結構立派な看板があったって初めて気が付きました。




築地を思い浮かべながら見るメニュー。

目に入ってくるものは一つ!




注文を済ませ、テーブルの上にある大量の基本調味料と灰皿にスポーツ新聞に心を落ち着かせていただこうと思っているのに…、稀勢の里ぉ~!!!



注文したのはワンタンメン。

いつもながらですが、こちらの後追い!?パクリ!?な訳です。



l

ワンタンはちょっとひき肉が入っており、ゴマ油がちょいと薫ります。

ラーメンとはやはり趣きが変わりますね。

美味しいんだと思います…。


実は私、うどん定食や焼きそば定食をかなり否定的に取り扱うタイプでありまして…。

ワンタン麺を食べたのは人生で何度目だろう!?ってくらいの人間であります。

どうも炭水化物+炭水化物ってのは、餅をおかずにご飯を食うような、不思議な心持になってしまうんですよね。

主食+おかず、贅沢言えば汁物があって初めてまともな食事と考えてしまい、食事は三角食べが基本でおかず→ごはん→漬物or汁物のトライアングルを順序良く回るってのがマナーと小学生の頃に教わっているので、主食→主食→主食の無限ループってのが耐えられないんですよね。

今回もまずワンタンを前菜とみなし、ある程度かたずけてから麺に取り掛かるって感じでいただきました。

三つ子の魂100までって言葉を思い出します…。




なんとなく納得いかない幕切れとなった今日の朝ご飯でした…。

ご馳走様でした。














やはり私の中ではワンタンはスープ扱い。ちょいと小ぶりなものがいいですね。

うどん定食もうどんが汁物としてちょいと小ぶりなものがいい感じです。

焼きそば定食は…。

一番殺意を抱いたのはインデアンスパ定食。カレーをかけたスパゲッティーをおかずにご飯が食える奴がいたら目の前に連れてこい!!って本気で怒鳴りあげそうになりました。


(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

ワンタン麺@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。